半値戻しの筈が、1/3しか戻らず(今日の相場 H27.9.30)

■今日の相場 H27.9.30 「仕込み期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約78%(買い戻し途中2回/全3回予定)
 持ち株…買値から-2.2%→-0.9% / 「売却中の株」…売値から-7.7%→-5.8%


 今日の株式市場は、前日暴落したリバウンドなどもあり、450円以上の上昇となりました。
 前日は約700円下落しているので、半値戻し。いや「半値以上戻し」だった筈なのですが…私の持ち株への恩恵はやや少なめで、1/3程度戻ったという感じです。どうも小型株系にはまだ買い戻しが来ていない感じですね。


 今日のリバウンドまでは織り込み済みとして、問題はここからどう動くかです。
 この日記を書いている時点でドル円は120円を回復。また今夜の米国株や、その後の利上げ有無に影響すると考えられる「米ADP雇用統計」も既に発表されましたが、今のところドル円の反応は無い感じです(何故か欧州通貨は下がっていますが…)。
 
 こうなると、結局はこれから始まる米相場。そして明朝発表される日銀短観の結果次第で方向性が定まりそうな感じです。
 海外市場は何となく底堅そうですが、日銀短観と結果を受けた動きはよくわかりません。
 また、ちょうど中国で爆弾テロっぽいニュースが流れており、状況次第では相場に影響するのかもしれませんが、ちょうど?明日から上海相場が休みに入るので、こちらも影響が読み切れない部分があります。

 いずれにしても、明日の相場を見て更に回復しそうであれば持続。垂れそうであれば損切りを実施予定です。果たしてどうなるでしょうか……。




■今日のFX
 3000NZドルを76.661円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


スポンサーサイト

痛恨の失策。下落ダメージ直撃!(今日の相場 H27.9.29)

■今日の相場 H27.9.29 「仕込み期」→「仕込み期」(上昇速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約78%(買い戻し途中2回/全3回予定)
 持ち株…買値から+1.1%→-2.2% / 「売却中の株」…売値から-5.1%→-7.7%

 今日の株式市場は大幅続落。700円以上もの下落幅となり、17000円を割り込みました。
 私の持ち株についても勿論大幅下落。相場全体と比べれば下げ粘った感じですが、持ち株率を8割に戻した直後だっただけに、ダメージも結構大きいです。

 先週末に9月権利銘柄を滑り込みで確保。何だか底堅い値動きだったので、今週はリバウンドが来るだろうと読んで更に買い戻しに動いたわけですが、残念ながら大失敗でした。当初予定通りに「9月権利銘柄一撃離脱戦法」から変更せず、月曜に直ちに売って資産退避に戻るのが正解でしたね。
 8月からの一連の下げでは事前に脱出しており、ほぼノーダメージで来ていただけに、ここでわざわざ直撃を受けるために戻ってしまった格好になってしまったのは痛恨のミスで、本当に残念です。

 持ち株率は全力では無く、買い戻し途上でまだ8割なので、日記タイトルに「下落ダメージ直撃」と書きつつもある程度は軽減はされているのですが、それでもこの下げは痛いです。
 持ち株は久しぶりに含み損に転落していますし、ここで損切りした場合、年間での収支(確定利益ベース)も数年ぶりの赤字に突入してしまいます。果たしてどうしたものか……。


 今後どうするかですが、そもそも今日の下落が全くわけのわからないタイミングで来たので、逃げるべきか判断が難しいです。
 この下落は、前夜の米国市場で中国経済が懸念されたからだそうです。が、中国経済の懸念と言いつつ、何か事件があったわけでもなく、何故このタイミングで落ちだしたのかは不明ですし、昨日の上海株はそもそも下がっていません。
 不安材料としてVWの案件、米国ではバイオ系の不振などもありましたが、国内については安保法案→経済政策への転換期待などもありましたし、アベノミクスの「矢」も三本追加が決定。
 こうした事情から、当面はリバウンド局面。少なくともここで底割れは無いだろうと思っていました。そう思っていたタイミングで今回の暴落、17000円割れが来ただけに、今後どう対応すべきか悩んでいます。


 今回の様に目論見が外れて下落ダメージを受けた以上、直ちに損切りをすべきだと考えられますが、今日の下げが自分的には「ありえない」ものだっただけに、ここで売ると「売った直後に大きく戻して、結局往復ビンタ状態」というパターンも十分に考えられます。
 今日の下落でうちのチャート診断でも買いサインは消えましたが、売りサインが点灯するまでには至っていません。
 今のところ明日は1/3~1/2程度のリバウンドはありそうですし、もう暫くはこの状態で持続して、状況の推移を見極めたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを76.237円で購入。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

買い戻し継続も、今日は裏目に出た(今日の相場 H27.9.28)

■今日の相場 H27.9.28 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約48%→約78%(買い戻し実施2回目/全3回予定)
 持ち株…買値から+3.4%→+1.1% / 「売却中の株」…売値から-8.0%→-5.1%

 週明けとなる今日の株式市場でしたが、軟調な先週末の展開が継続する形で下落しています。
 権利落ちもあったのかもしれませんが、思った以上に下落幅が大きかった気がしますし、ある程度落ちたら一定の戻しがあるのでは…と期待していたのに、実際には下げ続ける展開となりました。
 ただ、ジャスダックは上昇しましたし、相場全体では上げた銘柄の方が多いなど、方向性がよく判らない結果になっています。


