あかん…また寄り天や…(今日の相場 H28.2.29)

■今日の相場 H28.2.29 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約70%→約96%(買い戻し実施3回目/全3回予定)※ほぼ全力
 持ち株…買値から-0.0%→-0.7% / 「売却中の株」…売値から-1.1%→+18.7%


 週明けとなる本日の株式市場ですが、G20の結果を好感して上昇…かと思いきや、円高進行などもあって10時頃からズルズルと値を下げ、最終的にはマイナス転換で叩き落とされる結果となっています。
 ここ最近、16300あたりが上昇限界点で、越えそうな度に叩き落とされていたのですが、さすがにG20で状況も変わるかな…と期待していました。が、やっぱり繰り返された感じです。

 私の方は予定通り、買い戻し3回目を実施したのですが…この展開で「寄り天で買ってから下落」になってしまいました…。このパターンは何度目でしょうか。ここ最近の売買では、毎回「寄りにするか、引けにするか」を間違えて損をしている感じがします。朝方はドル円も114円付近で粘っていたので、これならいけると思っていたのですが…。
 ただ、同時に下値も堅い感じがしますし、何とか持ち直して貰いたいところです。


 今日の下落は上海市場や円高などが影響したと考えられます。また、G20での「通貨の競争的な切り下げ回避」が嫌気されたのかも知れませんが、中国がさっそく追加緩和(預金準備率の引き下げ)を実施するなど、そもそも意味のない決定っぽい事が露呈しています。これからどうなるのでしょうか…。

 今日の買い戻しでほぼ全力持ちに戻ってしまいましたし、3月に入るため、持ち株の大半である3月権利銘柄は売り辛くなります。できれば3月末くらいまでは堅調に推移して貰いたいところですが、今日の下げで、うちのチャート診断では明日の時点で「買いサイン」が消滅しそうです。
 果たしていつになったら(一時的にでも)上昇展開に戻ってくれるのでしょうか。引き続き相場展開を注視したいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを74.588円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

スポンサーサイト

G20後の週明け相場反応はどうなるのか?(週末の相場 H28.2.28)

■金曜の相場 H28.2.26 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約44%→約70%(買い戻し実施2回/全3回予定)
 持ち株…買値から-0.3%→-0.0% / 「売却中の株」…売値から-4.8%→-1.1%


 金曜日の株式市場は、G20の期待などから上昇展開で推移したのですが、週末前のリスク回避が働いたのか上げ幅を縮小しています。

 私については、予定通り買い戻し2回目を実施しました。寄り天の値動きだった事もあり、残念ながらこの日の買い戻し分については微マイナスになってしまっていますが、全体的には持ち株は上昇、プラス転換も目前になっています。

 週明けの値動きが気になるところですが、今のところ月曜の寄りで3回目の買い戻しを実施。(手数料調整のために少し残りますが)ほぼ全力買いに戻し、3月相場に突入する予定です。

 この行動が正しいのか。週明けの相場が正しいのかどうかは、勿論金土に実施されたG20の結果によるわけですが……。


■G20後の週明けはどうなるか?

 G20の結果などを分析すると、
・「抜本的な対策」的なものは何も決まっていない
・現状と「あらゆる対策が必要である」との危機意識は共有された。
・通貨安競争は回避。通貨安となる対応を取る際には「事前通知」をする事に。
(ただし、「事前承認」でもないし、市場に情報が流れるわけでもない。更には罰則もなく、「現在の緩和をやめろ」と言われたわけでもない)

 …正直、月曜の反応が上に出るのか下に出るのか、よくわかりません(笑) 上下どちらにも判断できる材料ばかりで、相場が上下どちらに取るのかは蓋を開けるまで解らない感じがします。

 また、G20の結果ではありませんが、もう一日経つと3月に入ります。月明け早々には「スーパーチューズデー」、続いて全人代や政商会議、その後は一週間毎に欧州理事会、日銀会合、米FOMCなど、単体でも相場に大きな影響を及ぼしそうな感じがてんこ盛りです。
 この事を考えると、G20についてはほぼスルーされて、興味は3月の各イベントに移っていく形になるのではないかな…と思っています。つまり、週明けの株価はほぼ変わらない結果になるのではないかと思います。

 ただ、先週末の値動きが「G20の結果が好感される事を先取り」して上がっていた感がありますので、期待分が剥がれ落ちる程度の下落はあるかもしれません。
 とはいえ、国内株についてはかなり底に近いっぽい感じがしますし、下値も限られている感じがします。

 個人的な予想としては…金曜夜間相場明けの時点で、日経先物が100円強のプラスになっているのですが、この分が「実際には上がらない」(±0付近で始まる)あたりかなと思います。
 ただ、何と言っても最近は為替や原油価格の影響が大きいです。現在33ドル弱の原油価格は概ねこんなものかと思いますが、114円に乗せつつあるドル円は、週明けもそのままの水準を維持した場合、相場には好感され、株価にはかなりプラスに働くと思います。

 週明けについては株価よりも前にドル円の方が動き出しますので、株価だけでなく為替についても注目して今後の行動を決めたいと思います。


■今日のFX
 3000NZドルを76.007円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

上がりそうな雰囲気ではあるが…(今日の相場 H28.2.25)

■今日の相場 H28.2.25 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約44%(買い戻し途中1回/全3回予定)
 持ち株…買値から-1.0%→-0.3% / 「売却中の株」…売値から-6.2%→-4.8%

 今日の株式市場は円安進行などはありましたが、思った以上に強い展開となり、220円以上の値上がりとなりました。
 私の持ち株も一定の上昇を見ています。

 買い戻しを一旦見送って静観した今日の相場であったわけですが、思った以上に上昇しました。やはり、状態が落ちつきさえすれば、値動きの「波」の中心点はもう少し上にあるのかもしれません。

 そうなれば、明日から買い戻しを継続すればいいわけですが…。相場終了後、夕方にまたも円高に振れて先物が下落。しかし、夜になって再び円安に振れるなど、不安定な値動きが続いています。特に材料も無さそうなのに揺れ動いていますし、難しい展開です。
 そして更に、週末にはG20がありますが、通過後の週明けに相場がどうなるかが読み切れないところがあります。

 今日の相場も上昇しましたので、順当に行けば明日金曜日は「買い戻し2回目」を実施予定なのですが、本当にここで買っていいものか悩ましいところです。
 値動きが激しくて、購入タイミング次第では、またも高値購入後叩き落とされる可能性があります。また、ここで購入するとポジションが45%→約70%まで上がるわけですが、その結果「週末のG20後の値動き」で受ける影響も増大する事になります。結果がプラス方向ならいいのですが、失望売り展開になった場合のリスクも拡大してしまいます。

