今日の相場 H25.2.28(減速期:減速度低下)

■今日の相場 H25.2.28 「減速期」(減速度低下)

 今日の相場は300円超の大幅上昇でした。
 欧州不安が後退、為替がある程度戻っていたので、少しは上がるかな…くらいには予想していましたが、まさか300円以上も上がるとは……最近の相場は極端に振れすぎる傾向があって怖いです。

 自分の持ち株ですが、それなりには上がりましたが相場全体と比べれば……といった感じでした。TOPIXは日経平均ほどには上がっていませんし、ジャスダックに至っては下がっているので、銘柄毎に差があるのかもしれませんね。明日は自分の持ち株が上がる日だといいなぁ……。

 チャート診断では、引き続き減速度が低下。おそらく明日も上げた場合は改めて「加速期(上昇期)」になるものと想定されます。とはいえ、ここから下に行ってもおかしくない微妙なチャートだなぁ……。
 いずれにしても明日は一日様子見して週末を迎える形になるので、明日の結果を見て週末じっくりと次の一手を考えたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

スポンサーサイト

今日の相場 H25.2.27(減速期:減速度低下)

■今日の相場 H25.2.27 「減速期」(減速度低下)

 今日も引き続き相場は下落。引き続き100円以上日経平均が値下がりしました。
 昨日に引き続き、幸いにも持ち株への影響は軽微でした。3月銘柄が多いので、一定の上げ圧力があるのかもしれません。

 チャート診断は引き続き「減速度低下」ではありますが、最近の下落傾向もあって、このまま行くと再度「減速期」(減速度が再び上がる)になりそうな感じです。年明けからずっと上昇が続いてきましたが、下降期入りの可能性もあるかな?
 もし「減速期」になった場合は、持ち株の一部売却(2月権利確定済銘柄等、約10%弱)を。「加速期」になった場合は現在手放している持ち株(約30%)の買い戻しに動く予定ですが……いずれにしても、今の時点ではどちらに動くか読みづらい状況です。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

ただいぎゃああああああああ(H25.2.26)

■今日の相場 H25.2.26 「減速期」(減速度低下)

 早朝の為替&米国株の大幅下落から一日。
 日経の大幅下落ニュースを見て、ドキドキしながら仕事から帰宅して持ち株の様子を確認すると……。

 ぎゃああああああああああ……。

 ……ということは案外無くて、何故か自分の持ち株は上がっていました。
 相場の大幅な下落もありましたし、2月銘柄の権利落ち日でもあったので、結構覚悟していたのですが、思わぬ上昇でした。こんな日もあるものですね。
 たまにこうした日があると嬉しくなりますね。

 相場のチャート診断は引き続き減速期ながら「減速度低下」。今のペースなら今週末か来週初めに再度「上昇期」に変わる可能性があります。ただ、この下げがもう数日続く様なら改めて「減速期」(というより下手したら下降期)に入りそうな雰囲気ですし、しばらくはどう動くべきか判断の難しい日々が続きそうです。
 私個人としては「(最近の動きと同様に)どうせ数日経ったら元に戻るんだろ」と思っているのですが、果たしてどうなるでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

おはぎゃああああああああ

 朝起きたら、為替と米国株が大変なことに!

 ドルがいきなり91円台、ユーロに至っては120円を切っており、米国株は大幅に反落しています。
 イタリアの選挙情勢が原因ですが、まさかこんなに影響する出来事だとは……
 これは今日の相場は下げそうですね。

 自分の売買ルールでは当分動けないので相場を眺めているしかないのですが、できれば早期に回復して貰いたいところです。タイミング次第では程よい押し目&仕込み時にならないかな……

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.25(減速期:減速度低下)

■今日の相場 H25.2.25 「減速期」(減速度低下)

 ドル高などの影響もあり、今日は大幅に値上がり。私の持ち株も結構値上がりしました。
 今日の上げもあって引き続き「減速度低下」ではあるのですが、チャート判断ではまだ「減速期」が続いています、再び「加速期」に入って買い戻しおよび買い増しに転じるまでにはまだ数日ほど掛かりそうです。上がるのは嬉しいのですが、できれば買い戻すまではあまり極端な上げは待って貰いたいところです。

 今日は2月末権利確定銘柄の権利確定日でした。
 2月は、昨日ご紹介した6銘柄の権利をゲットしました。
(昨日の日記ですが、改めて見たら「イオン」を書き忘れていたので、追記しています)
 これからはいよいよ3月相場となります。私の持ち株は3月権利銘柄の割合がかなり大きいので、「高い優待代金」にならない様に、できればここから3月まで上げ続けて貰いたいところです。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

2月の優待獲得予定銘柄

 明日(25日)が2月の権利確定日なので、今月の権利獲得予定銘柄について書いておこうと思います。
(パレモだけは20日が権利日なので、15日に権利確定済みです)

 ビッグカメラは毎回おなじみで買い物券をよく使わせて貰っています。
(前回分の有効期限が5月末なので、そろそろ使わないと……)
 イオンは家族の買い物に使っているのでキャッシュバックが美味しいです。今年辺りに投入原価が配当+優待で全額回収を達成する見込みです。
 DCMHDは言うまでもなく「旧:じゃがいも」ですね。ホーマック時代からのおなじみで、勿論じゃがいも目当てで持っていたのですが、優待改悪で自社製品になってしまいました……。
 パレモは昨年はクオカードだったのですが、今回は果物(メロン)1000株に買い増しています。ここのメロンはかなり評判がいいようなので、届くのを楽しみにしています。

