株主優待:テクノ菱和&スクロールからお茶をいただきました~

 3月銘柄の配当&優待が大挙して届くようになりました。
 この優待日記は、毎週1回更新でお届けしていますが、ここ最近は優待が届きすぎて、紹介するネタが「詰まっている」状態になっています(現時点で未紹介の優待が10個ほどあります)。
 基本的に週に1個しか消化しないので、今後当分3月優待ネタが続く(貰ってから紹介までタイムラグが出る)形になりますが、ご了承下さい。
 
 そんなわけで、今回は少しでも多く消化すべく、お茶ネタで2件まとめて紹介します。


 テクノ菱和&スクロールからお茶をいただきました
 お茶優待x2



■テクノ菱和(銘柄コード1965 権利確定:3月末)
 100株以上 静岡の新茶1パック
(1000株以上で2パックに)

■スクロール(銘柄コード8005 権利確定:3月末/一部優待は9月末)
 100株以上 自社カタログ、割引ポイント、カタログ送付、静岡無農薬茶100g等


 ともに、今年の新茶ですね。
 私の家はお茶好きで、お茶はどれだけあっても嬉しいので、大変重宝しています。


 テクノ菱和は22年夏からの付き合いで、これで4年目となります。過去の売買では、概ねプラスになっていて相性の良い銘柄です。
 スクロールは23年春からの付き合いで、これで3年目ですね。過去の売買でもプラスになっていますが、利益の大半が昨年春の値上がりによるもので、「アベノミクス」以降はむしろ株価が低迷気味です。出遅れていると思いますので、今後の値上がりに期待したいですね。

 テクノ菱和さん、スクロールさん、ありがとうございます~



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
スポンサーサイト

ついに反転上昇に突入か(金曜の相場 H25.6.28)

■今日の相場 H25.6.27 「仕込み期」(上昇速度減少)→「上昇期」に転換
 株資産の持ち株割合:約80%

 金曜日の株式市場は大幅な上昇。米国株、為替、上海株などの外部環境が良かった事もありましたが、それにしても予想以上の大幅な上昇です。金曜日なので、引けでは利確売りで下がるかと思われましたが、それすらもなく450円を超える値上がりで終了しました。

 私の持ち株も今日の上げで一気に回復。以前からの保有分も上昇しましたし、今週月曜に買って下がっていた株たちも黒字に回復しました。ここから更に相場が上がってくれれば、結果的にはほぼ相場の底で仕込めた展開になってくれそうです。あとはここ最近、持ち株の上げ具合が日経平均には負けているので、今後の展開で取り戻す勢いで上がってくれればいいのですが……。


 ここ最近の下げ相場から膠着状態が続いてきましたが、これはようやく改めて上昇相場に、そして参院選上げに転換した事を示唆する展開となってきました。
 うちのチャート診断でも、これまで「上昇相場減少」だったのが、今日の急上昇で一気に「上昇期」にまで回復しました。個人的には、もう少しゆっくり上げてくれた方が、低い内に売却株の買い戻しや株の買い増しができたのですが……。

 今日の上げ+金曜夜の米国株や為替等も一定の利確下げはあったものの概ね良好だったので、月曜日には「売却した株」たちの残り1/3の買い戻しを行う予定です。
 現在の持ち株割合は既に80%まで来ていますが、これで週明けからほぼ全力状態となる予定です。
 できれば今後、(相場の風向きが変わる可能性には十分注意しながら)参院選上げの流れに上手く乗りたいところです。


■今日のFX(豪ドルへの資金投下 5発目/延べ20発予定)
 2000豪ドルを91.239円で購入



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

なんとか含み益回復(今日の相場 H25.6.27)

■今日の相場 H25.6.27 「仕込み期」(上昇速度減少)…株資産の持ち株割合:約80%

 今日の株式市場はアジア市場の落ち着きや円安の流れなどから、379円もの値上がりとなりました。まだ不透明感は残っていますが、米国も中国市場も(当面は)落ち着いて来た感じでしょうか。
 今日もジャスダックだけは値上がり幅が小さく、最近は相場全体に対して弱めの展開ですね。持ち株構成によっては軟調だった方もいるのではないかと思います。

 私の持ち株も、相場全体に対してはやや弱めでしたが、それでも値上がりの恩恵を受けて含み益に回復。今回も幸いにも、含み損状態から一日で復帰できました。
(また明日には含み損に戻っているかもしれませんが……)


 乱高下もかなり落ち着いてきて、ここ最近は甘利ライン(13000円)を挟んでの攻防になってきましたね。上にも行かないですし、下回ると底堅い感じですし……。
 うちのチャート診断も、少し前まで急落からの回復期としての「仕込み期」だったのですが、最近は横横の展開になっているため、結果的には「回復速度が停滞している」との判定になっています。
 膠着状態からそろそろ方向性が定まってどちらかに動きそうですが、どうなるでしょうか。自分が目論んでいる通り、参院選上げが本格的に始まってくれればいいのですが……
 


■今日のFX(豪ドルへの資金投下 4発目/延べ20発予定)
 2000豪ドルを91.229円で購入



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

ついに含み損に転落……(今日の相場 H25.6.26)

 ほんぎゃあああ……今日は引けナイアガラですかぁぁぁ


■今日の相場 H25.6.26 「仕込み期」(上昇速度減少)…株資産の持ち株割合:約80%

 今日の株式市場は、昨日の米国相場の流れを受けて朝方は高く始まりましたが、上海株や為替に引きずられる形になって値を下げ、日経平均で135円安となりました。
 私の持ち株の下げ方は、まあ日経平均並でしたが、ジャスダックが4%近く下げているので、大ダメージを受けた方もいるのではないかと思います。

 持ち株割合が80%に上がっている事もあり、私の株資産も一定のダメージを受けました。
 今日の下げで、持ち株はついに含み損に転落してしまいました。これは、今年2月以来の事になります。
 私の持ち株は基本的に売却せずに持ち続ける「長期保有銘柄」と定期的に売買する流動銘柄があるのですが、長期保有銘柄は「アベノミクス前」から持っている事もあって安定して結構な幅で黒字なので、これまで、その他の流動銘柄が少々赤字になっても、持ち株全体では黒字を確保して来ました。こうした中での赤字転落は、ここ最近の下げダメージが、これらの「安定した黒字分」を打ち消すレベルにまで大きくなってきた事を示します。
 今年2月の赤字転落は一時的なもので、幸いにも一日で黒字に回復してくれたのですが、今回も明日に上がって黒字回復してくれるのか、それとも「赤字が定着」してしまうのかが気がかりなところです。

 相場は下がったものの、ここ最近は国内ネタでの上げ下げ材料が無くなってきたせいか、相場の上下幅が収束して来た感じがします。明確な方向性が無いので、今後どう動くべきか悩むところです。
 今後海外初の材料が出てくる事も考えられますが、最低でもこのあたりで下値安定の持ち合いに。できれば、このあたりから参院選上げが始まって貰いたいと思います。

 今日は最終的には上海株は微下げで終わりましたし、アジア圏の他の株式市場は軒並み上がっています。為替も戻り気味ですし、明日は順当に回復する流れに期待したいと思います。


■今日のFX(豪ドルへの資金投下 3発目/延べ20発予定)
 2000豪ドルを90.558円で購入



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

不安定に安定した相場展開(今日の相場 H25.6.25)

■今日の相場 H25.6.25 「仕込み期」(上昇速度減少)…株資産の持ち株割合:約80%

 今日の株式市場は、朝方は横横でしたが、午後から一気に約300円も値下がり。しかし引けに掛けて急速に戻し、最終的には約93円の値下がりという結果でした。
 概ね、上海の市場に影響される値動きでした。上海市場は一時100ポイント以上のきつい値下がりから引けに掛けてほぼ前日終値と同じ線まで戻しており、日経も激しい値動きに引きづられる結果となりました。
 例によって日経平均の戻りに追いつけない感じで、TOPIXやジャスダックは日経平均よりも大きな値下がりで相場を終えています。