 いずれにしても、まずは今夜の米国相場を見て、その結果次第で金曜日の行動を決める予定です。いつも通り、明朝に確認した時点の日経先物次第で、3パターンのどれかとなります。
・上がっている → 予定通り購入を「寄り」で実施
・下がっている → 買い注文を「引け成り」で実施
・大きく下がっている → 購入延期

 どの選択肢が正解なのかは、明日だけでなく、G20や週明けの値動きを見るまで解りません。できれば今度こそ正解の行動を引きたいところですが……。


■今日のFX
 3000NZドルを75.205円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

やっぱり下落も、謎の底堅さ(今日の相場 H28.2.24)

■今日の相場 H28.2.24 「下降期」(下降速度低下)→「仕込み期」に転換
 株資産の持ち株割合 約44%(買い戻し途中1回/全3回予定)
 持ち株…買値から-1.0%→-1.2% / 「売却中の株」…売値から-6.2%→-6.2%


 今日の株式市場は、昨夜の米国株下落、円高進行、原油価格下落などの展開もあって軟調な展開となりました。
 …が、蓋を開けてみると下げ幅は130円程度。朝方の雰囲気ではもっと大きな下げになりそうでしたし、16000円を切った時点で腰砕けでガクっと落ちる展開もなく、むしろ寄り底で切り返す展開になっています。
 新興、小型株系は強かった様な感じで、ジャスダックやマザーズは逆行高になっています。

 私の持ち株関係も、最終的には微下げになっていますが、昼過ぎに確認した時点ではむしろプラスになっているような状況でした。
 何というか、今日もそうですが、ここ最近は謎の底堅さが発揮されている感じです。
 とはいえ、為替や原油など、外部環境が改善されたわけではないので、判断が難しい感じです。そろそろ世間に現在の株価や為替水準が定着して来た感もありますが、これが底堅さとして働くのか、それとも「もう上には戻れない」と認識されるのかも問題です。

 更に、G20がどうなるのか、そして結果を受けて相場がどう動くのかが読めないところが難しいです。原油価格や通貨安競争などについて話し合われる様ですが…例えば参加国から円安誘導について責められる展開になれば、週明けは円高が進行するのかもしれませんが、「特に突っ込まれなかった」場合には急速に円安に戻る可能性もあります。

 要するに上下どちらに動くのかさっぱりわからないわけですが、個人的には「上がる可能性もありつつも、やや弱めっぽい」との意識なので、現在の持ち株率4割というのは、丁度いいポジションなのかもしれません。
 現在は買いサインが点灯しており、買い戻しの途中ではありますが、引き続き明日も下手に動かずに様子見でいきたいと思います。この日記を書いている時点では、明日も更に一定の下落になりそうではありますが…果たしてどうなるでしょうか。



■今日のFX
 3000NZドルを73.936円で購入。
 保有分のうち1発分に逆指値(損切り)発動、売却。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

また騙し上げに引っかかったっぽいが…(今日の相場 H28.2.23)

■今日の相場 H28.2.23 「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約12%→約44%(買い戻し1回目実施/全3回予定)
 持ち株…買値から+1.9%→-1.0% / 「売却中の株」…売値から-3.0%→-6.2%


 今日の株式市場は、朝方は前日の米国株高などの流れを受けて買い先行で始まったのですが、その後円高が進行した事で下落。マイナス転換して引けています。

 私の方は、予定通り(怪しみつつも朝方の状況が良さそうだったので)買い戻しを実施したのですが…見事に寄りの高値で買ってしまい、その後たたき落とされる展開になっています。またやってしまった……。
 最近は為替も下げ止まりが見えていたのですが、ここでいきなり1円近い円高が来てしまいました。「G20で通貨安競争回避を呼びかけ」などの情報もありましたが、これは(今日午前ではなく)昨夜から出ていた気がします。朝方に為替がそれほど反応していなかったので大丈夫だと見て買いに動いたのですが…。

 どうも、昨年末、1月に続いてまたも騙し上げに引っかかってしまった感じです。特に今日買い戻した分は寄り天からの叩き落とし幅が結構大きく、持ち株もマイナス転換してしまっています。


 今日の寄り天マイナス引け展開は、結構残念な結果ではあったのですが、その反面、妙に強い側面もあるので、判断が難しいです。
 夕方から夜に掛けて、為替は112円を切っているのですが、その割には日経先物は下がっていません。また、今日の後場についても円高が進行した割には100円も下げずに相場を終えています。少し前であれば平気で300円とか500円動いてもおかしくない状況だと思うのですが…妙な底堅さを感じます。
 もしかして、この状況で為替が回復すれば、株価は結構上に振れるパターンかもしれません。
 とはいえ結局のところ、私には底堅いのか弱い相場なのか解りませんし、ここから為替や米国株が変動した場合に上下どちらに振れるのかも判断し辛い状況にあります。ただ、個人的には、やはり今日は無理に手を出さずに、もう一日様子を見ておくべきだったと反省しています。

 とりあえず持ち株が下がった事もあるので、これ以上の買い戻しは行わずに延期として、明日の相場がどう動くのか様子を見たいと思います。
 もし底打ちしてくれれば改めて買い戻しを検討しますし、下がる様であれば「底」がどこなのか(撤退も検討しつつ)様子見を続ける形になると思います。




■今日のFX
 3000NZドルを74.951円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

すごく怪しいけど、買いサイン点灯(今日の相場 H28.2.22)

■今日の相場 H28.2.22 「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約12%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+0.2%→+1.9% / 「売却中の株」…売値から-3.9%→-3.0%

 週明けとなる今日の株式市場ですが、先週末の値動きを受けて朝方は安かったものの、9時台には早々にプラス転換。その後は堅調な展開となり、約140円の上昇となりました。
 私の持ち株も相場に合わせて一定の値上がりとなっています。概ね、金曜で下がった分を帳消しにした感じです。


 正直、今日の相場の強さには驚かされました。G20への期待感が出ているらしいですが…それにしてもプラス転換までいくとは思いませんでした。
 その後、夕方から夜に掛けても為替はやや円安、原油も回復基調となっており、日経先物は引き続きプラスで推移しています。

 今日の堅調な相場展開を受けて、うちのチャート診断では(予定よりも早く)明日には買いサインが点灯する見込みとなりました。
 正直、今週前半くらいは軟調展開で、買いサインの点灯は木か金になると思っていました。で、実際に買うのかについてはG20の結果を見ながら週末に考えるつもりだったのですが…予想していたよりも早く、決断すべきタイミングが来てしまいました。