 私の方は、そろそろ一旦底だろうという事で、買い戻しを実施しました。小型株が多かったせいか、この下げ相場だというのに、先週末よりも高めの値段で買い戻す羽目になっています。
 また、持ち越した9月権利銘柄たちは、想像以上に権利落ちでの下落幅が大きかったです。総合すると、今日は打った手が裏目に出てしまった形となりました。

 持ち株割合が8割近くまで回復しましたし、そろそろ上がって貰いたいところですが、この日記を書いている時点で既に開始している米国株が軟調なので、明日もあまり期待でき無さそうな感じです。
 持ち株が下げた事もあるので、明日については更なる買い戻しは行わずに、一日様子を見るつもりです。
 最終的には週末の雇用統計次第だと思いますが、できればこの辺りで底を打って貰いたいところです。



■今日のFX
 3000NZドルを76.200円で購入。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

結果オーライで権利獲り成功。更に買い戻し、反転攻勢へ(今日の相場 H27.9.25)

■今日の相場 H27.9.25 「仕込み期」(上昇速度低下)→「仕込み期」に転換
 株資産の持ち株割合 約7%→約48%(9月権利銘柄購入)
 持ち株…買値から+14.2%→+3.4% / 「売却中の株」…売値から-9.5%→-8.0%

 金曜日の株式市場は朝方から強い展開となり、昼前の一時を除いてプラスで推移しました。午後からは総理と日銀総裁会見のニュースもあって更に上に加速。約300円の上昇で終了、週末に突入しています。
 前夜には数百円の下落が予想されていただけに、想定外に強い展開となりました。下げすぎの買い戻しや、9月権利獲りの買いが底支えした感じでしょうか。

 こうした中、私の方は8月中旬以来の資産退避状態を解除。9月銘柄の買い戻し、権利確保に動きました。3月銘柄の中間配当も絡むため買い戻した額は株資産の約4割に相当。買い戻しで持ち株割合も5割弱まで回復しています。
 購入のタイミングをいろいろ悩んだ挙げ句、「前場の引け」で買い注文を入れていたわけですが、結果的にはこれが大正解。昼前に一時失速してマイナス転換したところで買いを発動する形となりました。今日一番安いところで買い戻し→午後に大幅上昇の波に乗った結果、購入した9月権利銘柄たちは大幅なプラスとなっています。元々下落を予期していただけに、もっと安いところで買い戻せなかった事だけは残念でしたが、ほぼ前日と同額で買い戻し→その後上昇しているので結果オーライといったところでしょうか。

 これで9月銘柄も無事に権利獲得。それなりにプラスになっていますし、月曜に即売却しても恐らく黒字で逃げ切れる状況になりました。


 ただ…金曜の値動きにより、うちのチャート診断では再び買いサインが点灯しました。金曜の相場、そして海外市場の状況を見るに、当面はこのあたりが「底」で、暫くの間は上昇が期待できるのではないかと考えます。
 米国金利情勢は相変わらず不安定ですが、次の節目は10月末と暫く先です。
 日銀の緩和は相変わらず判りませんが、今回の総理との会見、そして政治的には経済対策に焦点が移る事から、「明らかに緩和が無い」情勢にでもならない限り、暫くは潜在的なプラス材料として存在する事になると思います。
 問題はVW不正の案件ですが、既に米国と欧州での不正発覚+影響の可能性あたりまでは相場に織り込んでいると考えられます。他メーカーへの波及の可能性や、具体的な影響額が明らかになる(現在言われているよりも大きくなると見ています)事により、「もうひと下げ」があるとは思いますが、一定期間のタイムラグを挟むと考えられます。

 上記を総合すると、少なくとも一ヶ月程度は下落要素は(一時的に)緩和されますし、ここ最近下落が大きかっただけ一定の「戻り」が期待できると考えます。

 そんなわけで、元々は一撃離脱で週明けには「資産退避状態」に戻るつもりだったのですが、予定を変更して、買いモードに転じたいと思います。
・金曜に買い戻した「9月権利銘柄」は当面継続保有
・他の「売却中の株」も順次買い戻し

 「売却中の株」はあと50%程残っているので、月火の2回に分けて、25%ずつを買い戻し予定です。
 月曜については、25%分を買い戻して持ち株率を75%まで回復させる予定です。金曜夜の海外相場の値動きから、月曜の寄りは下げそうなので、今回成功した「前場引け買い」をもう一度試して見たいと考えています。

 また、火曜に残りを買い戻して、全力買いにするかについては、月曜の値動きを見てから判断します。
 勿論、来週前半の風向きを見て、明らかに「読み間違えた」と判断された時は速やかに逃げたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを76.616円で購入。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

一撃離脱戦法で9月権利を確保へ。上手く行くかなぁ…(今日の相場 H27.9.24)

■今日の相場 H27.9.24 「仕込み期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+15.2%→+14.2% / 「売却中の株」…売値から-8.4%→-9.5%


 今日の株式市場は約500円の下落となりました。VWショックというべきでしょうか。海外メーカーなので影響は限定的かと思われたのですが、自動車産業全体に影響が出ている感じです。正直下げ幅は200円台程度になると思っていたのですが、想像以上に影響が大きいのかもしれません。
 そして、夜になって円高が進行。この日記を書いている時点で米国相場が始まっていますが下落していますし、日経先物も下がっています。どうやら金曜も落ちそうですね。