■イオン(銘柄コード8267 権利確定2月/8月末)
100株以上等 オーナーズカード発行、キャッシュバック3%~

■パレモ(銘柄コード2778 権利確定2月20日)
 300株以上  1,000円相当のクオカード
 1,000株以上 5,000円相当の果物

■パスポート(銘柄コード7577 権利確定2月末)
 100株以上  QUOカード(500円相当)
 1,000株以上 5000円相当の品物

■DCMホールディング(銘柄コード3050 権利確定2月末)
 100株以上 自社開発(DCMブランド)商品詰合せ

■ビッグカメラ(銘柄コード3048 権利確定2月/8月末)
 1株以上等 株主お買物優待券+長期優待制度あり

■エコス(銘柄コード7520 権利確定2月/8月末)
 100株以上 100円優待券30枚または自社取扱い米(コシヒカリ)2kg

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

確定申告しました

 本日、電子申請で確定申告を行いました。これで今回の税金関係は一通り終了です(支払が残っていますが)。

 ネットで申告すると、自宅でパソコンを操作するだけで全て完了するのがいいですね。勿論証拠書類などは手元に残しておく必要はありますが、わざわざ申告に行ったり、郵送する等の手間が大幅に軽減されるのがすばらしいです。
 前年度は結構プラスになったので、ある程度徴収されてしまうのと、住民税を追加で支払う必要があるのが少し面倒です。が、元々別の案件で確定申告は必要でした(個人的な事情もありますが、ふるさと納税等もやっているので、還付で取り戻すのが大きいです)し、黒字だと思うと、ある意味では楽しい手間ではあります。


■証券会社を特定口座(源泉あり)にしないと……

 そして、今回いろいろ勉強していて感じたのが、株式(証券会社)の口座の変更を検討する必要があるな……ということでした。

 私は今のところ、特定口座ではなく、一般口座を使っています。
 これは、自分の過去の運用方針が「ひたすら買い貯めていく」というもので、基本的に売却を行わない→売却の利益関係も当然±0なので、申告の必要自体が発生しない状況だったためです。そのため、特定口座が導入された時も、わざわざ変更するのが面倒なので一般口座のまま放置していました。
 しかしその後、運用方針を変更して定期的に売買を行う様になり、毎年一定額の収益が出るようになりました。そのため、確定申告の必要があるので、ここ数年は毎年確定申告を行っています。別に税金を取られるのは特定口座にしていても同じですし、確定申告の手間自体はそれほど苦痛に感じていないので構わないです。

 問題は特定口座(源泉あり)以外にしていて確定申告を行う場合、株式売買の収益が健康保険や年金の減免/免除を判定する際に「所得」としてカウントされてしまうことです。これは、リタイア後の収支計算に大きく響いてくることになります。
 私は年金の方は免除申請するつもりはない(長生きするつもりなので、掛け金をきっちり払って、少しでも多く貰いたいため)ので、焦点は健康保険の方になります。
 私は今のところ、早期リタイア後は働くつもりがないので、資産運用以外は収入ゼロになる予定です。つまり、基本的には収入……というより、税金的な言い回しをすれば「所得」がゼロとなりますが、株式売却益は、源泉徴収にせずに申告してしまうと、健康保険の保険料軽減判定時に「所得」として扱われてしまいます。

 この文章を書いている平成25年現在では、7割軽減が33万円、2割軽減は68万円が軽減判定ラインとなっています(単身世帯として計算)。私の住んでいる市の場合、均等割+平等割が約95000円もあるので、これが軽減されるかどうかはかなり大きいです。場合によっては株式売却益のかなり大きな部分を持って行かれる計算になります。

 今のところは給与所得があり、当然軽減などされないため問題無いのですが、早期リタイアが現実的になってきた時には、間に合うように特定口座(源泉あり)への移行を進めていこうと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

今日の相場 H25.2.22(減速期:減速度低下)

■今日の相場 H25.2.22 「減速期」(減速度低下)

 今日は午前中は下げましたが、午後から上昇に転じる展開となりました。
 持ち株は午前中に下げた割には持ちこたえてくれた感じですが、午後からの上げにはついて行けない感じで、結局はあまり変わらない感じでした。

 ここ最近横ばいと言った感じで、「減速期」ながらそろそろ風向きが変わりそうな感じです。……が、とりあえずこの週末で何か動きがあるかもしれませんし、どちら側に動くのかは正直判りません。何とか上向きに動いて貰いたいところですが……。

 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.21(減速期:減速度低下)

■今日の相場 H25.2.21 「減速期」(減速度低下)

 今日は平均株価は値下がりしましたが、優待株系は全体的にやや強めで、自分の持ち株もほとんど下がりませんでした。
 相場が下がりながらもチャート判断は引き続き「減速度低下」ですし、そろそろ上向きそうな気がします。持ち株も強い感じですし、ここからの展開に期待したいですね。


 ……と書いたところで現在の相場を見たら、何だか結構な勢いで円高(というよりユーロ安)が進んでいますね。週末は大丈夫かなぁ。

 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.20(減速期:減速度低下)

■今日の相場 H25.2.20 「減速期」(減速度低下)

 今日は約100円の上昇。
 自分の持ち株も順調に上昇しました。「売却した株」も順調に上がってしまっているのが少し残念ですが、全体的には順調です。

 今日の上げで、チャート判断も「減速度低下」に変わりました。この分だと、来週くらいには改めて再加速期に入る形になりそうです。その時点で改めて「売却した株」の買い戻しと新規銘柄の購入に移る予定です。最近はどの株も結構上がってしまっているので、新規銘柄の選定もなかなか難しいのですが、何とか3末くらいまでは上昇基調を続けて貰って、新規分も含めて利益確定といきたいところです。

