リバウンドもそろそろ限界か(今日の相場 H27.8.31)

■今日の相場 H27.8.31 「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+21.0%→+21.7% / 「売却中の株」…売値から-4.6%→-4.1%

 週明けとなる今日の株式市場でしたが、朝方から値を下げる展開となり245円の下落となりました。
 ただ、日経平均やTOPIXは下がったもののジャスダックは逆行高。相場全体の銘柄数でも上げ下げほぼ互角であったりと、全面安とは言い切れない感じでした。指数は下げつつも、小型株系の方はまだリバウンドが続いている感じでしょうか。
 私の持ち株についても逆行高となっています。


 とはいえ、私の場合はこの乱高下の中で取引をするつもりはないので、当面の値動きよりも、より先での落ちついた先での株価が問題となります。
 暴落やそのリバウンド、そして今日から始まった?更なる反動安…といった動きは問題ではありません。バンジージャンプ後に上下に跳ねている動きよりも、(飛び降りた時の)「ゴム(紐)の長さ」…動きが落ちついた後の水準の方が重要です。
 その「落ちついた水準」は昨日にも書きましたが、今のところ概ね予想に近い「19000円弱」っぽい感じで推移しているのではないかと見ています。

 ただ、その「落ちついた水準」も事態の推移で変動するので、更に難しいところです。明日から9月となり、FOMCや日銀会合が着実に迫ってくるので、水準への影響が大きくなってくると思われます。果たしてここからどう動くのか。引き続き資産退避状態のまま観察していきたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを77.541円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
スポンサーサイト

リバウンド後のここからが問題(週末の相場 H27.8.30)

■今日の相場 H27.8.28 「下降期」
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+18.1%→+21.0% / 「売却中の株」…売値から-6.5%→-4.6%

 金曜日の株式市場は引き続きリバウンドが続き、560円もの上昇となりました。

 私の持ち株関係も引き続き上昇。一見、持ち株の「買値から+20%」が景気よく映りますが、ほぼ資産退避状態になっているため、実際には「売却中の株」が上がっている幅の方が大きいです。
 いずれ安く買い戻せるのでは…という幅がどんどん小さくなって来て焦るところですが、まだまだ買い戻すには怖いところです。

 この手の暴落局面では、今回の様な極端な下げ→リバウンドで大きな戻しが発生する事はよくある事です。
 暴落初動の「底」がどこなのかはともかく、底を打って戻し始めてから買い戻すなど、この動きに乗って値幅を取る事は十分可能だと思いますが、私の場合は短期買いスタイルではないので、こうした場面には参加せず、より先で買い戻す事を考慮しつつ、当面の「落ち着きどころはどこなのか」を考える事となります。

 個人的には当面の「落ち着きどころ」は19000円弱あたりだと考えています。
 その意味では、金曜日の19000を少し越えたところまで上がる→ただし、金曜夜の米国株が下がる…あたりまでは予想通りの展開でした。ただ、金曜夜で思った以上に円安に戻しましたので、週明けはもう少し上まで行くかもしれません。
 いずれにしても、このあたりでそろそろ戻しは限界で再度落ちる→その後は(個別の値動きや値幅までは判りませんが)上下を繰り返しながら次第に「落ち着きどころ」(19000円近辺)に収束する→次のイベント(日銀会合やFOMC本番、または予感させる動き)まではこの水準で継続…あたりが、9月前半あたりまでの展開かと考えています。



 私の計画としては、少なくとも9月前半、日銀会合やFOMCを通過するまでは買い戻さずに様子見です。ただし、9月権利銘柄が多数あるので、9月末までは(一時的には)買い戻すつもりです。

 買い戻しのタイミング判断するために重要な点は、9月下旬の株価がどうなのか。そして「落ち着きどころ」がどうなのか…となります。
 それはつまり、日銀会合(追加緩和有無)やFOMC(米利上げ)、中国経済その他の海外情勢によるわけですが、どうなるのかは今のところ全く判りません。
 ある程度明らかになるイベントがあれば別ですが、当面は引き続き資産退避状態…ほぼノーポジで様子見、観察を続けたいと考えています。



■今日のFX
 3000NZドルを77.839円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

当面の戻りでどこまで上がるのか(今日の相場 H27.8.27)

■今日の相場 H27.8.27 「下降期」→「下降期」(下降速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+15.9%→+18.1% / 「売却中の株」…売値から-7.6%→-6.5%

 今日の株式市場は、前夜の米国株爆上げや堅調な上海株などの効果から上昇しました。私の持ち株関係もじりじりと戻しつつあります。
 ただ、米国株が爆上げだった割に、国内株は引けに掛けて上げ幅を縮小して200円弱の上昇となっています。そもそも底打ちからの自律的なリバウンドも頂上に近いといったところでしょうか。
 ただ、引け後の上海株が大きく上げましたし、ドル円も120円を回復しています。とりあえず明日も引き続き上げそうな感じですね。

 うちのチャート診断でも売りサインが消滅しましたし、もう暫くすれば買い戻しを考えてもいいのかもしれませんが、タイミングが難しいところです。
 底打ちっぽいとは言え、別に何か問題が解決したわけでもありません。個人的にはリバウンドが落ちついた後の「安定する水準」は19000円弱あたりだと見ていますし、下落前の20000円回復まではいかないと考えています。という事は「売却中の株」が売値よりも高くなってしまう可能性は低そうですし、じっくりと考えたいと思います。

 いずれにしても、次回の日銀会合やFOMC(米利上げ実施がどうなるか)まで様子を見ないと、怖くて動けません。ここで買い戻せば短期ではプラスになるかもしれませんが、上がったところでガケから突き落とされる危険は冒せません。
 「一番底での買い」のチャンスは逃してしまう事になりますが、もう2~3週間くらい…少なくとも日銀会合やFOMCまでは買い戻さずに様子を見たいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを77.688円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

引き続き不安定な相場(今日の相場 H27.8.26)

■今日の相場 H27.8.26 「下降期」
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+12.2%→+15.9% / 「売却中の株」…売値から-9.9%→-7.6%