 こんな情勢ですが、明日は是非とも確保しておきたい「9月権利銘柄確定日」です。
 ここで買うとそのまま週末に突入しますし、売却できるのは最速でも週明け。上手く一撃離脱で逃げ切れればいいのですが、情勢の展開次第では権利落ちで大きなダメージを受ける可能性があります。

 どうするか悩みましたが、予定通り「金曜日の(前場)引け成り」で買い注文を入れることとしました。いつもの寄りでの成行とはタイミングがずれますが、朝方に下落して落ちきった所で拾えるのでは無いかと期待しています。

※(昨日日記の訂正…注文条件について)
 自分が使っている証券会社(松井証券)では「前日の予約注文では、大引けでの成行はできるけど、後場寄りでの成行はできない」と書きましたが、これは私の勘違いで、前日に予約注文をする場合、「前場の寄り」での成行か、「前場の引け」での成行しかできない…が正解でした(前日予約の場合、前場しか指定できない)。
 逆に「大引け(後場の引け)での成行」は前日に予約注文できない事になります。
 権利日については直前に権利落ちから逃げる動きが出る様な気がしますし、できれば今回は「大引け(後場の引け)での成行」をしたかったところでしたが……


 明日に買い戻すのは決定として、問題は売却のタイミングです。明日や月曜午前あたりが「当面の底」である可能性が一定程度あると思っているので、日記では「一撃離脱」と書いていますが、月曜日以降も継続保有するかもしれません。
 このあたりをどうするべきかは、金曜昼の国内相場や、夜の海外などの結果を見た上で、週末に考えたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを75.715円で購入(23日)。
 3000NZドルを76.444円で購入(24日)。
 2発分が逆指値発動、売却。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

やはり連休明けは下落か…。9月権利銘柄はどうする?(連休の相場 H27.9.23)

■今日の相場 H27.9.23 「仕込み期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+16.7%→+15.2% / 「売却中の株」…売値から-7.5%→-8.4%



■連休中の情勢と連休明け株価への影響について

 月~火曜日と海外相場や為替、日経先物の観察を続けて来ましたが、水曜朝の時点で日経先物は大幅な下落。どうやら連休明けの木曜日は500円程度の下げもあり得る情勢になって来ました。
 連休の間に相場に影響しそうなテーマとしては

1.FOMCでの金利先送りの影響、利上げはいつ行われるのか?
2.安保法案後の政権への影響、対策として行われる?経済対策の影響
 上記2点に加えて、新たなテーマとして以下のテーマが出てきた感じです。
3.独VW社の不正発覚による欧州自動車株→欧米~全世界の株式への影響波及


 1の米金利関係ですが、正直私自身は「利上げは12月まで無い(10月も考えられるが、経済情勢や10月は議長会見が実施されない事などから可能性はかなり低い)」と思っていました。
 それならば「当面は大丈夫なので直近では上がる材料」と思っていたのですが、火曜日での米株の下落理由が「米利上げの不透明感(10月実施の可能性も排除できない)」らしいので、よく判らなくなって来ました。
 最終的に利上げされるか、「かなり先」と明言されるまでは下落誘発要因として残り続けるのでしょう。困ったものです…


 2の安保法案の影響ですが、はっきり言って個人的には「ほぼ無い」と見ています。
 勿論(自衛隊の死者を伴う)有事があれば話は変わってきますが、政治家やマスコミは右も左も国会周辺や自分たちの周りの「空気」に感化されてしまっていると思います。
 「身近な事以外、非日常の出来事についてはどうでも良くてすぐ忘れる」日本人の性質が判っていません。大多数の国民にとって、安保法案などどうでも良いのです。
(「それが良い事なのかの是非」とは別問題で、そういう性質だ、という事です)
 直後なのにほとんど変わっていない政権支持率がこの事を物語っていますし、断言してしまいますが、来年の参院選の頃には国民の大半は安保法案など忘れているでしょう。
 だから、野党は(より身近な)消費税あたりのネタで選挙を戦うべきなのですが、来年の夏になっても国民がピンと来ない「安保がどうのこうの」…とやっている様であれば、恐らく悲惨な敗北が待っている事でしょう。

 安保そのものは株価にも影響しないと思いますが、その対策?として政府が打つと考えられる経済対策については話が別です。
 余程寂しい内容でなければ株価を押し上げると思いますし、具体的な内容が出てくるあたりから「期待上げ」が出てくると思うのですが、もう暫く先の話になりそうですし、当面は株価への影響は少なそうです。


 そんなわけで12合わせると、当面については相場全体への影響はあまり無い~米金利の不透明さでやや下目線?というのが私の予想だったのですが、ここに来て新たに出てきた「独VW社の不正発覚」が大きなテーマに浮上して来ました。
 偽エコカーで各国から巨額の制裁金や賠償訴訟が予想されるのは勿論ですが、「リコールしても基準を満たす車両を用意できない」というのが極めて重大ですし、現時点でどこまで波及するのか全く読めないという点が怖いところです。
 現時点では「ドイツの自動車メーカーが不祥事」→「ドイツ+欧州の株価が下落」→「欧州以外に日米中などにも下落が波及するかも」程度です(といっても既に500円くらい下がりそうですが)。
 しかしこれが他の自動車メーカーに波及しないとは限りません。(ディーゼルとガソリンの違いもありますし、日本は可能性が極めて低いとは思いますが)もし今回の不正が「ドイツ自動車メーカー全体の商習慣だった」あるいは更に広がって「世界の自動車メーカー全体の商習慣だった」事などが出てきたら、その影響は計り知れません。
 また、そもそも現状ではまだ事件発覚の初動段階であり「米国の基準を満たしていない事が判明した」だけに過ぎません。他の地域…世界全体に事態が広がるのはこれからです。