 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.19(減速期)

■今日の相場 H25.2.19 「減速期」

 今日は日経平均は下げたもののTOPIXは横ばい、ジャスダック指数は結構上昇…と銘柄毎に明暗が分かれる感じでした。全体的には上がった銘柄が多かった印象です。
 自分の持ち株も、現在保有中のもの、そして「売却した株」ともに上昇しました。

 チャート判断では引き続き「減速期」ではあるのですが、明日の相場次第では再び上に風向きが変わりそうな雰囲気です。できれば上げてくれた方が嬉しいので、今後の相場展開に期待したいと思います。

 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.18(減速期)

■今日の相場 H25.2.18 「減速期」

 今日はG20の結果もあり、相場は上昇。自分の持ち株もある程度上げてくれて黒字を回復しました。
 とはいえ、相場の上昇幅ほどは上がらなかった感じです。自分の持ち株だけでなく、優待系の株は全般的にここ最近、相場が上げた時はそれほど上げない割に、相場が下げるときには相場以上にがっつり下げる傾向が続いています。何とか今後は下がらずに上げ相場に乗って貰いたいところですが……。

 また、今日は週末に決定した通り、(現ルールで)ロックが掛かっていない銘柄をほぼ売却しました。この3日間で持ち株の約3割を売却し、7割を株として残している状態になっています。
 「売った株」は今日の上げ相場で早くも持ち上がってしまっていますが、下げるかも知れない状況でのリスク回避の代償として受け入れるべき範囲でしょう。
 7割という微妙なポジションですが、ここから上げてくれた方が嬉しい事に変わりはありません。チャート的にはまだ下がる可能性は結構ありそうですが、何とかここから上げて貰いたいと思います。

 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.17(月曜日の予定)

■今日の相場 H25.2.17

 G20の結果に鑑み、週明けの売買予定は最終的に、従来の売買方針通り「銘柄の10%(ロックされていない本来の売却予定銘柄の残り1/3)を売却」で行く事にしました。
 明日の売却で、株資金に対する持ち株比率は約70%となります。上がってくれた方がより良いですが、下落に対するリスク対応もある程度可能な資金配分となっています。G20後の市場の反応次第ですが、自分としてはまあ妥当かなと思うポジションです。
(月曜朝にいきなり為替が95円とか91円とかになっていたら、行動を変更するかもしれませんが……)


 ルール変更で3月銘柄も含めて全て売却する事も検討しましたが、今回は売らずにそのまま行きます。このまま3月末まで持続する形として、最終的な結果次第で今後のルール変更について判断したいと思います。

 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

リタイアに向けた今後の相場推移予想-1

 今後リタイアした場合、資産運用(基本的には株式配当)で生活することを目標としていますが、当然、生き残る為には相場で大損せずに生き残る必要があります。
 例えば、もし今退職してリタイアした場合、退職金等を株資産として運用するわけですが、直後に暴落が発生して原資を失ってしまうと、即座に「詰む」事になります。先の震災の際には(当時配当利率が良かった)東電に資産の多くを投入していて大損をしたケースが散見されています。
 そのため、大事件による暴落や、長期の下落相場の到来には十分に注意する必要があります。

■大事件による暴落について

 個人的には、「大事件による暴落」は、事件発生直後の早い段階で保有株をただちに売却して「逃げ」れば、暴落のダメージはほぼ最低限で済むと考えています。

 阪神大震災は火曜日早朝の発生でしたが、当日の初値では10円(当時の株価は19000円程度)しか下がっていませんし、当日の終値や翌日初値でも100円安でした。本格的に落ち始めたのは更に翌日の19日からでした。
 9.11の際にも翌日の寄りで逃げておけば150円安(当時の株価は10000円程度)で脱出可能でした。ただし、当日に600円安になっていますが……
 東日本大震災では、翌週で一気に800円以上下落してその後低迷が続きましたが、週明けに売却しておけば200円安で逃げる事が可能でした。

 いずれのケースでも、事件の発生からその被害の大きさまで、ある程度見極めてから売却行動ができるだけの時間が与えられています。
 情報化が進み、迅速な判断が必要となった筈の最近でさえ、この傾向は変わりません。
 東日本大震災の場合は、金曜日の昼に発生し、週末の土日を挟んで(いささか不謹慎な言い回しになってしまいますが)津波や原発の被害の深刻さをじっくり見るだけの余裕がありました。月曜の寄りで売却を判断するための時間的猶予は十分にあったわけですが、それでも月曜の寄りは200円安で逃げ切れています。
(14時46分発生なので、さすがに金曜日当日に売却するまでは難しいと思いますが)
 その他のケースでも、倒壊する高速道路や炎上する街、突入する飛行機やツインタワーの崩壊などを見てからでも、翌日に売却すれば下落ダメージは最小限に留められています。

 これはおそらく「暴落するのを見てから狼狽売りする層」がかなりの程度存在しており、彼らが売る前に先んじて売却する事で、本格的な暴落に巻き込まれる事は避けられると考えられます。
 今後将来において、上記の様な不幸な大事件が起きるのかは判りませんが、迅速に対応することで暴落のダメージを回避できるようにしたいと思います。
(事件そのものに巻き込まれてしまうと株の売却どころではないので、巻き込まれない事も前提にはなりますが……)