 決断と言いつつも、原則はマイルールを守る方針なので、明日から買い戻しを実施していく形になります。「売却中の株」もかなり回復が進んではいますが、今から買い戻せば、おそらくは売った時よりも安く買い戻せると思います。
 ただ、問題は買い戻した後に上がってくれるか…です。明日から買い戻した場合、週末くらいには全力買いに戻るわけですが…個人的には、G20後は失望されて下がるとしか思えません。どう見ても危険な感じしかしないのですが……。また、今の時点では為替も原油も比較的堅調ですが、ちょっと目を離した隙に激しく変動するので信用できません。

 そんな怪しげな状況ではあるのですが、やはりここはマイルールを守って、明日から買い戻しを開始する予定です。今のところ、いつものパターンで明日は「売却した株」の1/3を買い戻し予定です。
(ただし、今夜の米国市場の推移などで、明日あきらかに大きく下げそうな情勢となった場合は中止します)
 買い戻す以上は、ここからは緩やかな回復基調になってくれればいいのですが……。




■今日のFX
 3000NZドルを75.418円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

下げ継続っぽくはあるが、底打ち可能性も?(週末の相場 H28.2.21)

■金曜の相場 H28.2.19 「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約12%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+1.0%→+0.2% / 「売却中の株」…売値から-3.1%→-3.9%

 金曜日の株式市場は約230円の下落で16000円を割っています。
 やや円高進行でしたし、木曜日に妙に上げた分くらいは巻き戻るかな…と思われましたが、体感的には半値戻しくらいでした。
 私の持ち株も下がりはしたものの、木曜上昇分の半分程度巻き戻った程度で、概ね同じような感じです。

 金曜夜の米国相場や各種指標などから、週明けの日経は100~150円程度下がりそうな感じでしょうか。金曜の半値戻し分と、月曜にあるであろう?下げを合わせると、概ね木曜上昇前まで戻る感じでしょうか。大体、16000円の少し下あたりが当面の落ち着きどころの様な感じです。


 週明けからどうなるかが当面の問題となりますが、とりあえずの判断材料が金曜の米国株の値動きでしょうか。

 金曜夕方から土曜朝方に掛けて、為替も含めて揺れ動きました。
 週末に発表された消費者物価指数なども合わせて、どう判断するのかは難しいところですが、発表後の金曜米国市場は開始直後から大きく下げるも、その後戻して微下げレベルという動きになっています。うーむ、よくわからん…。
 個人的には、良くも悪くも状況はあまり変わらず、金曜引け辺りの水準を中心にしつつ、時々激しく振れる展開が続くと考えていますが、結局は原油や為替次第でしょうか。

 為替はよくわかりませんが、原油は「結局のところ減産する気はない」「在庫がダブついている」事が次第に認知されつつありますので、軟調な展開になると見ています。
 産油国が減産するか…というのは結局のところ「囚人のジレンマ」というやつですが、これはそもそも「相手に一定以上の信頼感がある」からこそ「ジレンマ」たりうるのであって、構成メンバーの顔ぶれを見ると「裏切り」一択しかありえないというか、少なくとも自分だけ率先して減産するなどありえない感じがします。
 仮に産出量を半減させたとした場合、原油価格が倍になったところで、やっと元の売り上げです(実際には固定費があるので、条件はより厳しいわけですが)。そんな事をするくらいなら、(体力のあるところは)このまま他産油国のどこかが死ぬまで粘るのが現実的な流れではないかと思います。
 また、そろそろ冬も終わりに近づいているので、暖房需要も減ってくるのが気になるところです。

 そんなわけで、長期的には原油安→軟調展開と思っていますが、より短期的な当面の動きは難しいです。
 来週末にG20が開催されますし、一定の期待で底支えになることも予想されます。
 ただ、G20で何か合意されて状況が好転するとは思えないです。どうせ「協調して検討する事で合意」とか「金融市場の安定に向けて必要なら、直ちに対策で意見が一致」とか、それっぽいメッセージが出て終わりだと思います。

 そんな感じで、再来週の頭からは失望下げで、その後は3月の各国金融対策に向けて改めて「落ち着きどころ」を探る展開になると思います。
 となると、来週については引き続き手出し無用なわけですが、うちのチャート診断ではそろそろ底打ちサインが出ています(水曜あたりから買いサイン点灯の可能性あり)し、大きく下げると再度「下げすぎによる緊急購入」サインが出る可能性もあります。
 もし来週末のG20を契機に上昇相場に戻ってくれるようであれば、絶好の買い場だということにはなるのですが…個人的には上がるとは思えないだけに、難しい判断を迫られそうです。



■今日のFX
 3000NZドルを74.528円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

このあたりが落ち着きどころかな?(今日の相場 H28.2.18)

■今日の相場 H28.2.18 「下降期」→「下降期」(下降速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約12%(資産退避状態)
 持ち株…買値から-0.7%→+1.0% / 「売却中の株」…売値から-4.9%→-3.1%


 今日の株式市場は米国株が堅調だった事もあって350円以上の上昇となりました。
 ドル円が冴えなかった割に上がったな、といったイメージでした。。欧米株高や原油価格が比較的堅調だったことが下支えになっている感じです。
 私の持ち株もそこそこ上昇しています。

 ただ、問題はここから上下どちらに動くのかです。現在の株価は概ね最近の下落分の「半値戻し」に近い所まで来ています。これ以上の上値余地は乏しい感じで、あと100円程度が限界でしょうか。これ以上は一時的に上げても跳ね返されるでしょうし、上抜けるには一定の好材料が必要だと思います。
 かと言って、ここから大きく下げるかも微妙です。良くも悪くも、相場が「落ちつく」時が迫っているのかもしれません。

 方向性が定まるまでは、もう暫く資産退避状態で様子見を続けたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを75.471円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

引き続き不安定な値動き(今日の相場 H28.2.17)

■今日の相場 H28.2.17 「下降期」
 株資産の持ち株割合 約12%(資産退避状態に)
 持ち株…買値から-0.6%→-0.7% / 「売却中の株」…売値から-4.6%→-4.9%


 今日の株式市場は、前日の米国株上昇の流れを受けて、朝方はやや上げが優勢でしたが、引けに掛けて下げに転じ、最終的には約200円の下落となっています。
 私の持ち株も全体的に微下げといった感じでした。

 午前は200円近い上げ、そして引けはマイナス400円から200円戻す…と引き続き不安定な値動きが続いています。ドル円も114円付近でうろうろしている感じでしょうか。なかなか方向性が決まらない感じです。