 今日の株式市場は、午前はほぼ前日並でしたが、午後から一気に上昇。570円高となりました。私の持ち株関係もある程度上がっています。
 570円上昇というのは今年最大の上げ幅らしいのですが、ここ最近の落ち幅が大きすぎた事もあり、全くそんな印象は無く「昨日ほどは戻らなかったな」といった感じです。
 上がった理由である上海株上昇も一時的なもので、引けでは結局下げています。この日記を書いている時点では米国株先物も日経先物も上昇していますが、昨夜の米国株の乱高下などもあり、現時点での上下は全くアテになりません。
 果たして明日の相場は、そして相場の落ち着きどころはどうなるのでしょうか。



■今日のFX
 3000NZドルを77.734円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

地獄の乱高下!!(今日の相場 H27.8.25)

■今日の相場 H27.8.25 「下降期」
 株資産の持ち株割合 約19%→約7%(8月権利銘柄売却。資産退避状態)
 持ち株…買値から-1.3%→+12.2% / 「売却中の株」…売値から-8.3%→-9.9%

※持ち株売却(損切り)実施…年初からの売買利益 +2.7%→+0.6%

 今日の株式市場は、前夜の米国市場大荒れの影響が続いた事もあり、約800円安→約300円高→約700円安と強烈な往復ビンタ展開となりました。
 午後には一気に切り返してプラスとなり、さすがにここで一旦底打ちかと思われたのですが、最後にたたき落とされる展開となりました。
 夜になって中国が追加金融緩和(利下げ)を発表。その影響かドル円は120円回復、先物も大幅高になっていますが、今日の展開を見てしまうと、正直言ってこの時間帯でどれだけ高かろうが信用できません。
 そもそも明日700円上昇しても、ようやく「今日の開始水準まで戻った」に過ぎませんし、少なくとも明日以降の上海市場が完全に底打ちするっぽい状況になるまでは怖くて動けない状況が続きそうです。


■ポジションをほぼ全て始末してさっぱり

 私の方ですが、昨夜の米国市場の1000ドル安や、一時戻すも結局600ドル近く下がった値動きを見て、「次回以降から適用しようと思っていた新マイルール」である、

・緊急退避時は、当月権利銘柄(今回は8月銘柄)も売却する
・(FX)買値から一定(2円)以上下がったポジションは直ちに売る(損切りする)

を直ちに適用、今日の朝に売却行動を実施しました。
(新マイルールを適用する際に「次回から」にしているのは、コロコロとその都度マイルールの考え方を変えるのは「ブレる」事で良くないからなのですが、今回はそんな悠長な事を言っていたら死ぬ、と判断しました)
 今日売却した8月権利銘柄は明日が権利日です。何となく明日は上がりそうな雰囲気ですが、明後日にどうなるかわからない(明後日に暴落する可能性も十分ある)ので、買い戻さずに権利はスルーするつもりです。


 これで持ち株は(減速売買せずに持ち続ける)長期保有銘柄のみになりました。
 そしてFXの方に至っては、逆指値が発動した分も合わせて、NZドルの保有ポジションが一気にゼロに。一部(昔の安い時代に仕込んだ)豪ドルが少し残っていますが、きれいさっぱりポジションが無くなってしまいました(笑)
 一定のダメージは残りましたが、過去のプラス分と相殺されて戦力は十分残せましたので、また改めて(今度は下落ダメージを適切に避けられる様にしながら)一からゆっくりとポジションを再構築していきたいと思います。


 今日の売却対応でほぼノーポジとなりました。
 「売却した株」の下落幅(後日安く買い戻せる額)はほぼ10%に達し、額面では過去の5.23ショック時を上回っています。
 ノーポジになったので今後は暴落しても高見の見物に。そして今後はどの時点で買い戻すかが焦点となります。

 一時的にリバウンドしたとしても、来月のFOMCや日銀会合で悪い方向に転んだ場合、更なる崩落が発生する事になるため、その前に買い戻すのは危険だと考えています。
 とりあえず今日の中国追加緩和で下落が止まるのか。そして来月のFOMCや日銀会合までに明確に風向きを戻す何らかの対応が打たれるのかに注目しています。


■今日のFX
 3000NZドルを78.684円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

ここまで事態悪化とは…方針転換で逃げる!(今日の相場 H27.8.24-2)

■今日の相場 H27.8.24 「下降期」
 株資産の持ち株割合 約19%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+3.9%→-1.3% / 「売却中の株」…売値から-3.5%→-8.3%


 先ほど開始された米国市場が一時1000ドル以上下落。為替も更に暴落。当然ながら日経先物も暴落と、大変な事になっています。

 ここまで事態が悪化してしまうと、もはや「優待権利まであと2日」とか「ここからの下落は授業料」とか言っている場合ではないので、やっぱり方針転換して、8月権利銘柄(持ち株の約11%相当)を直ちに(明日の寄りで)手放します。
 明日がセリクラで、結果的に寄り底で売ってしまう可能性もありますが、その場合は仕方ないかと思います。
 権利日が水曜なので、水曜に買い戻すかどうか。買い戻す場合は「寄り買い」か「引け買い」かなどについては、明日の値動きを見て考えたいと思います。


 FXについても10時頃の崩落で、安全だと思っていた「下で仕込んでいた」ポジションが(買値より少し上に設定していた逆指値が発動して)大幅に吹き飛んでしまいました。おかげで維持率は結構回復しましたが、かなり「1から仕込み直す」に近い状況になりそうです。これは明日の日記で書きたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

ブラックマンデー到来(今日の相場 H27.8.24)

■今日の相場 H27.8.24 「下降期」
 株資産の持ち株割合 約19%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+3.9%→-1.3% / 「売却中の株」…売値から-3.5%→-8.3%


 ブラマンキター---------!!!!
 もうダメだぁ、おしまいだぁ……

 リバウンドの兆しすら見せない約900円安。更に円高も進行と文句の付けようのないブラックマンデーです。
 問題はこのブラマンが単発ではなくて、ブラックフライデーに続いての二連発。そして更に明日も続きそうな事です。いったいどうなってしまうのでしょうか…。