 そんなわけで、「大事件で暴落する」パターンについてはそれほど心配していませんが、問題は普通に長期の下落相場が来た場合です。基本的に買いのみで運用している私にとっては、下落相場は不利になります。
 最近は上昇基調にありますが、今後の展開を考えると、個人的には下げ相場になりうる要素が結構あると考えています。自分の考えをまとめる意味でも、改めて機会を見て、今後の相場について、上昇/下降要素について予想を書いていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

株売買ルール改定の検討について

 株売買ルール改定の検討について考え始めたので、考えをまとめるためにも単独の日記として上げておきたいと思います。


 私の資金運用スタイルは、基本的に毎月一定額を株購入予算に投入し、順次株を買い貯めて持ち続けるという、積立投資に近いものです。
 が、持ち続けると言いつつ実際は、定期的な利益確定&相場下落ダメージの回避のために、独自の相場判断を元に、一定の条件の株を相場の波に合わせて下げそうな時に売却→再び上げそうな時に買い戻す……というスタイルを取っています。

 この、相場の波に合わせて売却を行う銘柄の選定条件ですが、(過去の日記でも度々登場していますが)以下の条件に当てはまる(売却を行わない)「ロック対象銘柄」以外の全ての銘柄です。

■売却しない「ロック対象銘柄」
1.長期保有によって特典がある、または、長期保有しないと優待が貰えない銘柄
 ビッグカメラ(2年以上保有で優待券追加)等が典型的な事例となります。
2.(期末/中間)配当権利確定まで2ヶ月を切っている銘柄
 例えば、2月の場合は2、3月確定銘柄(期末まで2ヶ月以内)と8、9月銘柄(中間まで2ヶ月以内)が対象となります。一年のうち4ヶ月分が「ロック」対象となる形になっています。

 ここ数日の相場で、売却のタイミング自体は良かった(と思われる)のに、保有割合が大きい3月銘柄に「ロック」が掛かっていた結果、「逃げ損ねた」事を考慮して、上記の内、2番のルールについて改定を検討しています。
 具体的には、ロック期間を権利確定まで「2ヶ月以内」→「1ヶ月以内」に短縮する事を検討しています。

 この「ロック期間」ですが、何故こんなものを設定しているかというと、「権利確定日が近いので、(権利取りの流れで)上げ圧力が働く筈だから(売っても下がるとは限らないし、買い戻しそびれると権利を逃してしまう)」との理由からです。
 が、今回の事件もそうですが、これまでの相場を見るに「権利確定から2ヶ月前にまで、権利取りの上げ圧力」が働くものなのか、疑問に思い始めて来ました。上げ圧力が働くのは、権利確定日が間近に迫ったせいぜい一ヶ月くらいではないのかと……
 また、3月末銘柄は銘柄数自体が多いので持ち株に対する割合もかなり大きいのですが、一年に延べ4ヶ月間もロックが掛かって売却できないのはリスク対策上危険な気がします。


 現在のG20以降の展開的に、さしあたっては上に反転しそうな気がするので、今回の時点では3月末銘柄も含めて全て売却するのは見送る予定ですが、今後ルールを2ヶ月→1ヶ月に改正するかについては、今後の相場展開を見極めつつじっくり考えたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.16(売却予定を折衷案に変更)

■今日の相場 H25.2.16

 昨日の日記で、今回の下げ相場に対応するため、現在「ロック」している3月銘柄も含めて、ほぼ全てを売却する予定…と書きましたが、今朝起きてみるとG20の展開などもあり、為替が結構戻ってきていますね。
 開催中のG20の現在の展開では、声明は日本の円安を名指しで批判するものではなく、一般的な言い回しになりそうな感じです。事実上「お墨付きを貰えた」と相場に判断される可能性もあるので、その場合、月曜日の相場は回復するのではないかと思われます。

 G20自体はもう一日あるので、明日に声明の内容を見てからでないと何とも言えませんが、もし結果に問題が無くて、月曜日の相場が回復しそうであれば、「ほぼ全部売る」のは当面見送りたいと思います。
 とはいえ、チャート判断が減速期なのは確かなので、いつも通り「ロックされていない」銘柄の残り1/3(全体の約10%)の売却は実施する予定です。

■まとめ
・明日のG20声明が円安の名指し批判ではなく、為替相場&株式相場の回復が予想される場合
 →銘柄の10%(ロックされていない本来の売却予定銘柄の残り1/3)を売却

・円安批判が盛り込まれて、下落相場が継続する事が予想される場合
 →ロックされている3月銘柄も含め、保有銘柄のほぼ全て(9割)を売却


 ……いずれにしてもG20の結果待ちなので、もう一日様子を見たいと思います。

 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.15(減速期)

■今日の相場 H25.2.15 「減速期」

 今日の相場は大幅な下落。
 優待配当株中心の自分の保有株も大幅に値下がりしました。痛い痛い……。
 かなり下落した結果、保有株は去年の8月以来となる含み損に転落する事となりました。
 昨日、今日と下落に備えて持ち株の売却を進めていたのですが、売却したのが手持ちの2割だけだったので、残りの8割分はダメージの直撃を受ける事になってしまいました。
 最近の値動きを見ると、売却行動に移るタイミング自体はほぼドンピシャ(もう一日早ければ更に良かったですが)だったのですが、3月確定銘柄を売らずに「ロック」していたために下落ダメージを避ける事ができませんでした。