■9月権利銘柄をどうすべきか

 こうなると事態が落ちつくまでは相場は更なる下落局面を迎えそうですし、少なくともここ1~2週間は手出し無用だと思われますが……悪い事に、25日に9月銘柄の権利確定日(+3月銘柄の中間配当日)を迎えます。
 私の株式資産でも全体の約4割を占めており、ここで得られる配当は捨てがたいものです。また、リタイア後の収入基盤の一つとして位置づけているので、基本的には配当権利は必ず獲る事にしています。
 これらの銘柄は現在「一時売却状態」なので、木金の間に買い戻すべきか。買い戻した後(権利確定後)どこで売却するのかが問題です。ここで処理を誤ると下落ダメージを受けてしまい、年間株式収支もマイナスに転落する可能性すら出てきます。

 当面の考え方ですが、正直木金は下げ続ける展開しか予想できないので、木曜日はスルー、金曜日の引け成りで購入あたりで考えています。
(何となく金曜午後に一時的にリバウンドしそうなので、本当は「金曜後場の寄り」で買いたいのですが、予約注文ではそこまで指定できないので…)
 後は売り場ですが、月曜朝は権利落ちで大きく下げそうなので、一定のリバウンドか見込める月曜引けで売るあたりが妥当かな…と考えています。果たして上手くいくのかは判りませんが……。


 いずれにしても、木曜日は買い戻さずにスルーする事までは決定しているので、引き続き相場の様子を見て木曜夜に最終的な判断を考えたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

大和証券から特定口座の開設案内が来た

 証券取引のメイン口座ではなくなったものの、専らIPO応募用として残している(幹事会社となる事が多い関係で、時々当選するので)大和証券から、特定口座の開設案内が届いていました。

 大和証券は一番初期に開設した関係で一般口座だったのですが、ネットから特定口座の開設手続きができなかったので、これまで一般口座のまま放置状態(IPOだけは一般口座で確定申告していた)でした。
 来年から始まる「金融所得課税の一体化」(公社債投資信託・公社債が申告分離課税に追加)という事で、この機会に合わせて開設案内が届いた様です。
 自筆署名+証明書類のコピーを返送するだけと手軽だったので、この機会に特定口座(源泉あり)に変更する事にしました。


 これで株式関係はIPO銘柄も含めて、全て特定口座(源泉あり)になるため、今後は原則確定申告不要となります。
(今年については年初に一般口座でIPOが当たったので、来年までは確定申告が必要ですが)
 後はFXも源泉徴収になってくれれば、確定申告をしなくて済むようになるのですが……果たして税制改正される日は来るのでしょうか。


■今日のFX
 3000NZドルを75.985円で購入(21日)。
 3000NZドルを76.432円で購入(22日)。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

予想外の弱さ。二番底に向かうのか(週末の相場 H27.9.19)

■今日の相場 H27.9.18 「仕込み期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+16.7%→+15.2% / 「売却中の株」…売値から-7.5%→-8.4%


 FOMCでやっぱり利上げが見送られた後、金曜日の株式市場でしたが、350円以上の大幅下落となりました。小型株が案外下がらないなど、相場全体までにはまだ影響が回りきっていない感じですが、それでも大幅な下落です。私の持ち株関係も一定程度下落しています。
 そして更に金曜夜の米国市場も下落。ドル円が120円寸前まで戻すなどプラス要素もあった筈なのですが、日経先物は200円以上の大幅下落。
 実際には連休を挟むわけですが、もし月曜の相場があれば18000円を切って更に下がりそうな情勢で週末に突入しています。


 上昇の程度はともかく、「FOMCで利上げが見送られたら上がる」と予想されていましたが、蓋を開けてみれば相場は下がり続けています。
 年内利上げの可能性を匂わせる発言だった事も勿論影響していますが、どうもこれは「そもそも利上げができる状況にない(相場環境が悪い)」という懸念が世間に広がりつつある様です。

 ちょうど同時進行で安全保障関連法成立が進行しており、その反動(政権への影響)やその後の「テコ入れ」なども予想されます。
 そのあたりも含めて、私が考えている今後の相場予想は「当面は混乱する(上下に大きく振れる。ある程度は落ちる可能性も)」→「その後は状況の落ち着き+政府のテコ入れで暫くは上がる」というものでした。この状況下で買い戻しをいつ行うのか。当面は9月末の権利日(25日)までにどう動くかを考えるつもりだったのですが……。

 これはもしかしたら、当面は更なる二番底に向かう展開も現実にありそうです。
 そして更に、米利上げの前提となる「利上げができる環境にあること」が疑われ、国内では政権へのダメージの大きさが予想以上→その後のテコ入れやアベノミクスそのものへの信頼性が低下…という相場心理が広がってしまうと、そもそもどこで底を打つのか自体がわからなくなってしまいます。
 そしてそうした中で、相場展開を読まなければなりませんし、当面は連休明けに9月権利を獲りに行くのかを判断しなければいけません。非常に難しい情勢です。