 私自身はほぼ資産退避済みで持ち株率は2割未満なのですが、その状況ですら今日の下げは痛かったです。

 ドラゴンボールとかのバトルもので言えば、
「強敵の攻撃を辛うじて、かすっただけでかわした」
 ↓
「かわしたけど、当たった部分(肘から先とか片腕とか)が吹き飛ばされた」
 ↓
「逸れた攻撃が当たった後方の山とか街が、爆発で消し飛んだ」
 ……といった状況です。

 山とか街とかに残っていて(株を持ったままで)吹き飛んだ人々の事は置いといて、まずはダメージを受けた自分自身が助かる事を考えなければなりません。

 このダメージを受けているのは「持ち株をまだ2割残している」からに他なりません。この多くが8月権利銘柄なのですが、早めに逃げておかなかったのは大失敗でした。
 今日の下げで持ち株は昨年10月以来となる含み損になってしまいました。以前から長期保有し、基本的に持ち続けている長期優待株たちが大幅黒字で数字を押し上げているので、それを帳消しにして含み損になるのは余程の出来事です。これも全て8月権利銘柄が大幅マイナスとなったせいです。
 売らなかったのは「権利日が近いから」なのですが、今回の様な緊急退避時には、権利日が近かろうがさっさと売るべきだった様です。
 マイルールは次回から変更するとして、問題は今回ですね。ここからでも売るべきなのかも知れませんが、権利まであと2日間なので悩ましいところです。今のところ今回は授業料と割り切って、あと2日間の値動きを見極めるつもりです。


 今後の対応としては、基本は既に退避済みなので、上記の「8月権利銘柄を権利確定後の木曜日に売る」以外にできる事はありません。その後はポジションが1割未満に下がり、高見の見物ができる状況になります。
 「売却中の株」の売値からの差額(後日「安く買い戻せる」幅)は着実に育っているので、引き続き状況の推移を見極めたいと思います。


※今日は帰宅が遅かった+下記のFX対応をしつつ日記書き等で消耗してしまったので、今後の株価推移についての検討や、いただいたコメントへの回答等は明日以降にさせていただきたいと思います。


■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残41+7+37=85発)
 NZドルのうち7発分に逆指値発動→売却。後日再装填予定。
 維持率低下による緊急売却発動(90.718円-88.601円 延べ37発分)

 今日の下げで維持率が200%を切ったため「緊急売却」を発動。「維持率が250%を回復するまで続けて売却」を実施しました。維持率は残っているものの、マイルール上では「ロスカット」となってしまいました。
 今日の売却で(今年分は)大幅赤字に転落。更にNZドルの保有高はほぼ半減してしまいました。マイルールによる資産保持がある程度は機能したため、まだまだ「退場」ではない事が救いでしょうか。
 いずれ落ちついたところから、改めて長い時間を掛けて仕込み直しとなります。ううむ、残念…。
 今回は損切りが遅かった面があるので、マイルールを見直してまた出直したいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

リバウンドも底打ちも無し!地獄のブラックマンデーへ(週末の相場 H27.8.23)

■今日の相場 H27.8.21 「減速期」→「下降期」に転換
 株資産の持ち株割合 約19%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+6.2%→+3.9% / 「売却中の株」…売値から-1.6%→-3.5%


 金曜の株式市場は20000円をあっさり割り込み、約600円の暴落となりました。前日の米国市場が約360ドル下落した事を嫌気した形でしょうか。
 私の持ち株関係も大幅に下落しています。
 そしてその後、金曜夜の米国市場は更に500ドル以上下落。日経先物も450円以上下落して19000円を切る勢いです。円高も進行していますし、少なくとも月曜寄りに大幅下落することは間違いなさそうです。

 私の感想としては(ここ数日同じことばかり書いていますが)こんな感じでしょうか。

・暴落前に逃げておいて良かった(現在の持ち株割合は約2割です)
・でも、もっとポジションを減らしておけば良かった。残している分の下落も結構痛い
・26日(水)の確定日を過ぎれば8月権利株を手放して更にポジションを下げられる(1割未満まで下がる)ので、それまでは本格下落は待って欲しかった(けどもう手遅れ)

■どこまで落ちるのか?

 今回の下落は中国経済減速懸念なのですが、中国ネタ自体はいきなり爆発したわけではなく、前々から言われていました。
 上海株大幅下落に加えて売却禁止や元切り下げの様々な怪しげな対応、そして天津大爆発まで、相場の下落のきっかけとなる材料には事欠かなかったのですが、株式市場に関してはなぜか「不発」が続いていました。それがここにきていきなり爆発したわけですが、正直なぜこのタイミングでの発動となったのかよくわかりません。
 私の場合は人民元切下が起きた時点で退避発動→いまいち不発っぽいも、様子見で買い戻しを伸ばしていたので暴落発生から「たまたま逃げられた」のですが、安心して買い戻した途端に今回の暴落に巻き込まれてしまった方も多いのではないでしょうか。


 ともあれ、こうして大幅下落が始まった以上、「どこまで落ちるのか」「底打ちはいつか」が焦点となってきます。
 日経が落ち始めた月曜日(17日)終値→金曜夜を比較すると、落ち幅はこんな感じです。

日本(日経平均) 20620 → 19435( 5.74%) ※金曜終値
日本(日経平均) 20620 → 18975( 7.97%) ※月曜日に先物水準まで落ちた場合

米国(ダウ平均) 17545 → 16459( 6.18%)
独国(DAX)    10940 → 10124( 7.45%)
露国(RTS)    824.5 → 764.1( 7.32%)
中国(上海総合)  3993 →  3507(12.17%)