 私の持ち株も巻き込まれて値下がりしましたが、相場の下げと比べれば比較的損害は軽微でした。……とはいえ、値下がりのダメージは受けており、この調子だとあと1~2日ほどで含み損に転落しそうなので、このあたりで反転して貰いたいところですね。今日の上海市場の終わり方が、セリクラからの反転を予感させる展開でしたので、明日以降の戻りに期待したいところです。

 ここ最近の株式市場は、不安定ではあるのですが、株価自体は13000円を挟んだ一定の安定した範囲で揺れ動く展開となってきました。いずれは方向性がはっきりしてどちらかに動き始めると考えられますが……願わくば、上方向であって欲しいと思います。


■6月権利に確定した銘柄
 スタジオアリス、キングジム(20日)


■今日のFX(豪ドルへの資金投下 2発目/20発)
 2000豪ドルを90.123円で購入



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

無慈悲な寄り天+豪ドルに資金投入開始(今日の相場 H25.6.24)

 ほんぎゃああああ……無慈悲な寄り天キターーー!!!


■今日の相場 H25.6.24 「仕込み期」→「仕込み期」(上昇速度減少)に変化
 株資産の持ち株割合:45%弱→約80%(売却株の1/3を買い戻し)

 今日の株式市場は、昨晩の都議選の結果を受けて値上がりするかと思われたのですが、寄り天からじりじりと値を下げ、更に引けにかけて大きく値を下げて167円安という結果でした。
 初値の13417円から13062円まで値下がりしているので、寄りからは350円もの落差という形になります。
 朝の日記通り、今日の寄りで売却株の一部買い戻しを行ったのですが、早まったかなぁ……。


 とはいえ、相場全体では、値上がり株と値下がり株の数はほぼ互角。
 私の持ち株も、今日買い戻した分は350円の落差にやられて一定のダメージを受けてしまいましたが、元々持っていた株達が上がってくれたおかげでほぼ相殺する形となり、先週末とほぼ変わらずという結果でした。

 今日の買い戻しで、株資産の持ち株割合は45%弱→約80%に上昇。これまでほぼ相場に対して半身でしたが、明確に「上がってくれた方が嬉しい」立場に軸足を移した形になります。
 「参院選を見越した上げ」が今日から始まる、という読みは外れてしまいましたが、少なくとも今後一ヶ月程度の期間では「ここから株価が上がる」側にチップを多めに賭ける戦略は妥当であると考えています。ここ最近の値動きから下値は限られていると思いますし、もし下げ相場に転換して持ち株を手放す事になっても、支払う「授業料」は過大なものにはならないと考えています。

 今日の相場が下げた事で、残る1/3の買い戻しは様子見となりますが、相場のタイミングを見て、今度こそ最善のタイミングで次の一手を打ちたいと思っています。


 ……………

 ……といいつつ、これまでの普通の相場の流れであれば、この日記通りでいいのですが、問題は今日の引けに掛けての下げが「中国市場の急落」によるものだという事です。
 特に上海の方は5%以上値下がりしていますし、この下げが一過性のものではなく、世界を一周して暴落の流れになる様だと、話は全く変わってきます。
 今後も世界の各市場の動きに気をつけて、危ないと判断した時には早々に逃げの一手を打ちたいと思います。



■本日のFX(豪ドルへの資金投下 1発目/20発)

 ……という日記を書いた直後で何ですが、新たに本日からFX(というか海外通貨購入)を開始します。
 私は毎月、一定額を株式購入用資産として投入しています。しかし、ここ最近の株価値下がり&「これ以上買える株がない」状況により、株資産用の資金が投入できずに増えすぎて「ダブついた」事から、今月の「株購入用資産」を海外通貨の購入に転用するものです。

 購入通貨は「豪ドル」で、リスク分散のために毎日一定額を20回に分けて購入していく予定です。
 毎日の購入額は2000豪ドル。25倍のレバを掛けているため、約7000円強の投入額となります。20回分で、延べ15万円程度の投入を予定しています。
 2000豪ドル×20回で、20日間掛けて延べ40000ドルを購入予定ですが、途中であっても一定のマイルールで売却(利確または損切り)を行うため、期間は変更となる可能性があります。
 現時点でスワップが1万通貨毎に毎日60円台ついているので、購入後に安全圏まで円安が定着→毎日240円、年間で8万円台の安定収入確保という流れを目論んでいます。
(現在の早期リタイア計画で、リタイア後の生活費が年間150万円~200万円で考えているので、この状況で年収8万円UP確保ができればかなり大きなプラス効果があります)


 前口上はこれくらいとして、早速今日から資金投下を開始しました。
 今日の購入分は、2000豪ドルを90.098円で購入でした。

 今後は、20日かけて買い終わった後で、安全圏まで円安になってくれる展開がベストなのですが……果たしてどうなるでしょうか。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

月曜に株買い戻しを発動します(都議選の結果から)

 金曜日の値動きを見て迷っていたのですが、ここ最近の株価推移+都議選の結果から判断した結果、月曜日に買い戻しを発動させる事にしました。

 今回の都議選は、参院選の結果をかなり強く示唆する内容であったと思います。少なくとも、「参院選までの上げ」自体が消し飛んでしまう可能性はなくなったと判断しました。今買えばとりあえず「参院選までの上げ」には乗れると見ています。

(ただし、参院選後の事はわかりませんし、海外要因での下げは十分あり得るので、相場展開には十分に注意して、危なければさっさと逃げたいと思います)


 最近の下げが始まってから持ち株の多くを売却し、「資産待避状態」でしたが、先週火曜日(11日)に「売却した株」のうちまずは1/3を買い戻し。その後何度か更なる買い戻しを検討しながらも見送っていました。
 次の月曜日に「売却した株」のうち更に1/3を買いもどす事により、株資産の持ち株資産は約45%から8割弱に上昇する事になります。


 さて、この判断がどう出るのか……まずは明日の相場展開を楽しみにしたいと思います。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

住民税を「自分で納付」にした筈なのに……2

(前回の日記)
 http://september11.blog.fc2.com/blog-entry-164.html

 前回の「住民税の通知書に株式譲渡益が書かれてしまっていた」件ですが、今後の参考にするために、より詳しく書いておきたいと思います。

 私は所謂「優待厨」で、優待好きが高じて去年からは「ふるさと納税」に手を出したのですが、結果的には「ふるさと納税」の影響で今回の事態となってしまいました。私と同じように優待だけでなく「ふるさと納税」もやっている方もいると思いますが、同じパターンに陥る可能性があるので、要注意……という参考になれば幸いです。


■前回のあらすじ
 確定申告の際に株式売却益は「普通徴収(自分で納付)」にした筈なのに、職場で渡された「住民税特別徴収税額通知書」に株式譲渡益が書かれていた

■どうしてこうなったのか?