 引け後、114円を切る円高→日経先物も下げていましたが、夜になって円安方向に転じて、現時点では100円程度のプラスになりそうな感じでしょうか。同じような感じで、原油価格もうろうろしています。
 ただ、このあたりはちょっと目を離せばすぐに風向きが変わっていそうですし、最終的に上下どちらに動くのか予断を許しません。なかなか怖くて手を出せない展開がもう暫く続きそうですね。



■今日のFX
 3000NZドルを75.292円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

撤退完了…さて、上下どちらに動くか?(今日の相場 H28.2.16)

■今日の相場 H28.2.16 「下降期」
 株資産の持ち株割合 約36%→約12%(買い戻し中止撤退、資産退避状態に)
 持ち株…買値から+0.2%→-0.6% / 「売却中の株」…売値から-7.2%→-4.6%
※持ち株売却(損切り)実施…年初からの売買利益 -5.7%→-5.7%


 今日の株式市場は約30円の上昇。大幅高となった前日の反動からか、微下げで始まったものの、その後はプラス転換。一時は300円以上の上昇となりましたが、最後は失速した形になっています。
 前日ほど激しくないとは言いつつも、それでも上下500円の値動きで、引き続き不安定な相場でした。
 そして、やや円安、原油高、上海もプラスと条件が揃いつつも、前日の勢いのまま更に上昇…とは行かなかった事で、益々展開が読みづらくなって来ました。


 私については、予定通り今日の寄りで撤退しました。
 朝方下げて始まった事もあり…この地合にも関わらず、売った株達は(数千円レベルですが)マイナスになってしまっています。
 せめて昨日の寄りで買うか、今日の引けで売っていれば多分プラスになっていたのですが……何て下手なのでしょう(笑)
 ともあれ、とりあえずほぼノーダメージで撤退が完了したので良しとします。


 今回撤退したのは「何か怪しげだから逃げた」わけですが……問題はここからの相場がどう動くかです。
 この日記を書いている夜10時頃の時点では、やや円高となり、ドル円は113円台に。そして日経先物も200円程度のマイナスとなっています。
 やっぱりそうなったか、と偉そうに書きたいところですが、これから米国市場が始まってどう風向きが変わるかわかりません。翌朝に相場を確認したら、全く状況が変わっている可能性もあります。

 要するに上下どちらに振れるか全く解らない状況なので、いずれにしても私的にはここで全力で持つなど怖くてできません。その意味で、とりあえずここでポジションを減らして資産退避状態で様子見をするのは妥当だと考えています。
 ここから最終的に上に行ったら仕方ないですが、いずれにしても方向性がはっきりするまでは、この状態で警戒を続けたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを75.163円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

爆上げだが…何だか怪しいので即逃げします(今日の相場 H28.2.15)

■今日の相場 H28.2.15 「下降期」
 株資産の持ち株割合 約10%→約36%(買い戻し実施1回目/3回予定)
 持ち株…買値から-4.2%→+0.2% / 「売却中の株」…売値から-12.1%→-7.2%

 今日の株式市場は、大幅反発で1000円を超える上昇となりました。
 最近の下落が大きかったとはいえ、まさかここまで上がるとは…。


 私も昨日の日記通り、今日から買い戻しを実施したのですが……正直ここまで急激に上げてしまうとついて行けませんでした。
 朝方のGDPでも、午前の上海株下落でも勢いは止まらず。おかげで安いところを狙った筈の「前場引け」での買いは失敗で、「上がってから購入」になってしまっています。こんなことなら「寄り」で買って置けばよかった…。
 最終的には、元々持っていた株(一割程度)はそこそこ上がったのですが、今日購入した分は、微上げ程度しか恩恵が無い結果になっています。



 そして、明日以降の作戦なのですが…。
 完全に想定外の激しすぎる値動きから、自分には合わない値動き…というか、「危険」だと判断しましたので、今日から買い戻しを始めた早々で何なのですが、「即逃げ」に入ります。
 すなわち、今日買い戻した分を明日の寄りで売却して、再び資産退避状態に戻ります。

 僅か一日で方針転換となるわけですが、理由は何と言っても、今回緊急で買い戻しを実施した前提である「安すぎる」という状況が失われた事です。
 勿論明日から更に上昇する可能性も十分にありますが、ここまで上がってしまうと、「リバウンドの巻き戻し」が発生する可能性も十分にあります。
 元々目指していた「下げすぎたところで購入」→「リバウンドでの上昇を期待」というコンセプトが失われました。また、「売却した株」が上昇してしまった結果、ここから買い戻しても(今回の買い戻しの発動条件だった)回収差額での最高値は達成できない状況です。
 前提条件が失われましたし、状況が変わった以上、さっさと手を引くことにします。

 即売りした場合、今日購入した株たちは買値よりも安く手放す事になるかもしれませんし、売却後も更に株価が上昇して「売らなければよかった」「更に買い戻しを進めるべきだった」となる可能性もありますが、マイルール外の値動きで何が起きたとしても、自分には合わない相場だったと割り切る事にします。私にとっては「儲け損ね」ても「損をしない」事の方が重要なので、安全第一で行動したいと思います。ちょっと判断を誤れば百万レベルが吹き飛びそうな、最近の値動きはあまりにも激しくて、怖すぎます。



■今日のFX
 3000NZドルを76.003円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

月曜からリバウンド狙いで買い戻しを実施予定です(週末の相場 H28.2.14-2)

 さて、金曜の下落の結果、私の「売却中の株」についても売値からの下落幅が過去最高額を更新しました。
 木曜の日記にも書きましたが、この条件を満たした事により、マイルールの一つである(相場の値動きに関係なく)「買い戻して値幅を回収する」を発動させる事になります。
 つまり、このタイミングで「売却した株」の買い戻しに動く事になります。
 これは、勿論更なる下落リスクはあるのですが「下落幅が過去最高になる程の状態」=「株価が売られすぎ水準でリバウンド間近」との考え方に基づきます。

 リバウンドせずに下げが継続する可能性は勿論あるのですが、そのあたりは購入を数日(3回)にずらす事でリスクを分散させます。
 また、数日に購入して全力買いに戻った時点で、明確な上昇局面でもない限り、直ちに翌日全売却して再び資産退避に戻ります(多分このパターンがほとんどだと思います)。あくまで、「下落幅の利益確定」が主要目的で、追加であわよくばリバウンドが取れれば…といったところです。
 更に、もし購入を終えた時点でもリバウンドが発生せず、株価が下がり続けている場合も当然ながら直ちに売却して退避します(一定の損切りにはなりますが)。


■月曜の株価はどう動く?