 「落ち始め」をどのポイントに置くか(今回の様に17日にするか、それとも最近の最高値にするか等)によって見える数字や考え方も変わってきますが、海外と比べれば日本の(金曜時点の)株価は「まだ落ち足り無い」感じなので、やはり一定以上の下落はすると考えられます。
 ただし、月曜に先物の値である19000円を切るところまで落ちた場合、当面は「欧米の落ち具合」を越えるので、寄り底から微妙にリバウンドする可能性もありそうです。
 ただ、上海と比べれば「全然落ち足りない」のが問題です。各国の相場が中国経済とどれだけ関係しているのかによって影響や落ち幅も違ってくるのでしょうけど、どちらかと言えば欧米よりも日本の方が影響は大きそうですし……。


 そして上記の予想は、あくまでも1日レベルの短期での話であり、今回の減速懸念事態における「落ち着きどころ」がどこまでなのかとは別問題です。中国経済だけではなく、
・日本のGDPがマイナス(欧州もマイナス)
・米国が利上げするかも
・ギリシャ情勢(総選挙)
・原油価格下落

 などの不安材料があります。更に(下落のとどめになる可能性がある一方)反転上昇のきっかけとなる余地があるFOMCや日銀政策会合までかなり間があるので、緊急で政治的な対策会議でも開催されればともかく、反転する題材がこれといって無い事が大きな問題です。

 そもそもここ最近、実体経済が今ひとつに感じられていたのに株が上がり続けていた側面があります。こうした「違和感のある上げ」が解消された場合の影響も怖いです。

 そして、上記の下落幅はかなり大きいのですが、数年に一度起きるレベルでの大暴落に比べればまだまだ小さいですし、アベノミクス後だけでも5.23ショックや数度発生した暴落に比べれば今回はまだ全然落ちていません。
 当面の「底」も、反転する時期やタイミング、長期的にどこまで落ちるのかについても全く予想がつきません。



 私自身は今回の暴落から概ね逃げ切った事もあるので、落ちつくまで様子を見るしかありません。
 個人的な当面のテーマは「8月権利銘柄を(権利確定後に)少しでも軽いダメージで売却する」事です。
 暴落が始まってしまったので、今さら逃げても手遅れなのですが…せめて木曜までに一時的なリバウンドが発生して、上手く乗る事ができればと願っています。



■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残40+1=41発)
 維持率低下による防衛売却発動(90.792円)


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

(金曜だけど)ブラックマンデーが来る!?(今日の相場 H27.8.21前)

 おはぎゃああああああああ!!!
 朝起きて海外相場をチェックしたら……。
 何じゃこりゃああああ!!!

 何でこんなに落ちているのでしょうか。
 中国経済減速懸念らしいですが、これまで度々あった上海株暴落時には、ここまで敏感には反応していなかった感じがします。いったい何が起きようとしているのでしょうか。

 この日記を書いている6時前の時点でNYダウは約360ドル(2%)下落、日経先物は400円(2.5%)以上下げています。
 本当に先物と同じだけ落ちるかはわかりませんし、寄り底で回復する可能性はありますが、少なくとも朝方は大きく下げて始まる事になりそうです。


 私個人としては、既に持ち株はほぼ売却済みで「逃げ終わっている」のですが、一部手持ちで残している株の大半が8月権利銘柄(確定日が26日)なので、できればもうしばらく(権利確定まであと4日だけ)は本格的に暴落せずに粘って貰いたいところです。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

ついに下落ムード入りか(今日の相場 H27.8.20)

■今日の相場 H27.8.20 「減速期」
 株資産の持ち株割合 約19%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+7.4%→+6.2% / 「売却中の株」…売値から-0.6%→-1.6%


 昨日の日記では「上がるかも…」と書いていたのですが、やはり素人の予想は当たらないもので、今日の株式市場は下落しました。
 米消費者物価指数は微妙でしたし、FOMC議事録についても(もう来月に迫っている筈なのに)利上げに関する情報は無くハト派的。
 上がるパターンかと思われましたが、戻ったところでたたき落とすパターンで下落しました。やはり中国経済懸念でしょうか。

 そして今日の相場も何だか妙な値動きで、朝方から下落も、午後に謎の上げが入ってプラス転換が入るも、上海株安などもあってたたき落とされるという感じでの189円安。チャートを見ると「ナイアガラが2回あった」様な感じでした。何なんだこの値動きは……。
 最終的には大きく続落。徐々に円高に振れていますし、日経先物も安め。そして当分上がるネタもなさそうな感じです。正直、もはや日銀追加緩和くらいしか無さそうですが、次回の会合は4週間も先ですし、直後に「9月のFOMC」が控えていますので、ここでの反転も微妙な感じです。
 このまま明日にも2万円台を切り、しばらく低空飛行となる可能性が高いのではないでしょうか。

 この展開は資産退避状態の私にとっては望ましい展開ではあるのですが、持ち株率を下げているとはいえ、保有株の下落も微妙に痛くなってきています。
 贅沢を言えば、下げ基調は構わないのですが、8月権利銘柄を売り抜けるまで(権利日は来週水曜)は小さめの下げで頑張って欲しいところです。ここを過ぎれば残り保有株の2/3程度が売却できて、持ち株率を10%未満まで下げて、それこそ下落相場を高見の見物できるのですが……。


■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残39+1=40発)
 維持率低下による防衛売却発動(90.827円)




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

大幅下落も、明日は上がるっぽい?(今日の相場 H27.8.19)

■今日の相場 H27.8.19 「上昇期」(上昇速度低下)→「減速期」に転換
 株資産の持ち株割合 約19%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+8.4%→+7.4% / 「売却中の株」…売値から+0.7%→-0.6%

 今日の株式市場は、午後から上海株が大幅に下落した事もあって暴落。300円以上の下落となりました。
 私の持ち株関係も大幅に下落しており、「売却中の株」たちも久々にマイナス(売った値段より安い)になっています。

 うちのチャート診断でも今日の時点で売りサインを示す「減速期」に転換しました。売りサインといいつつ、もう退避し終わっているので、現状これ以上売却できる持ち株はないですが……。
 資産退避状態という事もあり、このまま下落基調を期待したいところですが、引け後の上海株が一気に回復してプラス転換しています。
 そして、先ほど発表された米国の各指標(消費者物価指数)は微妙な感じでしたが、相場は好感しているようで日経先物はプラス圏内で推移しています。明日は上がりそうな感じですね。このまま底打ちになるのでしょうか。