 幸いにも連休で次に相場が開くまで間がありますし、週明けの海外情勢を見てから判断する事ができます。
 この連休中にじっくり考えて、どうすべきか次回の日記で検証してみたいと思います。




■今日のFX
 3000NZドルを76.816円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

いよいよFOMC!歴史に残る一夜に(今日の相場 H27.9.17)

■今日の相場 H27.9.17 「仕込み期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+15.2%→+16.7% / 「売却中の株」…売値から-8.6%→-7.5%


 今日の株式市場は、前夜の米国株上昇などから260円高と大きめの上昇となりました。私の持ち株関係も一定の上昇となっています。
 正直、100円台程度の上げかな…と思っていたのですが、想像以上に強かったですね。やはり米利上げ見送りを織り込みつつある感じでしょうか。

 さて、今夜はいよいよFOMCです。
 個人的にも利上げを見送る可能性の方が高いと思っていますが、米国相場や国内相場はある程度織り込んでいると思いますし、もし見送ってもどこまで相場に影響するのかよく判りません。そして、もし利上げした場合も「アク抜け」と捉えられるかもしれませんし、結局、相場が上下どちらに動くのかは計り知れません。

 いずれにしてもこのイベントを抜ければ当面の大イベントは終了しますし、国内では安保法案後の「テコ入れ」が入ると予想されます。
 そのため、私個人としては「FOMC発表による影響が一段落ついた後」からは買い場なので、資産退避状態を終えて買い戻すべき時なのかな…と感じています。
 ただ、問題はその「FOMC発表による影響」がどんな形でどれだけ続くのかです。一日経てば丁度連休に入る事ですし、連休中にじっくり状況を見極めたいと考えています。




■今日のFX
 3000NZドルを76.671円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

FOMC前の不気味な値動き(今日の相場 H27.9.16)

■今日の相場 H27.9.16 「仕込み期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+16.3%→+15.2% / 「売却中の株」…売値から-8.8%→-8.6%

 今日の株式市場は、前夜の米国株大幅上昇などの影響もあり、150円弱の上昇となりました。
 ただ、じりじりと失速する感じでしたし、相場全体の銘柄数でも上げ下げほぼ互角。ジャスダックは下落するなど、全面高とは言えないよく判らない感じになっています。

 15時以降に上海株が大幅上昇。そしてドル円も円安傾向なので明日も上がりそう…ではありますが、日経先物はそれほど上がっていない感じです。やはりFOMC前で一定の手控えが出ている感じでしょうか。
 国会の情勢も緊迫していますし、ここからどう動くのか全く判りません。この先の相場には更なる波乱が待っていそうな感じがします。引き続き手出し無用の状況なので、少なくとも連休入りまでは様子見を続けたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを76.507円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

やっぱり追加緩和無しも、案外下がらない(今日の相場 H27.9.15)

■今日の相場 H27.9.15 「仕込み期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+15.6%→+16.3% / 「売却中の株」…売値から-8.9%→-8.8%


 前日の米国株は下落。そしてお昼に日銀会合の結果(やっぱり追加緩和なし)が発表された今日の株式市場でしたが、予測に反して終始プラス展開でした。
 ここまで下げ続けていたことの反動や、(午前は)追加緩和期待が残っていた事もあるのかもしれませんが、妙に強いですね。私の持ち株関係も微上げとなっています。


 ただ、引け後に円高が進行した事や、日銀総裁会見の内容が影響しているのか、夜になって日経先物は軟調展開になっています。最終的にはFOMC次第だとは思いますが、明日は下落しそうな感じですね。



■今日のFX
 3000NZドルを75.824円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

運命の週、まずは下落スタート(今日の相場 H27.9.14)

■今日の相場 H27.9.14 「仕込み期」→「仕込み期」(上昇速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+16.2%→+15.6% / 「売却中の株」…売値から-8.2%→-8.9%

 日銀会合/FOMC週の週明けとなる今日の株式市場でしたが、朝方は微下げ程度で推移していましたが、午後から上海株の下落や円高に引っ張られて約300円の下落となりました。
 ただ、1:2程度の割合で上昇した銘柄もありましたし、小型株になるほど下落幅は小さい感じでした。私の持ち株関係も微下げ程度に留まっています。

 いずれにしても、日銀会合やFOMCなどの重要イベントを前に、手控え(一部では退避)が続いている感じでしょうか。
 うちのチャート診断でも、今日の時点で買いサインが再び消滅。暴落から底を打ったかも…という情勢でしたが、再び底割れの可能性を示しています。

 今後の相場ですが、まずは何と言っても明日の金融政策決定会合の結果でしょうか。予想通り見送りなら勿論ですが、もし追加緩和があったとしてもFOMCを控えた神経質な展開が続きそうな感じです。
 引き続き手出し無用だと考えているので、資産退避状態を継続して自体の推移を見守りたいと思います。




■今日のFX
 3000NZドルを75.892円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

いよいよ重要イベント本番週に突入(週末の相場 H27.9.13)

■今日の相場 H27.9.13 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+15.0%→+16.2% / 「売却中の株」…売値から-9.6%→-8.2%