 一言で言ってしまえば「普通徴収で別途支払いを行う住民税がマイナス額になったから」です。
 株式譲渡益等は、確定申告の際に「普通徴収(自分で納付)」にすると、この部分だけは後日別に普通徴収の用紙が送られて来て住民税を払う事になりますが、この額がマイナスになってしまうと、「マイナス額を支払う」事ができないので、強制的に「特別徴収(給料から天引き)」で合算されてしまうのです。
 具体的な事例を書いていきたいと思います(私自身の金額とはかなり異なります)。


・株式譲渡益……3%が住民税
 まず、株式譲渡益「普通徴収」で支払うのは、所得税7%、住民税3%です。
 このうち、所得税7%の方は確定申告の際に処理(納税または他と合算の結果還付)されており、残る3%を住民税として支払う事になります。
(平成25年までの増税前。また、別途「復興特別税」がありますが、こちらは所得税の方に掛かります)

 そのため、仮に株式譲渡益が100万円だった場合、確定申告時に所得税分の7万円を納税し、残り3万円が住民税となります。
 「普通徴収」にした場合、順当に行けば、この3万円の支払い伝票が後日送られて来る事になります。

 ここで問題になってくるのが、「ふるさと納税」の控除分です。


・ふるさと納税……控除対象はほとんど全て「住民税」から

 「ふるさと納税」を初めとする寄付金控除ですが、税金から以下の額が控除されます。
[住民税]
 A:(寄付金額-2000円)×10%
 B:(寄付金額-2000円)×(90%-限界税率)
    ※最大で住民税所得割の10%まで

[所得税]
 (寄付金額-2000円)×限界税率

 実際には税率等が個々で異なるので一概には言えませんが、「住民税所得割の10%程度までなら、寄付金-2000円が丸々戻ってくる」制度です。
 問題は、この「戻ってくる」還付金のほとんどが「住民税として帰ってくる」事です。
 上記に出てくる「限界税率」は、年収によりますが10%か20%の方が多いと思います。
 住民税として戻ってくる金額は、
「限界税率」が10%の場合…(寄付金-2000)×90%
「限界税率」が20%の場合…(寄付金-2000)×80%
 
 仮に年間5万円を寄付していた場合、限界税率10%の方の住民税の戻り分は
(50000-2000)×90%=43200円
 となります。


・還付分の方が大きくて「普通徴収」額がマイナスに→強制的に特別徴収で合算へ

 こうした場合、両者を比較すると、
 100万円の株式譲渡益で支払う住民税  …… 30000円
 5万円の「ふるさと納税」の住民税還付分 …… 43200円

 となり、普通徴収にした場合に支払うべき金額は、差し引きで「マイナス13200円」となります。

 そうなると「マイナス額を徴収する事ができない」ので、(たとえ確定申告時に「普通徴収」にチェックを入れたとしても)強制的に特別徴収(給料から天引き)側で合算されてしまうわけです。
 勿論、天引きで引かれる額には控除分が反映されており、「本来の天引き額」よりは下がるわけですが、天引き額の計算の根拠として税額通知書には株式譲渡益等の金額が全て書かれてしまう、というわけです。


■対策は……?

 そんなわけで、普通徴収額がマイナスになった場合は、強制的に特別徴収で「天引き」側に入れられてしまい、株式譲渡益等の金額が全て書かれてしまう仕組みになっていました。
 対策としては、「株式譲渡益」等をそもそも申告対象にしない、または「普通徴収額」をマイナスにしない事が上げられます。
 つまり、

1.株式口座を源泉有りの特定口座にする
2.株式譲渡益(譲渡益にかかる住民税額)を大きくする
3.ふるさと納税額を調整する/その他の還付金額を少なくする
4.仕事を辞める(天引き自体がなくなるので)

 ……あたりが考えられます。
 投資家?としては、株の利益を増大させてマイナスにならないレベルにまで譲渡税を上げるのが一番健全なパターンでしょうか。来年からは税金も倍になりますし、この方法としては(悪い意味で)有利にもなります。それに、この対策だけのために「ふるさと納税」額をセーブするのも不健全な感じがします。

 個人的に悩ましいのが、早期に源泉有りの特定口座に移行するかどうかです。
 この方式にした方が手間が掛からないのは承知していますし、(制度上、今の時点では)国民健康保険料計算時に「所得」に入らなくなる事が大きいので、早期リタイアを実行するまでには移行したいと思っています。
(株も源泉徴収に移すと、リタイア後における申告する所得がほぼゼロになるので、軽減処置も適用されて、国民健康保険料をかなり下げる事ができます)

 しかし、源泉あり口座の場合、税金(予定)額が先に口座から引かれる事になるので、購入余力の計算が面倒くさくなる(余力が足りなくなる不測の事態を招く可能性がある)ので、それが嫌でズルズルと先延ばしにしている状態です。
 とはいえ、ある程度リタイア時期も視野に入ってきましたし、余力の問題は税金分も考慮して口座に多めにお金を入れておけばいいだけの話なので、そろそろ源泉有りの特定口座への移行について、真剣に考えたいと思います。
 移行時期もよく考えないと、一般口座と特定口座の利益が混在してややこしくなるので、頭が痛いところです。年末頃に上手く動かないといけないので、今から慎重に作戦を練りたいと思います。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

株主優待:ケンコーマヨネーズから自社商品が届きました~

 ケンコーマヨネーズから自社商品が届きました~

■ケンコーマヨネーズ(銘柄コード2915 権利確定:3月末)
 自社商品(ドレッシング類詰め合わせ)

 100株以上 1000円相当(1000株以上で2500円相当に)
ケンコーマヨネーズ



 マヨネーズとドレッシング2本でした。
 マヨネーズと玉ねぎドレッシングはまだ使っていませんが、金ごまドレッシングはごまの風味が良くてなかなか美味しかったです。
 こうした食べ物系の優待を充実させて、ゆくゆくは優待のみで(金銭的なものではなくて食事的に)食べていける様になりたいですね。

 この銘柄とは23年秋からの付き合いで、優待は今回で2度目です。当時は500円台だった株価は現在800円台。最近の乱高下はありますが、この2年間右肩上がりを続けており、相性のいい銘柄でもあります。今後も引き続き良いお付き合いを続けたいものです。


 ケンコーマヨネーズさん、ありがとうございます~!!



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

わけがわからないよ(今日の相場 H25.6.21)


■今日の相場 H25.6.21 「仕込み期」……株資産の持ち株割合:45%弱

 今日の株式市場は、米国株の大幅安の流れを受けて、売り優勢の展開……だった筈なのですが、何故かじりじりと値を戻して午後にはまさかのプラス転換。終値は200円以上の値上がりとなりました。
 例によって「日経平均に関係する銘柄」中心の動きで、TOPIXやジャスダックは値の戻りが一歩遅く、プラス転換は午後の遅めの時間にはなりましたが、いずれにしても海外市場も軒並み値を落としている中で異常な上げでした。本当に最近の展開はわけがわかりません。

 私の持ち株や「売却した株」たちは、こうした展開で「値段が戻るのが間に合わなかった」感じで微妙にマイナスとなりました。



 ……さて、こんな展開で週末となったわけですが、問題は今後の株価の動きと、そして自分がどのような投資行動を取るべきかです。
 私個人としては、そろそろ「参院選を見越した上げ相場」が近づいていると考えており、都議選の結果次第では週明けにも始まると見ています。
 ここ最近の相場の妙な強さは、こうした流れが既に始まっているという見方もできるので、週末の米国株&為替や都議選の結果を見極めた上で、月曜からでも買い行動に動きたいところです。
 ただ、その反面、最近の相場は底堅くはあるのですが、明確には上がり始めていない、戻り局面に入っていないというか、上も押さえられている感じが見受けられます。そしてここ最近は「下げるべき場面で下がらなかった」のも気になります。
 要するに、「今後上がるだろう」という確信がなかなか持てない環境です。

 いろいろ悩みつつも、私の場合は最終的に自分で決めたマイルールに沿って行動する予定ですし、週明けにある程度上がるであろうと見た場合は買い戻しに動くと思います。
 できれば、最終的に決定した行動が正解であってくれればいいのですが……。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

買い戻し延期も状況に変化なし(今日の相場 H25.6.20)