 ただ、今日については深夜に発表されるFOMC議事録で利上げに関する思惑がどうなるかで結果が大きく異なります。結局は明日朝に起きてみないとわからない感じです。
 現在の資産退避状態から買い戻しに動くべきタイミングは、果たしていつ頃になるのでしょうか。



■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残40-1=39発)
 3000NZドルを81.811円 で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

微妙な一日だったが、明日(特に上海)はどうか(今日の相場 H27.8.18)

■今日の相場 H27.8.18 「上昇期」→「上昇期」(上昇速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約19%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+8.0%→+8.4% / 「売却中の株」…売値から+0.7%→+0.7%


 今日の株式市場は、昨夜の米国株が堅調だった事から上げて始まりましたが、昼前から失速、マイナス転換して相場を終えています。
 私の持ち株は、ほとんど値動きがありませんでした。
 やや利確売りが優勢かな…というところで上海株が下げだして影響が出た感じでしょうか。上海株については3時以降に更に下がり続け、最終的には6%以上下げています。

 その影響もあってか、先物も微妙に安くなっているので明日も下げそうな感じでしょうか。ただ、昨夜もこんな調子でしたが米国株が一気にプラス転換した事もあるので、やはり明日朝起きて確認してみないと何とも言えません。そして、明日の上海相場も気がかりなところです。

 いずれにしても、うちのチャート診断では今日の時点で買いサインが消滅しましたので、次に「上げそう」と感じるまでは買い戻さずに様子見となります。その時が何時になるかは判りませんが、できればそれまでは下げて欲しいところですし、買った後には上がると感じさせる状況が早めに来て欲しいなと思います。


■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残40-1+1=40発)
 3000NZドルを81.720円 で購入。
 維持率低下による防衛売却発動(90.843円)




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

GDPマイナスも逆行高!?(今日の相場 H27.8.17)

■今日の相場 H27.8.17 「上昇期」
 株資産の持ち株割合 約19%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+7.9%→+8.0% / 「売却中の株」…売値から+0.1%→+0.7%


 今日の開始前にGDPが発表されました。4-6月期が-1.6%。マイナスではありましたが、予想よりはマシという微妙な結果になっています。
 株式市場は「思ったよりも良かった」と好感して上昇。資産退避状態の私にとっては残念な結果になっています。ただ、後場では失速する場面もあり最終的には微妙な上げ幅で終わっています。

 GDPも通過した事ですし、そろそろ買い戻してもいいのかも知れませんが、まだ19日にはFOMC議事録や米消費者物価の発表が控えています。このあたりを通過するまでは様子見を続ける予定なので、買い戻しに入るのは早くても金曜日あたりかなと思っています。
 その後どうするかですが…うちのチャート診断では明日の時点で買いサインが消滅(失速の可能性)するので、判断に悩むところです。マイルール通りで言えば、再度買いサインが点灯するまでは現状を継続する事になるので、買い戻しまでの期間は思ったよりも長くなるかもしれません。


■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残39+1=40発)
 維持率低下による防衛売却発動(90.990円)




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

G・D・P!G・D・P!(週末の相場 H27.8.16)

■今日の相場 H27.8.14 「上昇期」
 株資産の持ち株割合 約21%→約19%(一部銘柄売却、資産退避状態)
 持ち株…買値から+6.6%→+7.9% / 「売却中の株」…売値から+0.0%→+0.1%

※持ち株売却(損切り)実施…年初からの売買利益 +2.9%→+2.7%


 金曜日の株式市場は微下げ、そして米国相場は微上げで推移しました。
 私の方は、緊急退避状態継続という事で、金曜に持ち株の一部を更に売却。これで保有株のうち対象株は全て売却して資産退避状態という事になりました。
 実際に売った株が下がったのかどうか…で言えば、今のところ「引き分け」というところです。
 ただ、人民元の切り下げ+上海株混乱継続を避けるための行動だっただけに、何となく情勢が落ちついてしまった現状を考えれば、「空振りに終わった」っぽい点から今回も外れだった気がします。
 中国情勢については、これからも切り下げや暴落がいつ発生するかは判りませんが、正直それは「いつも通りにもどっただけ」なのが難しいところです。だからこそ、上手く爆発した瞬間には退避しておきたかったのですが……
(爆発と言えば、天津の爆発がここまでの規模だった事についてはまだ相場に織り込まれていない筈なので、月曜以降にどんな影響になるのかは注目しています)


 週明けの展開ですが、まずは何と言っても月曜のGDP発表でしょうか。
 マイナス数値という悪い内容が想定されており、そうなれば相場は下げるはずです。今回の緊急退避はこの影響を避ける事も考えてのものでした。
 ただ、「実はGDPが良かった」「悪くても織り込み済みで上がる」あたりの展開も予想されます。
 また、19日にはFOMC議事録や米消費者物価の発表があり、利上げについての情勢を決定づける事になりそうです。

 ともに、下げそうな材料ではありますが、逆行高要素となる可能性も十分。また、海外情勢を除けば、国内株は基本的には強いと見ているので判断が難しいところです。
 今回私がとった緊急退避が正解だったのか、それともまた空振りで踏み上げられるのかはこのあたりまで様子を見れば答えが出るかと思います。次の週末あたりには買い戻すかどうかを決めたいところです。まずは月曜開始前のGDPを見たいところですね。



■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残38+1=39発)
 維持率低下による防衛売却発動(91.053円)




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

緊急退避発動!果たして結果は…(今日の相場 H27.8.13)

■今日の相場 H27.8.13 「上昇期」
 株資産の持ち株割合 約99%→約21%(ほぼ資産退避状態)
 持ち株…買値から+1.8%→+6.6% / 「売却中の株」…売値から-5.2%→+0.0%

※持ち株売却(利確)実施…年初からの売買利益 +2.7%→+2.9%
■■緊急退避発動(通算2回目)■■

(帰宅が遅かったので、今日の日記はほぼ結果のみの簡略版です。今回の資産退避の総括については、週末に改めて書きたいと思います)