 金曜の株式市場は、寄りは安かったもののじわじわと値を戻してプラス転換。最後に僅かに垂れて微マイナスという結果となりました。相場全体では上げた銘柄の方が多くてTOPIXやジャスダックも上昇。私の持ち株も微妙に上げる形で週末に突入しています。
 金曜夜の米国株は上昇しましたが、やや円高に振れている事もあって日経先物は少し下げています。恐らく週明けは18000の少し上あたりが主戦場になりそうな感じでしょうか。


 ……とここまで書きましたが、今回については先週末の結果や、週明けの当面の値動きなどはどうでも良くて、今後の相場方向を決定づける各種イベントの行方が焦点となります。FOMCや日銀会合の結果が、果たしてどうなるでしょうか。


■今週のイベントと影響について
(最重要)
・14月-15火 日銀政策会合(政策発表は15火)
・16水-17木 FOMC(政策金利発表は18金早朝)

(影響する?)
・14月 安保法制60ルール日。ここから再可決可能に
(週後半に採決?)
・15火 米小売売上高等
・16水 米消費者物価指数、訪日外国人客数
・17木 日銀総裁講演


 恐らく市場のコンセンサスとしては、「米利上げは先送りされる」「追加緩和は今回は無い」あたりでしょう。
 米利上げはおそらく「今回はしない、いつまで伸ばすのかは明示されない」あたりが考えられます。もし利上げされれば下げ材料となるのは勿論ですが、「今年は無い」あたりまでを明言しない限りはプラス材料とはならないのではないでしょうか。
 追加緩和も、個人的には「米利上げと合わせてくる」と見ているので、「今回は無い」と見ています。世間一般のコンセンサスも「今回は無い」だと考えられます。勿論サプライズで実施されれば上げるのでしょぅけど…既に期待分として相場に織り込まれている分もありますし、そもそもどの程度効果があるのかはよくわかりません。
 また、いずれのイベントも、今回実施されなくても「今後の実施を匂わせる」発言次第で相場への影響が変わってきます。

 総合すると、私の考えとしては「イベント通過後、マイナスに働く可能性が高い」「上がる可能性もあるけど、財産を投入して『賭ける』程の勝算は感じない」です。
 よって引き続き資産退避モードで結果を様子見。もし下がれば当然様子見継続ですし、上がる事があっても週内はスルーして連休あたりまで状況の推移を見極める予定です。

 9月権利確定日が来週金曜、25日にあるので判断が難しいところですが…今のところ手を出すにしても早くとも連休明けの24日かな…と考えています。
 多分スルーするか、25日に引け成りで注文する一撃離脱方式になるかと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを76.030円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

やっぱり大幅反落! だが微妙に動きがおかしい(今日の相場 H27.9.10)

■今日の相場 H27.9.10 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+16.3%→+15.0% / 「売却中の株」…売値から-9.3%→-9.6%

 今日の株式市場は、米国株や暴騰した前日の反動などもあって470円の大幅下落となりました。
 500円近くの下落幅…と、昨日予想した通りの展開となったわけですが、個別銘柄の値動きは何だか妙な感じでした。
 大幅安にも関わらず全銘柄の1/3程度は上昇していますし、ジャスダック指数は何故かプラスになっています。新興系に資金が流れ込んだ感じでしょうか。
 この影響もあってか、私の持ち株関係もほとんど下がっていない結果となっています。

 そろそろFOMCや日銀会合が迫ってきていますし、何が起きてもおかしくない情勢となっています。引き続き手出し無用だとは考えていますが、一連のイベントが17日で終わった後…そして9月権利日の25日までに、どう動くかもそろそろ考えるべき時期に来ています。連休で平日3日分手出しできない事もあるので、最低でも24日まで動かないのが正解なのかもしれませんが……果たしてとうなるでしょうか。




■今日のFX
 3000NZドルを76.115円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

驚異の1300円高キター! …でもどうせ落ちるんだろ?(今日の相場 H27.9.9)

■今日の相場 H27.9.9 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+11.6%→+16.3% / 「売却中の株」…売値から-12.4%→-9.3%

 今日の株式市場は爆上げ、超爆上げとなり、1300円を超える上昇となりました。
 1000円超の上げは過去にほとんど見たことが無いですし、1300円上げというのはおそらく自分にとっては初めての出来事です(21年振りらしいです)。

 昨日のリバウンドや米国株、先物あたりから「昨日落ちた分を取り戻す」あたりまでは予想していましたが、それどころではない大きな上げ。
 個人的には、ここまで上げるほどの材料は無かったと思うけど…と当惑の方が大きいです。そもそも前日の大下げもおかしかったですし、やはり不安定な状況が続いている感じです。
 私の持ち株関係も上がってはいるのですが……相場全体と比べるとたいしたことが無いなぁというイメージです。相場全体ほどには爆上げムードにはなっていない感じでしょうか。


 何となく相場全体(少なくとも「動かしている人」は)底打ちムードなのかもしれませんが、自分自身は今のところ「高い高い→死ね」の第一段階。基本下落相場の不安定な過渡期だとしか思っていません。
 何となく上がっていますが、少なくともFOMCや日銀会合で一定の結論が出るまでは手出し無用だと思っています。

 明日以降についても、私の予想は「どうせ落ちるんでしょ?」ですし、現在の先物は150円程度の下げ幅ですが、どうせ500円程度は落ちるんだろうと思っています。
(ただ、円安傾向ですし、欧米相場まで上げの波が続けば状況は違うかもしれません)