 下落のリスクを避けるために設定している売買ルールですが、今回、十分に機能しなかった事から、ルールを改定して「ロック」期間を短くする事にしました。
(ルール改定については、後から確認できるように、次回の日記で詳しく単独ネタとして書きたいと思います)
 そんなわけで、「ロック」していた3月確定銘柄についても売却する事にします。

 自分のチャート判断では更に株は下がると見ているので、週明けの月曜日に、(ルール改訂後の「ロック」対象である)「2/8月確定銘柄」「長期保有銘柄」以外の全ての保有株を売却したいと思います。
 これで持ち株の保有率は一気に10%未満まで低下するので、今後の下落リスクは避けられる事になります。ここから相場が反転して、また「儲け損ねる」かもしれませんが、それはそれで構わないです。
(金曜の米国相場や、この土日のG20で「明らかに上がりそう」であれば延期する可能性もあります)

 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.14(減速期)

■今日の相場 H25.2.14 「減速期」

 今日も一日微妙な相場展開に。
 ニュースで日経平均株価が上がっているのを見て、今日は上がったかな…と思いつつ帰宅すると、TOPIXは下がっており、そして…自分の株も下がっていました。

 相場判断では、今日も「減速期」。チャートを見ると明らかに「節分天井」に当たった感じです。ここから下がるのか、それても天井をぶち破るのかは判りませんが、趨勢が判明するまで迂闊に動けないかな……。
 とりあえず自分の方はマイルールに従って、予定通り、今日の寄りつきで持ち株の10%程度を売却。今日も下げたので、明日も引き続き持ち株の10%を売却予定です。最終的には3回に分けて持ち株の30%を売却し、相場の展開を注視する形になります。
 ある程度は値下がりリスクを回避する姿勢にはなりますが、それでも持ち株の70%は3末まで保有を続ける形になるので、できればもう一段階上がって貰いたいところです。
 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.13(減速期)

■今日の相場 H25.2.13  「上昇期(上昇速度低下)」→「減速期」

 為替の影響で今日の相場は下落。
 100円程度の下落だったはずなのですが、自分の持ち株は……これはひどい(笑) 持ち株はかなり下落して、最近買い戻した分は黒字を一気に吐き出して赤字化する結果になりました。全体的にはまだ黒字ではありますが……。
 持ち株の多くは3月確定銘柄で、3月末まで売却できないルールなので、何とか今後回復してくれる事を願うのみです。

 うちの相場判断では今日から再度「減速期」に突入。持ち株の一時売却に入る時期となります。
 3月銘柄が多く、「ロック」されている割合が大きい持ち株たちですが、それでも約30%が一時売却対象となります。
 例によってマイルール通り、明日から1/3(持ち株では約10%)ずつ売却して、少しでも下落のリスクを減らしたいと思います。

 ……とはいいいつつ、最近の値動きの激しい相場展開を見るに、明日には何事も無かったかの様に元に戻っている可能性もありますね。とりあえず今夜の為替&米国株を見てから判断する予定です。

 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.12(上昇速度減速)

■今日の相場 H25.2.12  「上昇期」(上昇速度減速)

 今日も大幅に上昇、一日中強いままの展開でした。
 夕方に北の核実験のニュースが出ていた割に相場がずっと高かったので、「核実験は引け後にあったのかな…」と思っていたのですが、帰宅してから確認するとお昼だったのですね。核実験でもびくともしないとは……。
 そんなわけで、持ち株も総上げかと期待しましたが、日経平均の割にTOPIX等は上げていないですし、銘柄数で見ると下げた銘柄の方が多かった様ですね。
 自分の持ち株は何とかそれなりに上がりましたが、チャート判断では相場は(大幅に上がった今日も)「上昇速度減速」。おそらく明日~明後日には再度「減速期」に入るので、これ以上の買い足しは行わない予定です。再度減速期に入った時、一時売却を行うのかが今後の焦点となりそうです。
 このまま3月までは上げそうだし、ここで売るとまたどんどん上がって、置いてけぼりにされそうな気がする……。

 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

リタイア後を見据えた運用利回り確保について-2

 そんなわけで、私の早期リタイア後の現目標は「資産を4%(税引き前ベースで5%)の利回りで運用して生活費とし、本体を減らさずに死ぬまで(最低でも年金支給年齢まで)粘り混む」事です。
 が、現在の運用成績は3%台くらいですし、高配当銘柄の減少や資産全額を株に投入するのは危険すぎる事を考えると、なかなか実際には厳しいのではないかと考えられます。

 そうなると、「資産の本体を増やす」か「運用利回りを上げる」必要がありますが、前者は(リタイアせずに働き続ける以外に方法がないため)問題があるので、後者の「運用利回りを上げる」側の対策で何とかしたいところです。


 リタイア後の運用利回りの改善方法として、一番現実的なのは(配当利回りだけでなく)「株の運用利回り」も計算に含める事だと考えられます。
 単純計算では、現在の配当利回り3%に運用利回りを1~2%でも足せば、合わせた利回りは4~5%と目標利回り以上となります。
 運用利回り1~2%というのは、ここ数年の運用実績が平均10%以上である事を考えれば十分に達成可能である様な気がしますし、この数字がより大きくなれば、必要な原価も少なくなるので、安全資産に回せる額も大きくなります。