 人民元切り下げ対策で「緊急退避」を発動させたわけですが、今日の時点では、私の持ち株は結果的には「上がりも下がりもしていない」状態になっています。
 今日も切り下げがあったわけですが打ち止めが示唆されている事、昨夜の米国株で大幅安から底打ち、今日の日経もほぼ前日比変わらずから開始された事などが影響した感じです。

 何となく人民元関係は収束しそうですが、今週末~来週頭に何が起きるかわかりませんし、来週頭のGDP発表で下げそうな事を考えれば、まぁ資産退避でもいいかなといったところです。
 今日は思った以上に相場全体が上げたイメージがありますが、明日はその分の反動で下げそうな感じもしますし、引き続き様子見を続けたいと思います。



■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残37+1=38発)
 維持率低下による防衛売却発動(91.190円)




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

全部売れ!緊急退避発動します!これはヤバい……(今日の相場 H27.8.12)

■今日の相場 H27.8.12 「上昇期」
 株資産の持ち株割合 約99%(ほぼ全力買い)
 持ち株…買値から+2.5%→+1.8% / 「売却中の株」…売値から-6.0%→-5.2%

 朝方は下落するものの、最近の底堅さから回復する…と期待していた今日の株式市場でしたが、まさかの2日連続人民元切り下げが発動した結果、一転して大幅な下げとなりました。終わってみれば300円以上の下落。一時は下げ幅が400を越えるなど、大混乱の一日となりました。
 私の持ち株は、保有株に好決算でストップ高になった「アプライド」が入っていた効果でダメージは軽減されたものの、やっぱり下がっています。ほぼ全力買いに戻した直後だけに非常に痛いです。

 今日の下落は何と言っても「2日連続人民元切り下げ」なわけですが、これは完全に想定外の展開でした。私自身は、切り下げは株価対策の1発ネタだと考えていましたし、もし追加で切り下げるにしても、相場の反応を見るために一定期間様子を見ると思っていました。
 こうなると、直近でも「明日も切り下げ」の可能性がありますし、危惧していた「中国も通貨安競争に参戦」の可能性を真剣に考えなければいけません。
 そうなると、株価下落可能性として考えられていた爆買い減速によるインバウンド系の失速。そして中国経済だけでなく世界全体の景気構造の変化も考えられます。
 近日発表される「戦後70年談話」の文言が多少気に入らなかったからとしても、日本で売られている品物の値段は変わりませんし、彼らの「爆買い」の根本に影響するわけではありませんが、今回の事象は根本を揺るがす可能性があります。それだけに深刻です。

・完全に予想外に2日連続で行われた→今後も続く可能性がある
・本格的に人民元切り下げによる通貨安競争に発展する可能性
・その根本にある中国経済の不安が更に顕在化する可能性
・更に、来週頭には悪いと予想されるGDP発表がある

 こうした事を鑑みた結果、明日の時点で(マイルールとは関係なく緊急で)持ち株のほとんどを一気に売却する「緊急退避」(持ち株緊急売却)を発動させる事としました。
 長期保有銘柄と8月権利銘柄を除く持ち株の約8割を一気に売却。ほぼ資産退避状態に一気に移行します。
 この「緊急退避」は6月末にギリシャ情勢が悪化した際に発動させて以来で、2度目となります。正直、数年に一度しか無いだろうと思っていたのですが、まさか2ヶ月も経たずに2度目が来るとは……。
 この「緊急退避」が上手くいくかはわかりません。前回は最終的にギリシャ情勢好転で踏み上げられましたし、今回も、明日の寄りで安く売却→10時過ぎに切り下げが無かった事を確認して一気に値を戻すという往復ビンタパターンになる可能性も結構高いと考えられます。
 ただ、GDP発表も不安ですし、想定外の事態が進行しているので、一旦「降りて」じっくり事態の推移を確認したいと思います。とりあえず最低でも来週中盤あたりまでは様子を見て、そこで堅調であれば買い戻せばいいかなと思っています。





■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残38-1=37発)
 3000NZドルを82.202円 で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

高値掴み、やっちゃった……(今日の相場 H27.8.11)

■今日の相場 H27.8.11 「減速期」(下降速度低下)→「上昇期」に転換
 株資産の持ち株割合 約81%→約99%(買い戻し実施、ほぼ全力買いに)
 持ち株…買値から+3.5%→+2.5% / 「売却中の株」…売値から-0.7%→-6.0%


 前日に堅調だった米国株や為替などから上昇が期待された本日の株式市場でしたが……確かに朝方は高値で推移しましたが、昼前に発表された人民元切り下げのニュースで一気にマイナス転換してしまいました。
 引けに掛けて下げ幅を縮小していますし、持ち株への被害も限定的だったのですが……。何と言っても今日は買い戻しをした株達が、結果的にジャンピングキャッチで高値掴みになってしまった事が大誤算でした。
 昨日の時点では、今回こそは売った時よりも安く買い戻せるかな~と期待していたのですが、朝方の大幅上昇で残念ながら高値寄りでわずかながらプラスになってしまいました。正直、昨夜の米国株がここまで上がる事自体が誤算だったわけですが、更に昼前の人民元切り下げによる叩き落としを食らう始末。一日延期しておけばよかったです。
 手数料調整の関係で、ごく一部だけ買い戻さずに残しているので結果は確定していませんが、これまでの買い戻し分の差額を考えると、残念ながら今回も「売った時よりも安く買い戻し」は達成できない見通しです。残念です……。


 さて、問題は今後の展開です。
 今日の下げの原因である「人民元切り下げ」が相場対策の一発ネタであればいいのですが、もし更に切り下げが実施されるのであれば、それは「中国も通貨安競争に参加」する事を意味します。もしなればここまでのあらゆる前提が変わってきます。円安を前提とした爆買いから、国際競争力にまで影響する重大事象です。
 しばらくは追加切り下げは無いとは見ていますし、今回の下げもほどなく回復すると考えていますが、もしも「2発目」があるようであれば、その時は一旦全力で撤退した方が良さそうな感じがします。