 いずれにしても、「落ち着きどころ」は19000弱。ただし余程相場環境が好転しない限りは、上下に揺れながらもじわじわと下がっていく…というのが現在の私の相場感です。引き続き、ほぼノーポジのまま相場の注視を続けたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを77.257円で購入。
 持ち株のうち1発分が利確ラインに到達、逆指値設定。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

謎の底割れ!そして更に往復ビンタか(今日の相場 H27.9.8)

■今日の相場 H27.9.8 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+14.1%→+11.6% / 「売却中の株」…売値から-11.0%→-12.4%


 今日の株式市場は、朝方からズルズルと下げ続ける展開となり、400円以上の下落となっています。
 当然ながら、私の持ち株関係も大きく下げています。

 それにしても、今日はいきなり暴落した印象で、どうしてここまで落ちるのか判りません。米国相場は休みでしたし、為替や先物からはほぼ横横展開を予想していたのですが……。中国8月貿易統計がひまひとつだったなどのイベントはありましたが、ここまで下げなくてもいい様な感じがします。やはり不安定な展開が続いている様です。

 そして、その中国株が国内引け後にプラス転換した事や、為替がなぜかいきなり1円近く円安に振れて120円に乗せた事もあり、日経先物がかなり高くなっています。この日記を書いている時点で500円近く上げており、このまま行けば今日の下げ分が戻る感じになりそうです。
 謎の爆下げや爆上げがいきなり発生する状況が続いており、踏み入れると往復ビンタを食らいそうな感じです。やはり落ちつくまでは手出し無用の展開が続くのかもしれません。



■今日のFX
 3000NZドルを75.629円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

よくわからない方向感(今日の相場 H27.9.7)

■今日の相場 H27.9.7 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+14.2%→+14.1% / 「売却中の株」…売値から-10.5%→-11.0%

 下げ要素に溢れていると思われた今日の株式市場ですが、いざ始まってみると売り優勢から買い戻しが入ってプラス転換…と、よくわからない方向感で相場を終えています。
 私の持ち株関係は、僅かながら下げています。

 更に下げるかと思っていたのですが、このあたりが当面の「ゴムが伸びきったところ」なのかもしれません。
 ただ、依然として下げ要素は健在ですので、まだまだ買い戻すわけにはいきません。本当にこの辺りが相場の下限で落ちつくのか、引き続き様子見といきたいところです。


■今日のFX
 3000NZドルを74.842円で購入。
 買値から2円落ちにより、NZドル3発分を損切り。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

底割れ必至の週明けへ(週末の相場 H27.9.6)

■今日の相場 H27.9.6 「下降期」(下降速度低下)→「仕込み期」に転換
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+16.0%→+14.2% / 「売却中の株」…売値から-8.4%→-10.5%

 金曜日の株式市場は約400円の大幅下落となりました。
 思った以上に弱い展開で、日経の終値レベルでは8月25日より低くなる底割れとなっています。
 前夜の米国株が今ひとつだった事や雇用統計、再開後の上海株への警戒など、様々な要因は考えられますが、それにしても弱い展開です。
 どうもここ最近の相場の値動きは、全く読めない状況が続いています。やはり当面は手出し無用の展開が続くのかもしれません。


 そして、そんな「先が全く読めない」状況であっても、恐らく確実であろうと「読める」事が、「週明けの株価は(大きく)下げるだろう」という事です。
 最近の下げ相場も大概でしたが、「今週もブラックマンデーが来る」感じでしょうか。

・怪しげな(というより悪い)雇用統計の結果
・大きく下げた米国相場(日経先物のマイナス幅は今のところ100円台程度ですが…)
・特に何も解決しなかったG20
・それどころか、「中国株はバブルがはじけた」と公式発言あり
・この数日間、パレードで止まっていた(周囲の暴落を織り込んでいない)上海株が再開
・更に着実に「その日」が近づく、FOMCと日銀会合

 ……どう見ても下がるとしか思えません。
 ちなみにうちのチャート診断では今日の時点で買いサインが点灯した(暴落開始時の「ナイアガラ部分」が過去側に移るので、見かけ上底打ちっぽく見えるため)のですが、勿論こんな状況での買い戻しなどあり得ません。引き続き、最低でもFOMCと日銀会合を通過するまでは買い戻さずに様子見します。


 そして、今後も一時的なリバウンドがあるのかもしれませんが、基本的に上げる材料が(可能性が低そうな)追加緩和と、FOMC&日銀会合を(どんな結果であれ)通過する事によるアク抜け感くらいしかありません。米の利上げ(延期)も上げ要素としてあるのかもしれませんが、最近は利上げを延期してもプラス要素になるのかわからなくなって来ました。
 いずれにしても、個人的には、短期的にも中期的にも下げ局面突入が、明確になってきたと感じています。


 私自身は既に資産退避状態に入っており、金曜引けの時点で「『売却中の株』が売値から下がった幅」(いずれ安く買い戻せる値幅)が8月25日時点を越えて、約10%と最大幅に到達しています。月曜、そして暫くの間は更に下げそうな雰囲気なので、個人的にはこのまま買い戻さずに、「売却中の株」の値下がりをニヤニヤしながら眺めていればいい事になります。