 私は信用取引はしておらず現物株買のみで運用しているので、得られる「運用利回り」というのは「上がった株の売却益」という事になります。つまり、買いのみでの運用なので、基本的には買った株が上がってくれる必要があります。
 自分の売買スタンスは(1~2ヶ月周期の)「相場の波」に合わせて、「波」の底で買い、頂上で売るというものです。元々は「波」が下がる時の下落ダメージを回避する事が目的でしたが、実際に運用してみると、「波」が上げる時の利益確定にも効果を上げています。
 「相場の波」に合わせて売買するだけなので、長期的な相場の動きに関わらず利益を上げられますし、実際に去年までの様な下げ相場でも利益は出ていますが、それでも、中長期的なトレンドが上げ相場の方が有利で、運用利益を上げやすいのは言うまでもありません。
 そんなわけで、長期的な下げトレンドや、ライブドアショックやリーマンショック、震災直後の様な暴落を上手く回避できる……できれば、遭遇自体せずに済む事が資産運用のためには大きな鍵となります。


 では、「長期的な下げ」や「暴落」が今後あるのでしょうか。遠い将来の事はわかりませんが、少なくとも数年以内レベルであるのかは、リタイアを考えるにあたっては、重大な関心事となります。
 個人的にはこうした近年中の下げ相場は、「結構ある可能性が高い」と思っています。リタイアしてから回復不能なダメージを受けるとやり直しがきかないので、できればこうした「数年以内に来る下げ」を資産を減らさずに乗り切れるかを見極めてから、リタイア生活に入りたいと思っています。

 次回は、リタイア生活のタイミング検討なども含めて、個人的に考えている今後の相場展開予想などを書いていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

リタイア後を見据えた運用利回り確保について-1

 昨日の日記で「切った」保有株をご紹介しました。
 (優待の価値は含めず)配当利回りが悪い順に切っていったわけですが、今回の足切りライン(2月8日現在)は、配当利回り1.34%(ダイドードリンコ)でした。
 「足切り」されなかった中で、一番配当利回りが悪いのは「サムティ」で1.48%です(まあ、最近値上がりしまくっているので、その辺りを考慮する必要はありますが)。

 つまり、早期リタイアの配当利回りとして4%(税引き前ベースで5%)を目標としていますが、持ち株にはそれよりも低い銘柄がゴロゴロしている事になります。
 優待銘柄と高配当銘柄を混成する形で購入しているのである程度仕方のない事ではありますが、これでは配当だけで利回り4%の目標を達成するのはなかなか難しそうです。
(ちなみに、優待銘柄は「購入時の配当利回り2%以上+魅力的な優待内容」が購入検討の最低条件になっています)

 現時点の全体的な配当利回りですが、現時点で昨年(平成24年)の配当金が10月分くらいまで届いていますが、今のところ3%強。今後、12月分まで届く範囲を加味すると、3.5%程度になると想定されます。
 高配当銘柄を結構保有している事もあって案外健闘しているとも言えますが、配当利回り4%の達成のためには、もう少し持ち株の利回りを改善する必要がありそうです。
 高配当銘柄のウエイトを増やして対応するのが正道ですが、最近の株価上昇で高配当銘柄も減ってきています。もう少ししたら好業績から増配してくれて、高配当銘柄の数も戻ってくるのかもしれませんが……。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

お別れの優待株たち

 今回の日記では、優待利回りの低下によって手放す事になってしまった銘柄を紹介したいと思います。
 売却する条件は単純で、「優待利回りが低い順」です。優待品は利回り計算に含まれないので、こうした場面では、配当株として購入した銘柄よりも優待銘柄の方が「切られやすい」状況にはあります。
 今回は思った以上に売却後に株価が値上がりしたため、4銘柄を手放す事になってしまいました。特に小津産業とダイドードリンコは好きな優待だっただけに残念です。
 ここで手放した優待株たちは、マイルールでは「復活待ち枠」として扱われ、ある程度以上現金が多い時期には買い戻す(可能性がある)候補となります。また縁があって(できれぱ再度売却されない程度に配当利回りが上がって貰って)再度保有できればと思います。

■小津産業(銘柄コード7487 権利確定5月末)
 100株以上 ティッシュペーパー、トイレットペーパー詰め合せ2,000円相当
 500株以上 ティッシュペーパー、トイレットペーパー詰め合せ3,000円相当

 ティッシュ&トイレットペーパーが毎年秋頃に送られてきており、自宅で使わせて貰っていました。
 送られてくる中には小型の「昔話カレンダー」もあったのですが、こちらは毎年トイレ用カレンダーとして使用しており、ペーパーも含めてトイレで大活躍?の株主優待でした。
 最近の値上がりもあり、本日の時点で配当利回りが1%を切っていることもあって売却となりました。優待はかなり便利だったので、また増配してくれれば買い戻したいと思います。

■パイロットコーポレーション(銘柄コード7846 権利確定12月末)
 1~4株 事務用筆記具セット
 5株以上 株主限定仕様筆記具

 箱に入った各種ペンセットを毎年いただいていました。
 なかなか便利だったのですが、最近一気に株価が上がって配当利回りが1%を切ったため売却。かなり値上がりしすぎて手を出しづらくなってしまいましたが、ペンセットは便利ですし、また配当利回りが上がったら買い戻したいところです。

■ジェコス(銘柄コード9991 権利確定3月末)
 100株以上 1,500円相当の品物

 2年間取りましたが、「品物」はフライパンでした。去年が「卵焼き用フライパン」だったかな? それなりにいい品物ではあるのですが、私の家では「別にフライパンに困っている状況ではない」ところに届くので、びみょんな扱いでした。
 そんなわけで、ここの優待は別に切っても惜しくはないかな……
(年度によっては、フライパン以外の品物が届く可能性があるので、何とも言えませんが)