 そんなわけでマイルール通りに買い戻しには動くのですが、問題は先週末の値動きが微妙な事です。
 金曜夜に米国株等が大幅に上げており、日経先物からも月曜は500円程度の上昇が予想されています。事前想定の「下げ続けている」状況とは異なり、月曜の値動き次第では「買い遅れ」になる可能性があります。
 月曜は朝方にGDP発表もありますし、個人的には500円も上がらないだろうと見ていますが、それでも想定外の値動きを警戒しなければならないのは事実です。


 ただ私自身は、月曜日は、多分金曜日に近いような値動き…「乱高下しつつも寄り天」になると見ています。
 悪いと思われる朝方のGDP、大きく下げそうな休み明け上海市場の値動きを受けて、株価が叩き落とされるタイミングになると思われますし、月曜寄りで上げたとしても利確で失速する時間帯になると見ています。
 少なくとも(上海市場開始前の)寄りで買うよりは安く買える可能性が高いと考えられます。更に、日経先物とは裏腹に、前場引け時点でマイナスになっている可能性も一定程度あると見ています。

 そのため、今回は寄り天→下落の底になっている事に期待して、「前場引け」で買い注文を出す予定です。

 今回の買い戻しで期待される「安く買い戻せる値幅」は、もし現在の日経先物通り+500円程度の水準で買い戻しても、過去最高水準。更に、もし金曜終値水準で買い戻せれば去年の利益に対して丸二年分程度に達する、非常に美味しい額なのですが…果たしてうまく行くのでしょうか。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

大暴落だが底打ちの兆しも?(週末の相場 H28.2.14)

■金曜の相場 H28.2.11 「減速期」→「下降期」に転換
 株資産の持ち株割合 約10%(資産退避状態)
 持ち株…買値から-0.0%→-4.2% / 「売却中の株」…売値から-7.5%→-12.17%


 金曜日の株式市場は、760円もの大幅続落となりました。ついに15000円ラインすら突破されています。
 木曜日につけた一時110円台から一定のリバウンドが見られるなど、微妙に明るい材料もあった気がしますが、そんな程度では下落は止まりませんでした。
 15000円割れ→リバウンドっぽい動きが2回あったにも関わらず、最終的には引けで再度割れているのもタチが悪い値動きですね。巻き込まれた方も結構いるのではないでしょうか。

 資産退避中の私の持ち株関係も大きく値を下げており、ついに下落幅は10%越え。下がった額は過去最高に近い水準になっています。
 それにしても、この3日間だけで2000円以上、そして年明けには19000円だったのに、一月程度で15000円を切るところまで落ちている…この下げ相場の恐ろしさに驚くばかりです。


 問題は今後の値動きなのですが、金曜夜の米国株や為替が微妙にリバウンドっぽい値動きを見せています。
 さすがに下げが急速なだけに月曜はリバウンドしそうではありますが…問題はそこで風向きが明確に変わるのかです。そもそもドル円が113円前半を「戻った」とするのはどうかという気もします(確かに110円台からすれば戻っているのですが、ここから120円まで戻すとはとても思えない)
 正直、単なる一時的な自律反発で、早々にまた落ちると見ています。米国は月曜休みなので、火曜の再開あたりから早々にマイナスになってもおかしくないと思います。
 更に、月曜朝にはGDP発表や上海株再開などもあるので、私自身は国内市場は月曜午前には早々に失速する可能性も十分にあると見ています。


 また、今のところ、世界各国があまり対策を打っていないのも気になります。
「G20で対策検討」の情報もありますが、上海G20って再来週末(26-27日)なのですが…それまで放置ですか?
 そして、そもそもこれ以上対策として何かできるのか…という問題もあります。中長期では、やっぱり下落基調は変わらないのではないでしょうか。


 ただ、短期での値動きとなれば話は別です。
 3日間で日経平均2000円、ドル円も半月で10円という下落幅はいくら何でも急激すぎますし、短期的なリバウンドはあるのではないかと思います。
 そして、「ドル円110円台前半」や「日経平均15000円割れ」の世界が定着するまでは、今少しの時間を要する筈で、こうしたラインを割った段階でのリバウンド局面が一時的には続くのではないかと思います。
 よって、当面の焦点はこうした「短期的なリバウンド」に期待して短期参戦するか…となります。


 そんなわけで、私の場合、この急激な下げで、緊急購入のマイルールの発動条件になった事もあるので、ここで参戦するかが検討項目となります。
 どうするかについては、この後別記事を立ててじっくり考えたいと思います。

■今日のFX
 3000NZドルを74.966円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

もうあわてる様な時間じゃない(手遅れという意味で)(祝日の相場 H28.2.11)

 著作権に引っかかる気がするので、仙道さんの画像やAAは皆さんで想像して下さい(笑)


■今日の相場 H28.2.11 「減速期」
 株資産の持ち株割合 約10%(資産退避状態)
 持ち株…買値から-0.0% / 「売却中の株」…売値から-7.5%


 朝方にドル円112円入りの記事を書いたばかりだというのに…気がついたら111円台に落ちただけでなく、111円を切って110円台にまで突入しています。

 欧州の株式も軒並み下落しています。また、開城団地閉鎖など気になるニュースも入ってきています。
 この後深夜に掛けてリバウンドの動きなどが出るかもしれませんが、金曜日の株式は大幅に下落する公算が高そうです。
 建国記念日だというのに、日本は(少なくとも追加緩和効果やアベノミクスは)終了ですか……。
 資産退避状態で本当に良かったです。手遅れになる前に逃げていなかったらと考えるとゾッとします。


 正直、こんな短期間で円高株安が進行する事態は異常です。
 もはや普通の下げではありません。普通であれば「下げすぎ」「そろそろリバウンド」と考えるところですが、数年から十年に一度、リーマンショック級の異常事態だと考えて行動した方が良さそうです。


 既に資産退避状態である私の場合、本来であれば、下がっていくのを高見の見物していればいいわけですが…下げすぎによる買いサインが点灯しそうなので、ちょっと悩んでいます。
 うちの「売却中の株」が売値から下がっている値幅が、順当に行けば明日の時点で過去最高額に到達します。
 「売却中の株」を買い戻す事で、売却時と同数の株が手元に戻るのと同時に、売値-買い戻し値の差額分が手元に残る事になります。この「安く買い戻し」(下落リスク回避)+を狙って持ち株の売買を繰り返すのが私の投資スタイルです。