■今日の相場 H25.6.20 「仕込み期」(上昇速度減少)→「仕込み期」に変化
 株資産の持ち株割合:45%弱


 今日の株式市場は、FOMCの影響および、それを受けて海外相場が軒並み安かった影響などもあり、約230円の値下がりとなりました。
 とはいえ、円安(ドル高)が同時に進行したことなどもあって、思ったよりも落ちなかったなといった印象です。


 私に関係のある株たち……持ち株、「売却した株」、そしてその内「今日買い戻すだった株」はいずれもほとんど変わりませんでした。日経が落ちた割には、総じて強い結果でした。

 今朝にFOMCの結果を見て、株の買い戻しを中止した(朝の6時という忙しい時間にコツコツと各銘柄の注文取り消しを出しまくった(笑))のですが、購入予定の株達は、終わってみれば昨日と比べてほとんど変わらない金額となっています。ちょっと拍子抜けの結果になりました。
 まあ、今日の日経値下がりでダメージを受ける可能性があった、というリスクを回避できたという意味では正解だったのかもしれませんが、今回の購入見送りが本当に正解だったのかは、将来、より安く買い戻せるかで決まってきます。今後の値動きに注目したいところです。


 さて、問題は今後どう動くかです。
 今のところ株安の流れが全世界で連動しているので、もうしばらくは株安の流れが続きそうですが、日本に関しては円安も同時進行で発生しているので、何とも言えません。
 そして、そろそろ参院選が近づいてきているので、参院選を意識した上げ相場が始まる時期も考慮しなければなりません。何とか上げ始める前に株を買い戻して「発車する前にバスに乗っておきたい」ところですが……。
 「いつから参院選上げが始まるか」はわかりませんが、今週末の都議選の結果次第では「参院選の結果を暗示させる」流れになる可能性が。その結果、上げ相場が来週頭から始まる可能性もありえると見ています。
 その事を考えれば、今の内にもう少し株資産の持ち株割合を上げておきたかったところですが、本日株価が値下がりした事で、マイルールにより明日も買い戻しは行わないので、このままの持ち株割合で週末を迎える事になります。

 相場の流れが読みにくくて不安な日々が続きますが、引き続き相場を注視して、適切なタイミングで行動できる様にしたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

FOMCの結果を見た(今日の相場 H25.6.20朝)

■今日の相場 H25.6.20 「仕込み期」(上昇速度減少)
 株資産の持ち株割合:45%弱


 朝起きて、FOMCの結果を見ました。
 う~む、どうしたものか……。

 相場だけ見ると、米国株安の反面、円安ですね。でも円安はたいしたレベルでは無いですし、ドル以外はむしろ円高っぽいですし……。
 正直、よくわかりません。
 日本の相場は果たしてどちらに動くでしょうか。


 今日は買い戻しを行う予定でしたが、ここ最近木曜日はずっと株価が落ちていますし、こんなよくわからない日に無理に動く必要はないので、買い注文は取り消して、一日様子を見たいと思います。
(上がるかもしれないけど、そのときは諦めよう……)



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

いよいよ反転攻勢の時! ※ただし、今夜のFOMC次第(今日の相場 H25.6.19)

■今日の相場 H25.6.19 「仕込み期」(上昇速度減少)
 株資産の持ち株割合:45%弱

 今日の株式市場は、買い戻しが入ったのか終始高めに推移、終値は237円高となりました。
 私の持ち株、「売却した株」共に値上がり。先週月曜日に買い戻した株たちも、ついに今日の時点で黒字化しました。


 そして、今日の値上がりもあって、明日からはチャート診断が再び「仕込み期」に戻る予定。つまり、買い戻しのタイミングとなります。
 最近の値下がりで値幅も結構取れましたし、ある程度底打ち感があるので下値も限られていると考えられます。ベストではないにしても、買い戻しにはかなり適切なタイミングではないでしょうか。明日から株を買い戻したいと思います。
 いよいよ、株を本格的に買い戻して全力に戻し、値上がりを期待する反転攻勢のターンとなります。

 ……と言いつつ、実際のところは今夜に発表されるFOMCの結果次第でしょうか。無事に通過すれば明確に再上昇局面に入ると思いますし、悪ければ一段安があると思われます。結果次第で、実際に買い戻しを行うか判断したいと思います。
 この文章を書いている時点でやや円高に振れていますし、日経先物もやや安値側ではありますが、これもFOMC次第で大きく動くと思われます。


 さすがに結果を寝ずに待っているつもりはないので、とりあえず買い注文だけ出しておいて、明朝に起きてからFOMCの結果次第で動く(悪ければ買い注文取り消し)形となります。
 当面の相場の趨勢を決める大事な一夜となりそうですし、展開に注目したいと思います。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

もう少し相場を様子見(今日の相場 H25.6.18)

■今日の相場 H25.6.18 「仕込み期」→「仕込み期」(上昇速度減少)に変化
 株資産の持ち株割合:45%弱

 今日の株式市場は、前場は上げ下げが交錯する感じでしたが、午後からは13000円を境に殴り合う流れとなり、最終的には微妙に下がってほぼ13000円といった結果でした。TOPIXやジャスダックは上がりましたが、積極的な売り買いを控える展開だったと言えそうです。やはり、方向性が定まって動き出すのはFOMC後となりそうです。

 私の持ち株ですが、日経平均が横ばいだった割に、持っている株は結構上がり、「売却した株」はほとんど変わらず……と、自分にとっては比較的都合の良い展開でした。
 しかし、最終的に重要なのは長期的な風に乗れるかなので、引き続き相場の動きに注目したいところです。

 うちの相場診断ですが、今日は(判断対象にしているTOPIXが)上がったのですが、チャートが横ばいに近くなってきた事もあり、「上昇速度減少」に変化しました。このまま上がっていくのか怪しい、との判断なので、当面はこれ以上の買い足しは行わずに様子見する形になります。
 もしFOMC後に相場が上に向かうのであれば、今のタイミングで買うのがベストなのですが、逆方向に向かう可能性もありますし、難しいところです。今後の可能性を考えると、持ち株割合45%というのはまあそれなりですし、とりあえずは当面相場の要素見に徹したいと思います。





 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

底打ちっぽいけど様子見(今日の相場 H25.6.17)

■今日の相場 H25.6.17 「仕込み期」……株資産の持ち株割合:45%弱

 週明けの株式市場は、朝方は安く始まりましたが、その後じりじりと値を上げて最終的には350円近くの値上がりとなりました。

 私の持ち株、「売却した株」共にそれなりに値上がりしています。


 予想していたよりも強い相場で、底打ちかも…と思わせる動きでしたが、果たしてどうでしょうか。「仕込み期」+平均株価が上がったということで、マイルール上は、明日は買い戻しを行う(売った株の1/3程度を買い戻すので、70%程度まで持ち株比率が上がる)事になります。
 でも、ここ最近のリバウンドが微妙に小さかった事もあって、うちのチャート診断上は明日かなり株価が上昇しない限り、明日から「上昇速度減少」(再度落ち始める危険性がある)との判定に変わるんですよね……。
 先週の月曜日には(結果からすれば)騙し上げに引っかかって購入してしまいましたし、本当に買い戻したものか、判断に悩むところです。

 悩ましいところですが、とりあえず明日は買い戻しは行わずに、相場の趨勢が決定して、明確に底打ちして上昇したと判断してから買い戻す予定です。
 まあ、火~水曜日にはFOMCがありますし、遠からず一定の判断を下せるのではないかと思っています。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

住民税を「自分で納付」にした筈なのに……

■「住民税特別徴収税額通知書」に「株式譲渡益」が書かれていた……

 今週、職場で「住民税特別徴収税額通知書」を渡されました。
 いつものように「年々給料が下がっていくな~」と笑いながら(笑い事ではないのですが)見ていたのですが、ふと見ると、妙なところに妙な数字が……

「株式等の譲渡 ○○円」

 えええ~っ!?