■ダイドードリンコ(銘柄コード2590 権利確定1月/7月20日)
 100株以上 3,000円相当の自社製品

 毎年2回、ジュース等を詰め合わせた大きな箱が届くという、ある意味株主優待の代表的な存在だったダイドードリンコも、今回売却条件に入ったために売却してしまう事になりました。
 大きな箱にジュースが入って「株主様」と書かれている優待は、個人的にはお気に入りでしたし、家族の食いつきが非常に良かった(笑)ので、手放す事になったのは非常に残念です……。
 お気に入りの優待の一つでしたし、今後何とか買い戻す機会があればいいなぁ……。


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

今日の相場 H25.2.8(上昇速度減速)

■今日の相場 H25.2.8  「上昇期」(上昇速度減速)

 いかにも下げそうな雰囲気ではありましたが、自分の売買ルールを守って、今日も購入注文を発動。少し前に「売却した株」は、これで(手放したものを除いて)全て買い戻しが完了しました。
 日経平均ほどにはTOPIXが下げなかった事もあり、自分の持ち株は比較的順調でした。中でも今日買い戻したサムティの頑張りが光っていますね。

 引け後に更に円高が進んでいるので、金+月の米国相場や為替次第では更に下げる展開も予想されそうです。「権利確定まで2ヶ月を切った株は売却しない」ルールの関係で(所有株中のウエイトが大きい)3月確定銘柄は当分売却できないので、ここから大きく調整が来ると、まともに下げのダメージを受ける事になります。できればある程度のところで踏みとどまって貰って、再度上昇に転じて貰いたいところです。
 
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.7 「上昇期」

■今日の相場 H25.2.7  「上昇期」

 日経平均は100円ほど下がりましたが、(私が相場判断に使っている)TOPIXはごくわずかながら上昇。
 昨夜の米国株が横ばいだったこともあり、先日購入を見送っていた「売却した株」の残り1/3についても、予定通り購入注文を出しました。幸いにも、今のところ購入額(成行買いなので、前場初値)より上がっています。

 今日の購入で「売却した株」は全て買い戻した…筈でしたが、手数料をケチる関係で(笑)一部だけまだ買い戻していない株があります。
(松井証券を使っている関係で、100万円毎などに手数料が変わるので、手数料が上がらない範囲になる様に購入株を調整しているのです)
 これらは、明日の金曜日に購入注文を出しておきたいと思います。


■「売却した株」の買い戻しについて

 私の資金運用スタイルは、基本的に毎月一定額を株購入予算に投入し、順次株を買い貯めて持ち続けるという、積立投資に近いものです。
 が、定期的な利益確定&相場下落ダメージの回避のために、独自の相場判断を元に、一定の条件の保有株を相場の波に合わせて、下げそうな時に売却→再び上げそうな時に買い戻す……というスタイルを取っています。
 つまり、相場が下げそうな時に売却した株を、相場の底でそのまま買い戻す事を繰り返している事になります。

 この「売却した株」の買い戻しは、目論見通り相場が下がってくれた場合、「安く買い戻せる」事になるので、売った株と同じ株がそのまま手に入る(しかも原価が下がっているので配当利回りが上昇している)+余剰金が手に入る……と、良いことずくめになります。

 …しかし今回の様に、売却した時よりも値上がりしてしまう事もあります。
 その場合は、当然ですが「買い戻すためのお金が足りない」事になります。

 この時の対応ですが、「足りない額だけ現金を投入して買う」のではなく、「資金不足分の銘柄を、配当利回りが悪い順に(再購入せずに)切っていく」という形で行っています。売った時より高くなってしまった時点で失敗ではあるのですが、保有株のリストラを行い配当利回りが高い銘柄を残す事により、持ち株全体の配当利回りの質の確保を狙っている形です。

 前置きが長くなりましたが、……という事情で、今回、買い戻せずにリストラされる銘柄が出てくる事となりました。週末の日記で、惜別の念を込めて、これらの「お別れする銘柄たち(全て優待銘柄)」を紹介したいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.6

■今日の相場 H25.2.6  「上昇期」

 相場上げすぎワロタ。

 この上げは何と言っても白川辞任効果なわけですが、元々決定していたのが早まっただけですし、個人的には、この辞任表明は次期総裁の選定期間を短くする事による安倍政権への嫌がらせの意図があると思っています(単に「もう嫌になった」だけの可能性も十分にありますが)。
 本当に喜んでいいのかは、次期総裁にまともな人物が選ばれるか次第でしょうか。白川総裁に決まる前の民主党の妨害具合は非道かったですしね……。
 ともあれ、辞任確定による効果が前倒しで出ている形になるので、我々としては恩恵を享受したいところです。

 昨日下げたときに買い注文をキャンセルしてしまい、買い遅れ涙目……かと思われましたが、購入予定株は案外上がっておらず、まだ昨日の下げ幅を回復していません。ジャスダック指数は1%も上がっていませんし、全体的な傾向なのかもしれません。
 まだ(明日の初値次第ですが)「当初予定よりも安く買える」状態ですし、改めて買い注文を出しておきたいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.5

■今日の相場 H25.2.5  「上昇期」(上昇速度減速)

 昨夜のアメリカ相場下落&円高の流れもあり、相場は下落。
 昨日の日記で書いたとおり、昨夜の相場から明らかに今日は下落しそうだったので、買い注文は早朝にキャンセルしました。そのため、持ち株構成は昨日と同じになります。