 いずれにしても今日は下げたので、明日は下手に動かずに様子見に徹したいと思います。反転上昇するようであれば買い足し、下落基調となれば改めて売却して逃げる感じで考えています。




■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残37+1=38発)
 維持率低下による防衛売却発動(91.239円)



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

意外な強さで更に上昇!全力買いに復帰へ(今日の相場 H27.8.10)

■今日の相場 H27.8.10 「減速期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約81%
 持ち株…買値から+2.6%→+3.5% / 「売却中の株」…売値から-0.1%→-0.7%


 雇用統計後の冴えない米国株&円高っぽい状況から下がると思われていた週明けの株式市場ですが、朝方の約100円安からじりじりと上がり続け、84円の上昇で相場を終えています。
 上海株の上昇やじりじりと円安にもどった事などが効いていた感じでしょうか。思った以上に強い展開でした。
 私の持ち株もしっかり上昇。そして「売却中の株」の方は逆に下落するという、時々しか無い理想的な展開になってくれています。

 さて今後ですが、日経平均の年初来高値までもう100円もないところまで来ており、これ以上の上昇力があるのかが当面の鍵となります。ただ、TOPIXは既に最高値を突破していますし、それほど気にする必要は無いのではないかと考えています。明日で(それほど騒がれずに)原発も再稼働しますし、とりあえずは上昇展開が期待できそうです。

 うちのチャート診断でも、明日の時点で改めて買いサインが点灯する見込みとなりました。(今夜の米国株や先物が爆下げした場合は延期しますが)一時売却していた株を明日買い戻したいと思います。今のところ売値から1%弱下がっているので、今回は何とか売値より安めで買い戻せそうな感じです。
 問題はここから更に先でどう動くかです。全力買いに戻ったところで大きな下げが来てしまえばダメージも最大になります。来週頭のGDP発表が特に危険な感じがしますが、果たして無事に通過できるのでしょうか。



■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残38-1=37発)
 3000NZドルを81.972円 で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

雇用統計の影響はどうなる!?(週末の相場 H27.8.9)

■今日の相場 H27.8.7 「減速期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約81%
 持ち株…買値から+2.7%→+2.6% / 「売却中の株」…売値から+0.3%→-0.1%


 金曜の株式市場は朝方は安かったものの、後場から値を戻してプラス転換。60円の上昇で相場を終えています。
 海外市場が軟調なわりには好調ではあるのですが、相場全体では下げた株の方が優勢になっており、ジャスダックなどは1%弱も下落するなどよくわからない状況になっています。私の持ち株も微下げで推移しました。
 やはり、金曜夜の雇用統計を前に、動きづらい状況だったのかもしれません。


 そしてその雇用統計ですが、雇用統計の結果が無難→利上げはやっぱり9月っぽい…という流れで米国株は下落、円高に振れています。ただ、日経先物がそれほど落ちておらず、せいぜい100円安といったところになっています。


 この結果を受けて週明けから上下どちらに動くのかが問題ですが、正直よくわかりません。先物の状況からは少しは下げそうではありますが、米国株や為替の動きからは下げ幅が小さい感じもしますし……。
 経済的にはしばらく大きなイベントも無さそうですし、夏枯れで大きな値動き無し→不安点が比較的少ない日本株に資金が集まってじわじわと上がる…あたりではないかと思っていますが、ここで全力買いに転じるのも少し怖いです。
 うちのチャート診断でも売りサインは一旦消えたものの、買いサインが点灯するわけでもない微妙な状況が続いています。来週の値動きを見ないとなんとも言えない感じですね。



■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残38+1-1=38発)
 3000NZドルを81.707円 で購入。
 維持率低下による防衛売却発動(91.437円)



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

果たして週末はどう動く?(今日の相場 H27.8.6)

■今日の相場 H27.8.6 「減速期」→「減速期」(下降速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約81%
 持ち株…買値から+2.3%→+2.7% / 「売却中の株」…売値から+0.8%→+0.3%


 今日の株式市場は前日の海外市場が堅調だった動きを受けて終始プラス展開ではありましたが、引けに掛けてやや失速。結局は約50円の値上がりとなりました。TOPIXについては7連騰となっていましたし、ここ最近のレンジでも天井が近い事もあり、このあたりまで上げると利確売りも増えてくる感じです。
 とはいえ、円安も125円付近まで進行していますし引き続き期待したいところです。


 さて、問題は明日の相場です。日銀会合や米雇用統計など、相場に大きな影響を与えそうなイベントが控えています。どちらかと言えば下げる可能性が高そうな感じもしますが、できれば持ち株の再上昇に繋がって欲しいと思います。



■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残37+1=38発)
 維持率低下による防衛売却発動(91.441円)



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

何となく上がりそうっぽいが…(今日の相場 H27.8.5)

■今日の相場 H27.8.5 「減速期」
 株資産の持ち株割合 約82%→約81%(2銘柄売却)
 持ち株…買値から+1.7%→+2.3% / 「売却中の株」…売値から+0.5%→+0.8%

※持ち株売却(損切り)実施…年初からの売買利益 +3.1%→+2.7%


 今日の株式市場は、朝方は安かったものの昼前にはプラス転換。最後に失速したものの、100円弱の上昇となっています。3日ぶりの反転でしたが、思った以上に強い感じでした。私の持ち株もそこそこ上昇しています。

 今日は予定通り、優待廃止/改悪株を2銘柄(「魚力」と「鉄人化計画」)切りました。いつもやっている「持ち株の一時売却」とは異なり、後日買い戻す事は無く(いつの日か優待が復活しない限りは)これでお別れとなります。共に初値からズルズルと下げ続ける結果になっており、遅まきながら手放しておいて良かった感じです。