 ただ、問題は今月末になると9月権利確定日を迎えます。9月権利確定銘柄も結構ありますし、同時に保有銘柄の大半を占める3月銘柄の中間配当日でもあるので、できればこの権利日についてだけは、これらの銘柄を持った状態で通過したいところです。
 ただそうなると、9月権利銘柄を買い戻さなければなりません。
 しかし、連休がある関係で、FOMC/日銀会合の通過から、9月権利確定日(25日、連休週の金曜日)までほとんど間がないので、判断が難しいところです。

 「FOMC/日銀会合の結果により、明らかに『買い』なので買う」「権利確定日だけ保有する一撃離脱戦法を取る」「どう見ても怪しいので買い戻さずスルーする」の選択肢が考えられますが、どうするのかは来週末か、更にその先の連休期間にじっくり考えたいと思います。

 まあ、いずれにしても、まずは週明けの相場を見てからというところでしょうか。果たしてどんな状況になるのでしょうか。



■今日のFX
 3000NZドルを75.754円で購入。
 買値から2円落ちにより、NZドル1発分を損切り。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

リバウンドも勢い無し(今日の相場 H27.9.3)

■今日の相場 H27.9.3 「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+15.5%→+16.0% / 「売却中の株」…売値から-8.3%→-8.4%

 今日の株式市場は、前日の米国市場の大幅上昇などもあってリバウンドしました。
 しかし、引けに掛けて失速する展開となり、86円高に留まっています。

 私の持ち株についても、全体では微下げとなっており、リバウンドよりも失速が目立つ結果となっています。

 正直、「昨日落ちた分くらいは戻る」と思っていたのですが、想像以上に弱い感じですね。やはり一日過ぎる毎にFOMCや日銀会合、その前段階の雇用統計などが迫ってきているので、警戒感が高まってきている感じでしょうか。
 「底」自体は割れない事もあって、そろそろチャート的には買い時っぽい値動きになってはきましたが、引き続き相場には参加せずに様子見を続けたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを76.368円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

暴れながら落ちるのか?謎の乱高下についていけない(今日の相場 H27.9.2)

■今日の相場 H27.9.2 「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+16.8%→+15.5% / 「売却中の株」…売値から-7.2%→-8.3%


 今日の株式市場は約70円の下落。私の持ち株関係も下落し、「売却中の株」の売値からの値幅も着実に大きくなっています。

 ……が、昨日の大幅下げに加えて、昨夜の米国株が450ドル以上下落、更にはドル円が120円切りなどの展開があり、今日の相場は大幅下落が予想されていた筈だったのですが、実際には全く予想もつかない動きとなりました。

 朝方マイナスからいきなり大幅上昇でプラス転換。プラス転換だけでも予想外の動きなのに、一時は300円以上の大幅な上げとなっています。その後徐々に失速してマイナス転換したものの、600円近くいきなり上昇する乱調展開となっています。
 さっぱりわけが判らない動きですが、そもそも昨日いきなり暴落した時点からわけがわからない状況です。どうも「バンジージャンプで吊られている人」はかなり暴れている様です。私個人の見解としては「最終的には落ちる」と見ていますが、この暴れ具合を見ると、もうしばらくは触らずに様子を見るべきだと思います。
 FOMCや日銀会合。少なくともその前にある米雇用統計あたりまでは下手に動かない方が賢明な相場展開が続きそうですね。



■今日のFX
 3000NZドルを76.146円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

謎の大暴落発生。バンジージャンプのゴム紐が切れるのか!?(今日の相場 H27.9.1)

■今日の相場 H27.9.1 「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約7%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+21.7%→+16.8% / 「売却中の株」…売値から-4.1%→-7.2%

 今日の株式市場はズルズルと値を下げて724円もの大幅下落となりました。
 確かに米国株は下落、上海株も下落、更には(取引時間帯には)それなりに円高進行などはあったものの、正直「ここまで落ちる事もないのでは」と言った感じです。
 「ある程度落ちる」あたりまでは予想していましたが、想像以上の下落でした。やはり、先行き警戒感が強い感じでしょうか。

 今回の下落は「バネの揺れ」「バンジージャンプ状態」で、上下に跳ねつつも基本は下。問題は(つり下げている)「ゴムの長さ」であり、次第にその水準に落ちつく…というのが当面の相場に対する私の見方なのですが、やはり相場状況が悪いこともあって上下に跳ねつつも「ゴムが伸びてきている」様です。そうなれば乱高下が終わった後の「落ちつくべき水準」も次第に下がって来ますし、状況次第では「ゴムが切れて一気に落ちる」可能性も出てきそうです。

 この状況を受けて、私の持ち株関係も当然ながら下落しています。
 TOPIXから感じる体感としては、概ね、底値前後の日(8月24日や26日)まで戻った感じでしょうか。また、日経平均では18000円割れ目前となっており、終値レベルでの
最安値まであと350円ほどしかありません。

 問題は明日以降の相場展開です。
 更に円高が進み、120円を切りつつありますし、更に下落しそうな感じですね。日経先物も下げており、18000円を切る勢いです。ひょっとしたら明日は終値で底を割るかもしれませんね。
 ただ、どんな値動きになったとしても「バンジージャンプで上下に跳ねている最中」として引き続き静観。FOMCや日銀会合まで様子見を続ける予定です。



■今日のFX
 買値から2円落ちにより、NZドル1発分を損切り。
 3000NZドルを75.964円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
プロフィール

ながつき

Author:ながつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者
各バナー等
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
リンク(リンクフリーです)
検索フォーム
QRコード
QR