 幸いにも現在の勤務先が大人数の職場で、更に経理担当が今年異動されてきた方だった(まだそれほど周囲と親しいわけではない)ので、特に会話もなく事務的に渡されて終わり、それ以上は何事もありませんでした。
 しかし、職場環境次第ではより少人数の所謂「アットホームな職場」で、経理担当がスピーカーだったり「お局さま」だったりすると、あっという間に職場中に広がってしまいます。
 株式は副業扱いではないので、別に問題無いと言えば問題無いのですが、「株をやっていること」「前年度に○○円の黒字だったこと」などが職場に知られて得する事などは何もありません。

 ここに株式譲渡益が記載されてしまうと見られる恐れがあるのは判っていたので、確定申告の際に「普通徴収(自分で納付)」にした筈なのに、思いっきり去年の株売却利益が記載されています。どうしてこんな事に……。

 もしかしたら「普通徴収(自分で納付)」にし忘れている可能性もあると考えて、帰宅後に改めて確定申告時の資料を確認しましたが、やっぱり間違いなく「普通徴収(自分で納付)」にチェックを入れて申告しています。


■「特別徴収(天引き)」にされてしまうカラクリ

 これは、役所(税務署)の処理ミスなのでしょうか。

 ……と思っていろいろ調べると、実は「普通徴収(自分で納付)」にしても今回の様に特別徴収(天引き)されてしまうパターンもある事がわかりました。
 他の所得の赤字や還付などがあって、住民税が減額されるような場合、「マイナス額を徴収」する事ができない関係上、「自分で納付」にチェックして申告しても、普通徴収で分離処理されずに強制的に「特別徴収(天引き)」として調整される様なのです。で、特別徴収(天引き)の数字の根拠となっている株式譲渡益についても記載されてしまう……というわけです。


 で、去年にこの手の「住民税が減税される」様な行動をした覚えがあるかと言えば……ありました。
 「ふるさと納税」に手を出していたのです。
 確かに、「ふるさと納税」については、住民税から減税されるので、おそらくはこれが影響しているのではないかと思います。
(株式譲渡税を相殺してマイナスになるほどかと言えば、微妙な線なのですが……)


 今回記載されていたのは去年の株式譲渡益ですが、来年に記載されるであろう「今年の株式譲渡益」は今のところ去年の倍近くもあります(最近は株価が下げているので、今後年末までに利益が吹き飛ぶ可能性もありますが(笑))。たまたま今回はスルーされて助かりましたが、もしこれを職場の人に見られると、あらぬ勘繰りを招きそうです。
 当面の対策としては、「ふるさと納税をしない」あたりが考えられますが、医療費などが発生して他の控除要因が発生する可能性もありますし、抜本的な対策とは言えない感じがします。

 源泉有り特定口座への移行は、早期リタイアを決行する頃に進めればいいかと思っていましたが、できれば来年の取引からは特定口座に出来る様に移行作業を早めたいと思います。

 後の問題は今年分の対策をどうするかですが、この為だけに楽しみにしていた「ふるさと納税」を止めるのも何ですし、悩ましいところです。果たしてどうしたものか、もうしばらく考えてみたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


来週で下げ止まるか(金曜の相場 H25.6.14)

 日記の始めに、嬉しいニュース(というか、勘違いが判明しただけですが)から。
 昨日の日記で、「持ち株が含み損に転落した」と書いていたのですが、これは計算ミスによるもので、実はまだ赤字化していなかった事が判明しました。
 持ち株の内、「鉄人化計画」が13日に1:200の株式分割を行ったのですが、この分が反映されていなかった事が原因でした(12→13日で、見た目上、98000円→475円になっていた)。

 そんなわけで、ひとまず黒字は確保されていたわけですが……金曜は日経平均が上がったのに持ち株は値下がりしましたし、週明けの相場も怪しげなので、単に寿命が数日延びただけかもしれません。


■金曜の相場 H25.6.14 「仕込み期」……株資産の持ち株割合:45%弱

 金曜日の株式市場は、木曜日のリバウンドなどもあって240円ほどの値上がりとなりました。TOPIXやジャスダックも上げ率では劣るものの値上がりした、筈だったのですが……。
 自分の持ち株は何故か値下がり。中でも、今週月曜に買い戻した株達の値下がりが酷く、折角(計算ミスの修正で)黒字に戻ったにもかかわらず、ほぼ赤字ギリギリのところまで値下がりしてしまいました。
 「売却した株」たちも相場全体とは裏腹にほぼ横ばいで、自分の持ち株関係は総じて弱い結果になりました。


 「仕込み期」でなおかつ金曜日に値上がりしたので、マイルールでは週明けの月曜日に更に持ち株の買い戻しをする予定でした。が、思った以上に相場が弱い感触だったので、どうすべきか悩んでいました。
 その後、金曜夜の米国株が値下がり、そして為替円高に振れていますし、日経先物もやや値下がり側に振れて終わっています。週明けは値下がりする可能性が高いので、持ち株の買い戻しは行わずに様子見に徹したいと思います。
 月曜に値下がりした場合、チャート診断でも「仕込み期」ながら減速に転じる判定に変わり、その場合は株の購入は行わない形になります。当分はこれ以上買い増さずに相場の落ち着きを待つ形になりそうです。
 そうなると、返す返すも失策だったのは、今週月曜日に「売った株」の1/3を買い戻して、持ち株率を45%まで高めてしまった事です。全力でないだけマシだとは言えますが、買い戻しを見送って「資産待避モード」のままでいれば、心安らかに最近の株価値下がりを眺める事ができていた筈なのですが……。

 相場系の重要イベントが来週前半に集中しているので、ここを無事に通過できれば、相場が落ち着きを取り戻す可能性があると思います。もう暫く様子を見たいですね。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

ほんぎゃあああ……13日の木曜日(今日の相場 H25.6.13)

 ほんぎゃあああああああああ!
 暴落キタあああ!!

■今日の相場 H25.6.13 「仕込み期」……株資産の持ち株割合:45%弱

 今日の株式市場は、米国株や円高の進行などもあり、朝方から断続的に下げ、840円もの大幅下落となりました。
 これで、日経平均ではついに「異次元緩和」前の水準まで下がった形になりました。どうやら世界的にリスク回避の流れが続いている様で、どこが底になるのかは判らない感じです。来週にはFOMCがありますし、そのあたりまでは方向性が定まらないのかもしれません。

 私の持ち株ですが、当然ながら持ち株、「売却した株」ともに大きく下げました。
 「売却した株」が下がるのは将来買い戻した時の含み益となるのでいいのですが、問題は持ち株も大きく下げた事です。
 月曜日に一部を買い戻したために持ち株割合が45%程に上がっていた事が災いしてしまい、結構大きな下げダメージを受ける形になってしまいました。
 今日の下げで、持ち株はついに含み損に。含み損に転落したのは、2月以来です。ううむ、どうしたものか……。



 株価が「異次元緩和」前の水準まで下がったという事で、自分も当時(4月4日)当時と資産額を比べてみましたが……ほぼ同じでした。
 つまり、今回の一連の下げで資産をほぼ失わなかった反面、前半の上げで利益を得ることもできなかったという事を示します。
 異次元緩和初期の時点で持ち株割合を大幅に減らしていたので、上げの初動に乗れなかった事と、今回の暴落初期は逃げられずにまともにダメージを受けた事が影響している感じです。
 その反面、下げの途中段階から持ち株割合を減らしたので、途中からはダメージは比較的軽微で済みました。「山の頂上」では全力だった割に収支トントンで済んでいるというのは、リスク回避型の投資スタイルで助かったとも言えるかもしれません。去年末から休みなく上がった事で「ずっと手放さずに持ち続ける」スタイルを取って、今回大ダメージを受けた方も多いと思いますし……。