 そして、この値幅が過去最高値を更新した時点で、買い戻して利益確定させる…というのが、私の投資マイルールの一つです。そのため、マイルールに従う場合は、月曜日の時点から買い戻しを行う予定です。
 ただ…これだけの異常事態だけに、実際に買いを発動させるかは悩むところです。
 「値幅が最高値を更新する程の下落」=「売られすぎ、リバウンド間近」という考え方が元になっているわけですが、本当に今回にこの考え方が適用できるのか、難しいところです。
 また、前日の段階でこれだけ酷い下げが来ると、金曜の時点でセリクラを過ぎてしまう(=リバウンド狙いとしては既に買い遅れ)など、状況の動きの速さについていけない可能性があります。
 更に、今夜にもう一度イエレン議長証言が予定されており、波乱となる燃料が新たな投入される可能性すらあります。

 どう判断するかは難しいですが、いずれにしても明日(金曜)の時点では動かずに、週末にじっくりと考えて決断したいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを74.127円で購入。
 保有分のうち8発分に逆指値発動(損切り7、利確退避1)。

 …今日の下げで、再びポジションが全消滅してしまいました。ただ、逆指値を浅めに設定している事もあり、比較的軽微なダメージで逃げ切れています。
 毎日打診買いを続けていれば、いつかどこかで「底」を掴める筈ではあるのですが…ポジションが少ない分、今であれば大きく下げてもダメージは少ないので、早めに落ちるところまで落ちて「底」を確定させて貰いたいところです。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

止まらない…絶望の崩落相場(水曜の相場 H28.2.10)

■今日の相場 H28.2.10 「上昇期」(上昇速度低下)→「減速期」に転換
 株資産の持ち株割合 約10%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+3.2%→-0.0% / 「売却中の株」…売値から-4.7%→-7.5%


 水曜日の株式市場は350円以上の下落となりました。
 火曜日に900円以上下落した後でしたし、米国株の値動きも微下げ程度とそれほど弱くなかったので、ある程度リバウンドするのではと思っていたのですが…。
 相場開始時点でプラス、買いを吸い寄せてから叩き落とす酷い展開で、買い方には厳しい展開だったのではと思います。

 私の持ち株関係も引き続き大きく下落。アベノミクス初期からの長期保有株を中心に残していて、恒常的にプラスが見込まれていた筈の持ち株ですら、ついにマイナス転換。「売却中の株」については売値からの下げ幅が、うちの史上最高額に迫ってきました。

 本来であれば上がると考えられた昨日ですら大幅下落。
 (水曜相場中の段階では)ドル円の円高も落ちついていましたし、海外も比較的落ちついていたっぽいのに日本だけ爆下げが続いており、どこまで落ちるのか解らない状況です。


 そして、深夜にはイエレン議長証言がありました。
 発言内容をどう分析するかは難しいところですが、発言を受けた「米相場の値動き」という形で一定の結果が出ています。
 初期は上げていながら、(発言の全貌が明らかになってから)下げに転じて100ドル近い下落。おそらくは後半に発言された「金利下げの否定」あたりが嫌気されたのでしょうか。
 そして、原油が更に値下がりしただけでなく、円高が急速に進行。113円台にまで突入しています。こちらはおそらく、利上げペースの鈍化思惑が原因の一つでしょうか。
 こうなると祝日開けとなる金曜日、更なる株価下落となる公算が高くなって来ました。

 火曜の日記で「16000円切り、そしてドル円も113円台あたりに突入するかも」と書いていたのですが、株価だけでなく、為替についても達成される形となりました。
 この手の記述は、勿論予想として書いてはいるのですが、同時に「まさかここまで落ちるのかなぁ…」とも思いながら書いています。そのため、こう早々に達成されてしまうと、予想が当たった!という感じよりも、相場の展開が早すぎるという当惑の方が大きいです。

 今のところ円高などが進行している割には日経先物の落ち幅は小さく、100円台程度の下げ幅で済んでいます。円高の影響は深刻ですし、水曜の引けで(イエレン証言警戒で?)戻した分が300円程度あるので、その分の300円以上、ひょっとしたら500円くらい下げてもおかしくない気がします。また、木曜の間に更に円高、原油安が進行すれば下げ幅が追加されるかも知れません。
 そろそろ(当面の、そして短期の一時的なものに過ぎないとしても)セリクラやリバウンドがあってもおかしくないのですが、週末でもありますし、金曜日に手を出さずに様子見を続けるのが賢明かなと考えています。


■追伸(2/11 10時頃追記)

 この日記を早朝に書いていたのですが、UP前に文章をチェックしている間に、更に円高が進んで112円台に突入してしまいました…。
 朝方の時点では微下げだった日経先物も、下げ幅が急速に拡大しています。
 果たしてどこまで落ち続けるのでしょうか……。



■今日のFX
 3000NZドルを76.520円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

これはひどい(今日の相場 H28.2.9)

■今日の相場 H28.2.9 「上昇期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約10%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+7.3%→+3.2% / 「売却中の株」…売値から-0.7%→-4.7%

 今日の株式市場は、大幅な円高進行、更にはついに長期金利がマイナスになった事などもあって900円以上の大きな下げとなりました。
 昨日のどう考えても罠だとしか思えない謎上げ分(約200円)に「本来落ちる筈だった分」を加えた、ある程度大きな下落はあるかな…とは思っていましたが、まさかここまで落ちるとは思いませんでした。これはひどい……。
 私の持ち株関係も大幅に下落。退避状態で本当に良かったです。


 日曜の日記で「日銀緩和期待で上げ始める前」(1月26日の16700円あたり)あたりを突き抜けたら「1月暴落の底値」である16000円をめがけて落ちていく展開…と書いていたのを思い出しました。確かに展開の予想は当たったのですが、一日で一気にそんな段階に達するとは全く想定外の展開の速さです。
 本当に値動きが激しいです。円高も急速に進んであまりに状況がコロコロと変化するので、「そもそも昨日のドル円は何円だったっけ?」というのもすぐに思い出せませんでした。日記を見返すと昨日の日記では117円台、先週末では120円台について話題にしていたのですが、ほんの僅かの間にもう114円台になってしまっています。

 本当に、ちょっと目を離す毎に、急速に事態が悪化し続けています。
 今日についてはドイツ銀行の案件なども出てきましたが、日本についてはやはりマイナス金利の影響が大きい気がします。
 先月末に発表された時は正直「逐次投入された小手先の対策」だと思っていましたが、直後の謎上げ、そしてその後の暴落具合を見ると、考えていた以上に影響が大きい一手だった感じです。そしてその影響は、明らかに悪い側に出てきています。