 予想通り相場は下がったわけですが……この文章を書いている時点で、白川辞任効果か?為替は完全に下落前の水準まで戻っていますね。 上手く立ち回った筈でしたが、実は絶好の押し目での買いタイミングを逃してしまった様な気がしてきました。

 いかにも上がりそうな展開ですが、自分の売買ルールで「相場が下げた日の翌日には買わない」(「落ちるナイフ掴み」防止対策ルール)があるので、明日は一日様子見で、改めて買うのは早くても明後日になります。その間に相場がどう動くのか、注目したいと思います。
 資金投下率が約70%なので、上げてくれた方が嬉しいのですが、できれば全部買い戻すまで本格的な上昇は待って貰いたいところです。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今日の相場 H25.2.4

■今日の相場 H25.2.4  「上昇期」(上昇速度減速)

 前回日記の予告通り、「売却した株」の約2/3を買い戻しました。
 株用資金の投下率は、購入前(20弱)から今日時点で約70%に上昇しています。
 今日も株価が上昇した事もあり、購入した株も早速上昇しています。
(「もしもしホットライン」だけが例外的に下がりましたが……)

 とはいえ、今回買い戻した株の多くが3月末権利銘柄で、自分の相場ルールの関係で権利確定まで(3月末まで)売却できないので、できれば少なくとも3月末までは現在の堅調な相場環境が続いて欲しいと思います。

 相場判断は、「上昇速度減速」になっており、本来ならばここからは購入を控える時期になるのですが、もし明日の相場が横ばいか上昇であれば、再度「上昇期(加速期)」に入ります。
 とりあえず引き続き購入注文を出しておき、明日の朝にアメリカや為替の結果を見て、もし下がりそうであれば注文取消、普通に上がりそうならそのまま買いたいと思います。明日の購入で、「売却した株」の残りを買い戻し予定です。

 自作の相場判断ツールは、相場の日足が放物線というかサインカーブというか、一定周期の波動を描くことを全体に作られているので、現在の様に同じような調子で上がり続ける相場は、判断が非常にやりにくいです……。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

月曜から株を買い戻します

 ここ最近の値上がりで、売却してしまった株をどうするか検討を進めてきましたが、月曜日から買いに転換する事にしました。
 とりあえず月曜日に「売却した株」の約2/3を買い戻し(出張で見送ったが、元々先週の木金で買う予定だった)。残りは明日の相場次第で考えたいと思います。

 「下がるかも」と思って売却した株たちの買い戻しなので、結構勇気が要りますが、自分の売買ルールをきっちり守って行動する事にしました。

 個人的に怖いのが、自分は「権利確定まで2ヶ月を切った銘柄は売却しない」というルールを決めている事です。自分の持ち株の多くは3月末銘柄が多いのですが、もう2月なので、これらは3月末まで「ロック」された状態になり、売却できない事になります。 
 現在多くの株を手放している様に、自分はチャートから「下がりそう」と判定した時に株を売却する事で(値上がりのチャンスを手放す事と引き替えに)値下がりリスクを軽減させているのですが、もしここから3月までに大きな下げが来た場合は、多くの3月銘柄は売却できないので、ダメージをまともに受けてしまう事になります。

 そんなわけで、願わくば、3月末くらいまでは引き続き株価が上がり続けて貰いたいところです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

早期退職募集制度 来たあああ!!!

 うちの会社で、早期退職募集制度(の拡充)が発表されました!

 これまでよりも募集年齢の下限が切り下げられて、自分の年齢でも応募ができる様になりました。
 募集によるものなので、当然、退職理由も(自己都合ではなく)会社都合となります。自己都合か会社都合かによって退職金額(支給月数)が全然違うのでこれは大きいです。
 そして、早期退職募集ということで応募の際の上積み額も結構あり、この額が結構大きかったです。そもそも自分の世代は制度対象に入っていなかったので、元々は上積み額はゼロ(というより自己都合退職扱いで減額)でしたし、「もし導入されたら…」と考えていた予想額よりも実際の額がかなり大きかったので、嬉しい驚きでした。


 応募した場合に貰える額をざっと計算してみたところ、自分が理想としている資産額には届かないものの、結構近いところまで到達する感じでした。目標額達成はかなり先まで無理だと思っていたので、遠ざかったと思っていた早期リタイアが再びある程度の現実味を帯びてきた感じでしょうか。


 自分にとっては理想的な?タイミングで発表された早期退職募集制度ですが、すぐに飛びつくかどうか、そして、そもそも応募するかについても、慎重に考えたいと思います。
 今回の制度は(現時点では)来年度から各年末の2年間実施される様です。できるだけ後の時期に応募した方が、在籍年数(退職金支給月数に影響)も増えますし、基本給(退職金や年金の基礎額)も(たぶん)上がります。また、働き続ける事によって給与を貯金できる+「リタイア後の給与収入がなくなる期間」も減るので、待てば待つほどリタイア後の資産面では有利になります。
 とはいえ、今回の制度導入と抱き合わせで勤務条件の悪化も発表されたので、待てば待つほど有利に働くとは言い切れない部分もあります。引き続く勤務環境の悪化に我慢しているうちに茹で蛙になってしまい、リタイア前に消耗して「茹で上がった」状態になるのは避けたいです。

 まずは2年後の後半あたりを判断時期の視野に入れつつ、応募期間延長の有無や資産状況、そして職場の環境なども見極めながら、今後の行動を考えていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
プロフィール

ながつき

Author:ながつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者
各バナー等
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
リンク(リンクフリーです)
検索フォーム
QRコード
QR