 問題は今後、適切な投資行動ができるかです。
 月曜日の上げにつられて、一部を買い戻したのが、今から考えれば大悪手となってしまいました。持ち株割合が45%まで高まっているので、(全力で持ち続けていたよりはマシとは言え)下げのダメージも45%は受ける形になっています。今のところはダメージは軽めですが、下げがいつまで続くかによっては痛みも増してきそうです。
 今からでも手放すべきなのかもしれませんが、マイルールではまだまだ「仕込み期」ですし、なかなか動きづらいです。逆に、マイルール上は今後株価が上がった日には買い戻しを続ける事になるのですが、今週月曜の様な騙し上げであるパターンも十分にあり得ます。
 とりあえずどこで下げ止まるかが鍵となってきそうなので、引き続き相場の動きには注意したいと思います。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

読めない展開(今日の相場 H25.6.12)

 きょうはなにもないすばらしい一日だった。

■今日の相場 H25.6.12 「仕込み期」……株資産の持ち株割合:45%弱

 今日の株式市場は、終値だけで言えば、冒頭の一言通りの一日でした。
 株価は前日とほとんど変わらず。私の持ち株も、売却した株も、日経平均株価と同じく、微減といった感じでした。


 しかし、問題は、終値までの値動きです。
 朝方は前日の米国株&為替の流れを受けて安く始まり、一時は13000円を割り込む流れもありましたが、後場からどんどん上がっていき、一時はプラス転換もあったという展開でした。
 底打ちを感じさせる流れではあるのですが、下値余地がまだあるという展開でもあります。
 とはいえ、今日もドル円が95円台まで下がってもこのラインで持ちこたえましたし、何となく13000円が当面の底値として認識されてきた感があります。問題はここから再上昇に転じるかですね。
 どちらに転ぶのかはわかりませんが、株資産の半分弱を投入している現状のリスクの掛け方は、まあ妥当かなと思っています。ここからよりリスクを掛けていくか、再び手を引くかが問題ですが……。


 今日の相場が下げたという事もあり、明日もこれ以上の買い戻しは行わず、相場を眺める一日となる予定です。今週末にかけて、ある程度の方向性が出てくれれば行動しやすくなるのですが……。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

買い戻したのは選択ミスだったか!?(今日の相場 H25.6.11)

 ううっ、この動きは……

■今日の相場 H25.6.11 「下降期」(下降速度減少)→「仕込み期」に変化
 株資産の持ち株割合:1割弱(資産待避状態)→45%弱に買い増し


 今日の株式市場は朝方は横横でしたが、午後になって下げる展開となり。最終的には200円程度の下落となりました。とはいえ、TOPIXはそれほど下げず、ジャスダックは上昇したりとまちまちの展開で、微妙には下げが優勢ながらも横横に近い感じといったところでしょうか。
 昨日の反動が予想された割には比較的強めの展開で、これは相場の底固めの一環となる一日だったのではないでしょうか。

 ……という感触でした。夕方に為替が円高になり、そして先物が落ち始めるまでは……。


 私の持ち株の方なのですが、うちのチャート診断で、今日から底打ちから上昇に転じる「仕込み期」に転換しました。どうすべきか悩んだのですが、最終的には、予定通り買い戻しを始める事として、今日は売却した株の約1/3を再購入しました。

 売った時よりも結構安い値段で買い戻せましたし、株価も今日の値動きでもほぼ買値と同水準で推移しており、今後上がっていく可能性を考えれば上々の展開、かと思われたのですが……。

 相場が閉まってから、夕方に為替が急速に円高に。更に先物も値下がりしており、明日は結構大きな値下がりが予想されそうです。昨日の明けが元で買い戻したわけですが、今日~明日の値下がりでほぼ打ち消してしまいそうですね。これは今回の買い戻しは失敗だったかなぁ……。
 1/3ずつ買い戻す形でリスク分散しているとはいえ、今日の買い戻し自体を見送るのが正解だった感じがします。
 最終的にどの行動が正解なのかについては、明日の下げ以降に相場がどう動くか次第ではありますが、当分は不安定な相場が続きそうですし、何とも言えない感じです。

 今日値下がりした事もあるので、当面はこれ以上の買い戻しは中止として、相場の動きを見極めたいと思います。





 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

買い戻しすべきか!?(今日の相場 H25.6.10)

 な ん だ こ れ は … …

■今日の相場 H25.6.10 「下降期」(下降速度減少)
 株資産の持ち株割合:1割弱(資産待避状態)

 今日の相場は、今年最大の値上がり幅となりました。
 週末の展開から、ある程度の上げは想定していましたが、ここまで一方的な上昇になるとは思いませんでした。

 私の「売却した株」たちも大幅に値上がり。今のところまだかなりの含み益ではありますが、この勢いで値上がりが続くと、あと2日ほどでプラス転換(買い戻す立場から見れば赤字化)する事になります。
 とはいえ、「今買い戻せば黒字」という事でもあるので、どう行動すべきか難しい状況なってきました。

 今日の動きもあって、うちのチャート診断では、明日から「仕込み期」(再上昇期)に入る見込みです。うちの診断上では、「これで底入れして今後は上昇する」との判定になります。
 この診断が出た以上、明日(今晩の注文)から順次買い戻していく事になります。今晩の米国株&為替次第ではありますが、「売却した株」の買い戻し注文を出す予定です。
(例によって、リスク分散のために3日間に分けて購入するので、各日で「売った株」の1/3ずつ購入予定です)

 個人的には、いかにも明日の寄りあたりまでは高くて、そこからは下げ戻しが来そうな感じもするのですが……。
 とりあえず、今晩の米国&為替相場を見てから、どう行動するか考えたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

株主優待:中京医薬品からカレーが届きました~

 中京医薬品から自社製品(カレー)が届きました~

■中京医薬品(銘柄コード4558 権利確定 3月末)
 100株以上 1000円相当の自社製品
(300/500/1000/5000株で金額アップ)

中京医薬品


 会社名から何かの薬が来ることが予想されましたが、実際には何故かカレーが送られてきました。
 薬の場合は人を選びます(人によっては全然必要ない薬である可能性もある)し、こうした食べ物系というのもいいのではないでしょうか。

 「薬屋さんが処方した美味しいカレー」という事で、身体に良さそうな成分がいろいろ入っているようです。どんな味なのか、今から楽しみです。

 http://9383.jp/curry.html

 中京医薬品の優待は、これで2年目となっており、調べて見ると去年も同じ内容の優待だった様です。去年には臨時で(確か株主総会でバタバタしたお詫びとして)爪切りセットもいただいており、便利に使わせてもらいっています。
 そんなわけで、去年もカレーを貰った筈なのですが、何故か去年に優待カレーを食べた記憶がありません。いつの間にか家族の食卓に並んでいたのかもしれませんが……。今年はいつの食卓に並ぶのかリサーチして、しっかり味わいたいと思います。


 この「中京医薬品」さんの優待ですが、現時点では一旦お別れ状態になっています。(3月権利確定後の)4月初期に売却→その後値上がりして買い戻しできないまま現在に至っている「手放してしまった」優待銘柄となっているのです。
 最近の暴落で結構値段が落ちてきていますし、配当利回り次第では今後買い戻す事もあるかもしれません。また縁があれば買い戻したいと思います。


 中京医薬品さん、ありがとうございます~!!



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ヒャッハーー! (今日も)暴落だぁ!(金曜の相場 H25.6.7)

 ヒャッハー!
 暴落キタあああ!!
 売った株たちが爆益だあああ!!