 問題はここからどうするか。更に持ち株を売ってポジションを下げるのか、それともやっぱり全力買いに戻るのかです。
 とりあえず今日は持ち株が上がったので、明日(木曜日)は現在のポジションで持続する方針です。その次(金曜日)は木曜の値動き次第ですが、先物の様子からは明日は上げそうですし、そろそろ売りサインも消えそうな感じなので、このままのポジションで金曜に突入する形になりそうです。
 週末の日銀会合や雇用統計が気になるところですが、高めのポジションで突入する事になるので、何とか無風で通過して上昇基調を継続して貰いたいところです。



■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残36+1=37発)
 維持率低下による防衛売却発動(91.472円)



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

やっぱり売ると下げ止まる…(今日の相場 H27.8.4)

■今日の相場 H27.8.4 「減速期」
 株資産の持ち株割合 全力→約82%(売却実施1回目/約2回予定)
 持ち株…買値から+1.4%→+1.7% / 「売却中の株」…売値から+0.5%

※持ち株売却(損切り)実施…年初からの売買利益 +3.1%→+3.0%


 今日の株式市場は、昨日に引き続きほぼマイナス圏内での動きとなりました。
 寄り底から値を戻しつつも僅かながらマイナス引け。ただ、TOPIXは微プラスになるなど明確な方向性があるわけではなく、概ね弱めの横横で推移している感じでしょうか。

 私の方は予定通り、今日から持ち株の売却を開始しました。
 売った株は寄り底展開のせいで、安く売れた後に株価回復する嫌な展開となってしまっています。残している株が若干逆行高になっているのが救いでしょうか。


 引き続き売りサインが出ている状況ですが、上下どちらにも動かない状況が続いているので、反転上昇する可能性も加味しつつ考えて行きたいところです。
 保有株関係が上昇した事もあるので、明日については売却は行わず、様子見とする予定です。


 ……と言いつつ、明日は(相場の波に合わせての)本来の売買戦略とは別に、持ち株の中に優待の改悪/廃止が発表された(されていた)銘柄があるので、これらの売却を行います。優待系保有銘柄は優待があるからこそ保有しているので、この手のニュースがあれば即座に「切る」事にしています。
 対象銘柄は「魚力」(優待廃止)と「鉄人化計画」(優待制度変更でコーヒーが無くなった)の2銘柄です。
 共にIR自体は先週末に発表されており、各種優待系HPやブログなどをチェックしていれば情報は掴めていた筈なのですが(週末に出かけていた事もあって)今日になって気づいた次第です。初動で逃げる事ができず、2日分の下げダメージを受ける羽目になってしまいました。
 この手の「情報収集が遅くて逃げ遅れる」のは致命傷にもなり得る事なので、今回の失敗は今後なんとか改善したいところです。




■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残35+1=36発)
 維持率低下による防衛売却発動(91.487円)



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

微妙な値動きですが、売りに移行します(今日の相場 H27.8.3)

■今日の相場 H27.8.3 「減速期」
 株資産の持ち株割合 全力 / 持ち株…買値から+1.4%→+1.4%


 週明けとなる今日の株式市場ですが、一時200円近く下がったものの、その後急速に値を戻して微下げまで回復…という微妙な展開でした。銘柄全体でも上げ下げほぼ互角と言った感じでしたし、ほぼ横横で変わらずといったところでしょうか。

 私の持ち株ですが、ほぼ変わらなかったのですが、僅かながら下落しています。微上げ続きながら3日間上がり続けていたのですが、ここでストップした形になります。
 売りサインが点灯した状態で持ち株が下げた…という事で、マイルールに従ってここから売り発動。持ち株を売却していく事になります。
 正直、個人的には上がりそうな気がしますし、もう一週間程度は全力持ちで様子を見たいところでしたが、マイルールに従って売却に入りたいと思います。

 売り側からの視点から言えば、日銀会合が予定されているものの当分追加緩和が無いと総裁自身が発言している事や、近日発表の4~6月期GDPがマイナスっぽい事。更には上海株がいきなり暴落する可能性などを考えれば、一旦ポジションを軽くするのはありかもしれません。

 …とは言いつつ、権利日が近い銘柄(売却対象外の)が比較的多い事もあり、とりあえず明日は打診売りとして2割弱の持ち株から売却する予定です。更に売却するかどうかは、明日以降の値動き次第でしょうか。





■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残34+1=35発)
 維持率低下による防衛売却発動(91.559円)



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

週明けはいったいどうなるのか(週末の相場 H27.8.2)

■今日の相場 H27.7.31 「上昇期」(上昇速度低下)→「減速期」に転換
 株資産の持ち株割合 全力
 持ち株…買値から+1.3%→+1.4%


 金曜日の株式市場は、約60円の上げ。この日も上げたわけですが、持ち株の上昇も微妙でしたし、相場全体でも全面高ムードにはなっていない感じです。
 ギリシャ問題は先送り。中国株への反応も薄くなって来ました。米国利上げなどの不安定面はありますが、なかなか日本株にはお金が回ってこない感じです。この手の不安要素が出てくると安全通貨という扱いで円高にはなるのですが、株式市場には何故かお金が回ってこないですね。

 うちのチャート診断では金曜の時点で「減速期」に突入。売りサイン点灯ではあるのですが、今のところ持ち株の上昇が続いているので、もう少し様子を見るつもりです。次に下がった日から売却を開始するつもりですが、ほとんど利益が無い状態なので、できればここらで再上昇に転じて貰いたいところです。


 あと、この週末には「TPP合意できず」のニュースがありましたが、これが相場にどう影響するのかがよく判りません。どちらに動くのでしょう……。
 株式もそうなのですが、この(実際はともかく、一般ニュースの扱いとしては)TPPの最終盤でいきなり名前が出てきたニュージーランドについても、NZドルがFXの主戦力なので気がかりです。
 輸出拡大要求案が通っていたり、あるいはTPPから追放されるなどの結果であれば想像は容易ですが、上下どちらに飛んでもおかしくない状況なので、週明けの値動きが気になるところです。



■今日のFX(NZドルへの資金投下 再装填実施 残33+1=34発)
 維持率低下による防衛売却発動(91.576円)



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
プロフィール

ながつき

Author:ながつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者
各バナー等
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
リンク(リンクフリーです)
検索フォーム
QRコード
QR