 これだけ大きな下げが来ると、さすがにセリクラ、もしくはとりあえずリバウンドは来るのでは…と思われますし、実際に夕方あたりは一旦落ちついたかに見えました。
 が、やっぱりというか何というか、この日記を書いている時点でドル円は再度115円切り、原油も、そして勿論日経先物も下落に転じています。
 
 この日記を書いている時点では、まだそこまでは落ちる感じではないですし、確証もありませんが…最近の展開の速さを見ると、明日の時点では16000円切り、そしてドル円も113円台あたりに突入してもおかしくないのかもしれません。

 それにしても本当にひどい展開が続きますね。そろそろ落ちついて欲しいところですが…明日は果たしてどうなるのでしょうか。




■今日のFX
 3000NZドルを75.845円で購入。
 保有分のうち6発分に逆指値発動(損切り3、利確退避3)。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

なぜか上がったと思ったら、やっぱり罠だった(今日の相場 H28.2.8)

■今日の相場 H28.2.8 「上昇期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約10%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+6.4%→+7.3% / 「売却中の株」…売値から-1.8%→-0.7%


 今日の株式市場は朝方は値を下げたものの、じりじりと値を戻し続ける展開となりプラス転換。最終的には180円ほど上昇して相場を終えています。
 私の持ち株関係もそこそこ上昇しています。

 やや円安に戻った(といっても117円台中盤)事や、原油も落ち着き気味、そして上海市場が休場=とりあえず暴落は発生しない…などの要素はありましたが、先週末の状況を考えると不思議な上げだった感じがします。
 どちらかと言えば「プラス要素があった」というより「更なるマイナス要素は出なかった」事で消極的な買い戻しが入ったのかもしれませんが…それにしてもこれだけ上がるのは何だか変な感じでした。何か怪しいなぁ…。

 …と思っていたら、夜になって急速に円高、原油安、そしてダウ先と日経先物の下落が発生しています。
 個人的には「やっぱりか」「やはり罠だったか…」という感じです。
 そもそも今日上がった事自体が怪しかったですし、お前らまた騙されたのか…と偉そうに書いてしまいそうですが、この手の騙し上げが数日続いていたら、底打ちと判断して自分でも飛びついてもおかしくなかった感じです。
 私自身はどうやら「たまたま巻き込まれずに助かりそう」な感じですが、この手の乱高下が続くと怖くて手が出せません。上下どちらに進むにしても、そろそろ変な値動きも落ちついてくれればいいのですが……。



■今日のFX
 3000NZドルを76.918円で購入。
 保有分のうち2発分に逆指値発動(損切り)。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

米雇用統計でも底打ちせず。来週は更に危険水域に(週末の相場 H28.2.7)

■金曜の相場 H28.2.5 「上昇期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約9%→約10%(資産退避状態)※持ち株構成見直しのため(後述)
 持ち株…買値から+9.1%→+6.4% / 「売却中の株」…売値から+0.3%→-1.8%


 金曜日の株式市場は、円高の進行などもあって株価は引き続き下落。約225円の下落となりました。
 私の持ち株関係も同様に下落しています。
 ただ、下落はしているのですが、「120円もあった為替が一日程度で116円台まで円高に進行」「マイナス金利砲の効果が早々に消滅」といった状況の割には株価が落ちていない感じです。
 原油価格が(30ドルを切るほどには)下げていない事もあったのかもしれませんが、引けに掛けて100円近く買い戻されていますし、金曜夜の米雇用統計で底打ち反転する可能性が考慮されたのかもしれません。


 そして、金曜夜に発表された米雇用統計。
 雇用者数はかなり悪いながら失業率は改善して5%割り。発表直後に激しく揺れ動いた為替も最終的には「あまり変わらない」で落ちついています。
 指標そのものの善し悪しだけでなく、今後の利上げ予定にも関係してくるため、上下どちらに判断すべきな悩む結果ではありましたが…現実として米株価は大きく下げています。


 金曜の米雇用統計でも底打ちとは行きませんでしたし、円高原油安も進行中、上海株は下がったまま旧正月…そして何より、日銀マイナス金利砲の空振りがあります。来週はやはり下落展開になりそうです。
 どこまで下げるのかは解りませんが、「日銀緩和期待が上げ始める前」(1月26日の16700円あたり)あたりを突き抜けると、「1月暴落の底値」である16000円をめがけて落ちていく展開になると考えられます。
 このうち、日経先物の状況から、16700ラインについては月曜寄りの時点で早々に割り込みそうです。その先は…どうなるのでしょうか。正直、底を打つイベントが見あたらないだけに何とも言えません。
 何かしら風向きを変えそうなイベントでは、今週のイエレン議長証言(米利上げに関する方向性が明確に?)くらいしかなさそうですが、展開次第では更に下落を加速させる可能性もありそうだけに、やはり手出し無用な状況が続きそうです。

 私自身は当分株価は戻らないと考えており、底打ちするとすれば「下げすぎたところでの自律反発」か「3月の次回各国金融政策時」だと見ています。当分は手出しせず、様子身に徹したいと考えています。


 あと、この日記を書いている間に、北のミサイル発射が前倒しで実施されています。週明けに予想されていた事件が休日に早々に消化された事で、波乱要因は一つ減ったのではないでしょうか。
(どのみち、朝方の一瞬だけ株価が乱高下して終わり…の展開だったとは思いますが)
 ただ、あくまでも「一つ減った」だけで株価下落の根本要因が解消されたわけではありませんが……。



■持ち株構成の変更(優待廃止株の除外)

 金曜引け後に現在売却中の「THEグローバル社」(3271)から優待廃止の発表がありました。優待株として持ち株構成に含めていた銘柄なので、優待が廃止=持ち株から外す事になります。
(この日は売買していませんが、持ち株構成が変わった事により持ち株割合が9%→10%に変化しています)


■今日のFX
 3000NZドルを78.013円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

想像以上の危険度。17000円ライン崩壊の危機(今日の相場 H28.2.4)

■今日の相場 H28.2.4 「仕込み期」(上昇速度低下)→「上昇期」(上昇速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約9%(資産退避状態)
 持ち株…買値から+9.1%→+9.1% / 「売却中の株」…売値から+0.3%→-0.9%


 今日の株式市場は、全体的に弱い流れとなり、約150円の下落となりました。

 今日については、何と言っても昨夜に発生した急速な円高です。私は昨日にドル円が120円切りした事から危険だと感じて緊急退避(持ち株大半を売却)を行いましたし、昨日の日記では「この分だと119円も切るかも」と書いていました。
 これは勿論、「急激に円高が進行するかも」という意味で書いていたのですが、現実はそんなレベルを超える円高が進行しており、朝方には117円すら切りそうなところまで状況が進んでいました。
 年明けにも120円を切った途端、堰を切った様に円高&株安が進みました。また、マイナス金利砲の否定→効果が無いことが相場に認知される→警戒して円を売っていた層の逆流が一気に発生…のパターンもあるので、「ある程度は」円高が更に進行するとは思っていました。
 実際には一晩寝たら118円も切っているとは…やはり状況は急激に動いている様です。