■金曜の相場 H25.6.7 「下降期」(下降速度減少)
 株資産の持ち株割合:1割弱(資産待避状態)


 金曜の株式市場は、円高が進行した割には下げ幅は小さい展開が続き、午後からは上げに転じる場面もありました。引けではマイナスでしたが、朝に予想されたよりはかなり小さなマイナス幅でした。
 しかし、例によって下げ幅が小さかったのは日経平均だけで、TOPIXは大きな下げ、ジャスダックは更に大きな下げ。そして、各銘柄は大半が下げました。

 私の持ち株も大幅に下落。「売却した株」たちも昨日に続けて大きく値下がりしており、含み益(売った時の値段との差額)も未曾有の大きさになっています。
 この利益を確定できれば、手元にはかなり大量の現金が残る事になります。私は毎月給料から一定額を株新規購入用の資金として投入しているのですが、これだけ現金が増えれば、当分は給料からの繰り入れが必要なくなりそうです。

 後は実際にどこで買い戻して、この「含み益」を無事に利益に変える事ができるかが鍵となります。買い遅れてしまうのも問題ですし、買い戻しのタイミングが早すぎると、せっかく逃げ切った筈の暴落に巻き込まれてしまう事になります。今後の相場の動きに注目したいと思います。


 金曜日夜には米国株が上昇、為替も円安(と言っても97円台ですが)に戻しているので、とりあえず月曜は上げそうですね。しかし、その後も完全に上げ相場に戻るのかと言えば怪しいです。金曜日にSQもありますし、当面は神経質な展開になりそうです。
 とはいえ、このあたりで一旦の底打ちとなる可能性は十分にあると思いますので、相場の動きには十分に気をつけて、適切な行動が取れる様にしたいと思います。

 ……それにしても、金曜日の米国株が上げた理由が「雇用統計があまり改善しなかったので、量的緩和の縮小が早期に実施されるとの警戒感が和らいだため」って無茶苦茶ですね。こんな理由で上げ下げされると、どう動くのか全く読めないです……。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

ヒャッハー! (今度こそ)暴落だぁ!(今日の相場 H25.6.6)

 ヒャッハー!
 暴落キタあああ!!
 売った株たちが爆益だあああ!!


■今日の相場 H25.6.6 「下降期」(下降速度減少)
 株資産の持ち株割合:1割弱(資産待避状態)

 今日の株式市場は、一進一退の展開が続きましたが、引け前に垂れて、最終的には約100円の下落となりました。
 ここ最近の下げ相場ですが、これまで暴落の翌日は(値幅は小さいにしても)反発するパターンが続いてきましたが、今回はついに二日連続の下落となりました。TOPIXの下げは更に大きいですし、ジャスダックに至っては5%以上も下げています。
 米国株や為替次第ではありますが、これは相場の流れの趨勢を決める一日だったかもしれません。

 私の「売った株」ですが、ついに今日は大幅に下落してくれました。「売った時の価格」との差額もこれまでの運用で最大の幅になっています。この差額が、売った株たちを買い戻した時に現金として手元に残る=自分の運用における「真の確定利益」となるので、今から買い戻す日が楽しみです。

 しかし、現時点ではこれは単なる「含み益」にすぎません。このまま「売った時」よりも株価が安く推移して、無事に安く買い戻せた時にようやく確定する利益です。4月始めの時も結構大きな「売りでの含み益」がありましたが、「黒田バズーカ」に全て吹き飛ばされてしまいました。同じ展開にならない様、相場反転の兆候には十分に注意したいと思います。
 そして、今の段階ではむしろ「買い戻した後に更に下がる」事の方がより恐いです。今の荒れ相場が落ち着いて、安心して買い戻せる環境がいつ来るのか、慎重に見極めたいと思います。



 それにしても、どうも最近の主戦場は日経平均になっていて、世間の目に映る数字を変えるために一部の銘柄で壮絶な殴り合いが繰り広げられている様ですが、日経平均の下げ幅が少ない割に全体の銘柄数では下げた方が圧倒的に大きいですし、相場の流れや趨勢を判断するには全く役立たないですね。
 私の毎日の「相場チャート診断」は日経平均ではなくTOPIXでやっているのですが、TOPIXですら実際の「相場の実感」とは合わないと感じる事が増えてきました。正しく相場の流れを掴む為にも、どの数字で判断するべきか考えるべき時に来ているのかもしれません。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

ヒャッハー! 暴落だ! の筈が……(今日の相場 H25.6.5)

 ヒャッハー!
 暴落キタあああ!!
 売った株たちが爆益だあああ!!


 ……の筈だったのですが……


■今日の相場 H25.6.5 「下降期」(下降速度減少)
 株資産の持ち株割合:1割弱(資産待避状態)

 今日の日経平均株価は午後から一気に反落して500円以上の暴落。13000円ギリギリのところまで下がりました。
 午前中は横横だったのですが、午後からいきなり来ましたね。「成長戦略第3弾」に対する期待感で午前中持ちこたえていたのが、新鮮みが無かった事もあって失望売りで一気にズルッと落ちた感じでしょうか。
 この「成長戦略第3弾」は、今後値上がりに転じる可能性があった大きな要素の一つでしたが、不発のまま消えた形になりました。今後の相場はどうなってしまうのでしょうか。


 私の持ち株、というより「売却した株」は、今日の下げで一気に値下がりして大儲け(実際には買い戻した時の差額予定なので、この言い回しはおかしいですが)だった筈なのですが……実際にはある程度は下がったものの、日経平均の値下がりと比べるとかなり小さな幅でした。
 逆に、日経平均が横横だった昼休みにチェックした時にはかなり値上がりしていた状態で、むしろ、「値上がりしてしまっていた筈が、今日の暴落で何とか救われた」様な恰好になっています。

 今後も株価は不安定な動きが続きそうですし、当面は更に値下がりする可能性が高いとは思いますが、自分の持ち株関係は妙に強い感じなので、買い戻すタイミングには気をつけたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

謎の株式市場反転上昇(今日の相場 H25.6.4)

■今日の相場 H25.6.4 「下降期」→「下降期」(下降速度減少)に変化
 株資産の持ち株割合:1割弱(資産待避状態)

 今日の株式市場は反転して300円弱の上昇でした。おかしい…まさかこんなに上がるとは……予想外です。
 昨日の時点で、1ドルが100円を切る→一気に加速して99円を切るあたりまで円高進行→狼狽売りで更に株安……という流れを予想していて、為替についてはほぼ読みが当たった(といっても、昨日の日記を書いてから1時間も経たずに100円切るとは思っていませんでしたが)のですが、まさかこの状況で株が上がるとは思いませんでした。
 確かに米国株は上がっていましたが、どう見ても為替の100円切りショックの方が大きいと思っていたのですが……。


 自分の株ですが、持ち株、「売却した株」共に日経平均ほどは上がらなかった感じでした。「売却した株」はまだまだ十分に売った時よりも安く買い戻せる圏内ではあります。
 資産待避状態という事で、個人的には当面は株価が下がってくれた方がいいのですが、今日が予想外に強かった事もあって、今後どう動くのかが読みづらいですね。
 うちのチャート診断では今日の時点で「下降速度減少」には変わりましたが、ここから株の買い戻しに向かう形に変わるまではもう暫く掛かりそうな感じです。
 今日の上げが下落途中の自律反発なのか、それとも上げ相場に転換しつつあるのか。何とか流れを見極めて、無事に「売却した株」をより安く買い戻したいところです。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

株資産の待避完了(今日の相場 H25.6.3)

■今日の相場 H25.6.3 「下降期」
 株資産の持ち株割合:約1/3→1割弱に減少(継続保有株以外、全売却完了)

 今日の株式市場は、先物の弱さを引きずる形で軟調でした。午後からは下げ幅を拡大する形となり、最終的には今年3番目の下げ幅となりました。「今年3番目の下げ幅」と言いつつ、1~2番目の下げ幅というのも最近の一連の下げ相場での出来事ですし、たまったものではないですね。


 今日は、先週末の予定通り、持ち株のうち売らずに残っていた1/3を寄りで売却しました。寄りの時点で結構下がっていたので一定のダメージはありましたが、それでも結果的には今日の暴落に巻き込まれる前に逃げ切れた形となりました。
 これで、約10%弱の継続保有銘柄(優待で長期保有特典がある銘柄+権利確定が近い銘柄)を除き、全ての株の売却が完了しました。

 売却した株たちは4月初期から保有していた株で、概ねまだ利益が残っている状態で売却できたのですが、5月に入ってから最後におまけで購入した「5月権利確定銘柄」たちは、買った直後から最近の下げに巻き込まれてしまいました。予算が余ったことから普段買わない買い方をしたのですが、高い授業料になってしまいました。
 奥に「小津産業」の下げ幅の大きなこと……(泣) 高いトイレットペーパー(優待品)代金となってしまいました。恐らく、届くであろうトイレットペーパーには、金箔でも使われているのではないでしょうか(笑)


 ともあれ、これで現状で売却可能な株は全て売却完了。後は、今後どこで買い戻すかが焦点となります。
 今日の値下がりで、本日売却分も含めた「売った株」たちは既にかなり売った水準よりも安くなっています。今後これらを買い戻した場合、差額分の現金が手元に残る事になります。私の売買スタイルの場合、この「差額分の現金」こそが真の運用益となるため、できればこの機会にできるだけ下がってくれた方が嬉しいのですが、今後の相場や経済を考えると、どこかで下げ止まってくれないと不安の方が大きいです。

 最近の相場自体の方向性もありますし、何と言っても「1ドル100円を切って、狼狽売りで雪崩の様に相場が下がる」というイベントがまだ未消化です。
 勿論、100円を切るだけでも影響は大きいですし、前に100円を突破した時の状況を考えると、為替自体も狼狽売りで更に1円程度円高が一気に進むと想定されるので、このイベントが発生した時の影響はかなり大きいと思われます。
 政府や日銀も何らかの手を打つとは思いますし、時間が経つ毎に参院選が意識されるので、いずれは上向きに戻るとは思いますが、当分は下がるのではないかと思われます。
 当面は、株式資産を待避した現在の状態で、どこまで下がるのかを見極める日々が続きそうです。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

株主優待:各種優待券が届きました~

 いろいろと優待券が届きましたので、3件まとめて紹介します。

■東栄住宅(銘柄コード8875 権利確定 1月末)
 100株以上 JCBギフトカード 2000円分
(500株以上で3000円、1000株以上で5000円相当にグレードアップ)


■ビッグカメラ(銘柄コード3048 権利確定 2月/8月末) ※今回は2月分
 1株以上 買い物優待券 2000円分
(以下、5、10、100株以上で額面増加。8月にも優待有り+長期保有で追加有り)

■ANAホールディングス(銘柄コード9202 権利確定 3月/9月末) ※今回は3月分
 1000株以上 株主優待券(搭乗料金50%引) 1枚 + グループ優待券等
(株数により枚数変化)

優待券×3


 東栄住宅はこれで2年目となります。
 JCBギフトカードは様々なところで使えるのでいいですね。百貨店も勿論ですが、地下街でも使えるので重宝しています。
 昨年から上がり調子の銘柄で、比較的運用の相性もいいですし、配当も比較的良好なので、今後も活躍してくれればと思います。

 ビッグカメラはうちの配当株では最古参に近い銘柄です。平成21年から、ビッグカメラ本体系と、子会社のソフマップから交換された系統で2株を保有しています。
 購入初期は虚偽記載問題やらで監理銘柄に指定されていた時期で株価が安く、約20000円での購入で、今から考えるとかなり美味しい買い物でした。
 上記では「買い物優待券2000円分」となっていますが、秋の分も合わせると3000円。2年以上の長期保有で2000円追加されるので、年間では5000円分の買い物券が貰えます。20000円で買った事を考えると、4年で元が取れる事になります。私の場合、ソフマップから交換された分もあるので回収率はやや低くなっていますが、それでも現時点で投資原価の50%以上を優待で回収できている株主孝行な銘柄です。
 長期優待特典もありますし、買ったときよりも倍以上に上がっていますので、今後も基本的には売却せずに持ち続ける予定です。

 ANAの半額券は株主優待としてかなり有名なものでしたが、今年が初めての取得となります。最近は格安航空会社なども出てきましたが、飛行機代が半分になるというのはかなり大きいですね。
 どこかへの旅行に自分で使うか、それとも売却するかは今後じっくりと考えたいと思います。

 東栄住宅さん、ビッグカメラさん、そして全日空さん、ありがとうございます~



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

金曜の選択ミスと来週の相場考察(金曜の相場 H25.5.31)

■金曜の相場 H25.5.31 「減速期」→「下降期」に変化
 株資産の持ち株割合:約1/3

 金曜日の相場は、前日の大幅下げの自律反発などもあり、日経平均で約180円程度の値上がりとなりました。

 今日の値上がり自体は予想通りで、この動きを読んで、予定していた株の売却を中止したのは正しい戦略だった、筈だったのですが……。「売る予定だった」株たちのこの日の値上がり幅はごく僅かで、ほぼ変わらずと言ってもいい状態でした。
 相場全体についても、期待していたよりも値上がり幅が小さかったですし、その後の夜間に米国株や為替、日経先物あたりが軒並み悪い方向に動いているので、週明けの相場は間違いなく下がると思われます。
 持ち株の売却を一日遅らせた割に値上がりの恩恵はありませんでしたし、週明けの値下がりリスクだけが高まる形になってしまいました。う~ん、戦略をミスったなぁ……。


 今後の行動ですが、改めて月曜の寄りで持ち株の売却を行いたいと思います。月曜朝からある程度下げそうではありますが、できればダメージを最低限に押さえて逃げ切りたいところです。
 戦略をミスったものの、既に持ち株の2/3は売却済みである事が救いでしょうか。月曜に売却が完了すれば、(残りは最低限の長期保有銘柄だけになるので)持ち株比率は10%を切り、ほぼキャッシュに換え終わる事になります。

 ここ最近の動きは一時的な調整かと思われましたが、どうも完全に「潮目が変わった」可能性も考えなければいけないと思います。私のチャート診断でも、金曜の時点で久しぶりに「下降期」に転換しました。
 為替も円高に振れていますし、ここまで下がると一旦1ドル100円を切る→雪崩の様に株が下がる……という流れも想定に入れなければならないと思います。もし発生すれば、最近の上げ相場と円安の流れの一旦終了を象徴づける出来事になります。そして、そんな先ではなく、月曜日に発生する可能性も十分にあり得ます。


 最近の下げで、参院選までは相場が上がり続けるであろう、と言った雰囲気は完全に霧散しました。
 それだけではなく、今後の展開次第では、
・全体的、長期的な株価上昇の流れ
・株価上昇に裏付けられていたアベノミクスや政権への評価
・既に織り込まれている筈の参院選での自民党大勝と、それを前提とした株価上昇

 政府や日銀の対策次第ですが、これらにまで影響してくる可能性も十分にあると思います。
(というより、今回の下げ相場は、こうした流れを作る事を目的に仕掛けられていると思います)

 月曜で持ち株はほぼ売却が完了することになりますが、次にいつ買い戻すのかは、タイミングを間違えない様に、相場の流れを見ながら慎重に見極めたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

プロフィール

ながつき

Author:ながつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者
各バナー等
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
リンク(リンクフリーです)
検索フォーム
QRコード
QR