 ただ、今日の相場については、個人的には「思ったよりも強かった」イメージでした。これだけ円高が進んだというのに、わずか150円の下落で済んでいます。
 正直判断に悩むところですが、理由としてはこのあたりでしょうか。
・米国株が上がった
・原油価格が上がった
・ドル円以外はあまり円高になっていない感じがする
・17000円ラインの防衛隊が存在する?(国か日銀か年金かは知りませんが)


 何だか下げ粘っている感じですが、当分は下落基調が続く…との認識は変わっていません。
 今日のところは下支えとして働いた米国株や原油価格は値動きが激しすぎて信用できませんし、昼間には108円近辺で推移していたドル円も、再び107円切りを意識するところまで下がっています。これらのいずれかが大きく下落した場合、日本株式も大きく下げると見ています。
 今日については防衛したっぽい17000円ラインも、明らかに突破された場合は戦線が崩壊してガクっと落ちると考えられます。
 明日については昼間も勿論ですが、夜間の米雇用統計を経てもこうした防衛ラインが守られているかは非常に疑問です。
 引き続き、資産退避状態で事態の推移を見守りたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを78.933円で購入。
 保有ポジションのうち1発分が利確ラインに到達、逆指値設定。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

日銀の覚醒剤、効果なし。緊急退避!(今日の相場 H28.2.3)

■今日の相場 H28.2.3 「仕込み期」→「仕込み期」(上昇速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約75%→約9%(緊急退避売却発動、資産退避状態に)
 持ち株…買値から+0.9%→+9.1% / 「売却中の株」…売値から+3.3%→+0.3%
※持ち株売却(損切り)実施…年初からの売買利益 -4.3%→-5.7%
■■緊急退避発動(通算3回目)■■


 今日の株式市場は、円高、原油安、米国株安と一気に進行した事もあり、550円を超える大幅安となりました。
 先週末の追加緩和(マイナス金利砲)を受けて買い戻しの流れが出ていましたが、まさか翌週水曜には「祭りが終わる」とは…ここまで早い時点でこうなるとは思っていませんでした。
 比較的早めに織り込み、上昇限界を迎えるとは思っていたのですが、少なくとも一ヶ月、悪くとも1~2週間程度は上昇すると思っていました。まさか一週間の半分も続かないとは…。おかげで、買い戻した直後に下落となってしまい、「往復ビンタをもう一発追加」という結果になってしまいました。


 今日については早朝に日記を更新しましたが、朝方にドル円が120円を切っているのを見て「これは危ない」と直感して、昨年のギリシア危機、人民元切り下げ時に続いて通算3度目となる「緊急退避」を発動させました。
 通常はチャート判断により数日間掛けている持ち株の売却を、直ちに全て売却する行動を取っています。この2日間で買い戻したばかりでしたが、緊急性が高いと判断して即逃げの一手を打ちました。
 とりあえずこの行動は正解で、比較的下落幅が小さかった寄りの時点で売却。下落ダメージを一定程度軽くできています。
 とはいえ、やはり朝方から安かったので無傷とはいかず、年初比で資産の1.4%分のダメージを受けています。やっぱりそもそも、月火に買い戻した事自体が失敗だった…。

 12月以降の相場で、「偽の底打ち」に騙されて2回も手を出してしまったのが非常に残念です。
 残念な結果ではありますが、こうした本当に危険な時は「直ちに逃げる」事で被害を最小限に食い止められると考えています。


 マイナス金利導入後、社会の反応を見ていましたが……何と言っても目に付いたのが、銀行たちが月曜には預金金利を引き下げるという、悪い意味での「対応の早さ」です。
 本来マイナス金利導入で期待されているであろう、「日銀に預けていたお金を社会の発展のために融資する」という役割を果たそうとするのではなく、「社会への負担転嫁」が銀行達が真っ先に取った行動でした。
 勿論、マイナス金利の社会へのプラス効果というのは直ちに出てくるわけではありませんが、社会や日本経済への貢献よりも保身や転嫁を優先する、銀行たちの考え方や姿勢というものが顕著に見えたと思います。
 今後日銀は更にマイナス金利拡大も選択肢に入れている様ですが、もしそうなったとしても、銀行が取る行動は「預金金利の更なる引き下げ」であり「口座手数料の形を取った、実質的なマイナス金利導入」だと思いますし、社会への融資という本来の銀行としての責務に前向きに取り組むとは思えません。

 要するに、もう、彼ら(銀行等)には何も期待できません。よって、日銀が今後更なる緩和策を打っても正常に働かないであろう事を意味します。もちろん、今回の追加緩和やマイナス金利についても、意味合いが否定された事になります。120円どころか119円も切りそうで、すっかり元に戻りつつあるドル円の動きが、社会から見た評価を如実に示していると思います。


 今後ですが、本件とはあまり関係せずに動く原油価格や上海株、その他海外情勢次第な面もあるので何とも言えませんが、当面は手出し無用かなと思います。
 かなり世間に認知されつつある「追加緩和砲の空振り」によってどこまで株価が剥がれるのかわかりませんし、当分は株価対策で打つ手が無さそうな事もあって下落が続くのではないかと思います。その他の外的要因(原油価格が一時的に戻るなど)で見た目上は株価が戻る事もあるのかもしれませんが、暫くは下落基調が続くと見ます。
 次の「底打ち」候補は、落ちた後の自律反発期待か、3月の欧州追加緩和が意識される頃の期待上げあたりでしょうか。その頃までは下手に手出しせずに様子見を続けたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを78.902円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

ドル円120円割れ。これは危ない…緊急退避発動!(今日の相場 H28.2.3朝)

■今日の相場 H28.2.3 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約75%(買い戻し中2回/全3回予定)
 持ち株…買値から+0.9% / 「売却中の株」…売値から+3.3%


 朝方に前夜の相場展開を見ましたが、米国市場が大幅安になっただけでなく、原油は30ドル割れ、更にドル円が一時120円を切っています。

 昨日の日記でも書きましたが、この中でも特にドル円120円割れが問題で、他の市場状況が悪い中でも「日銀マイナス金利砲」で上昇したのは、円安によるものが主であったと考えています。
 その前提自体が崩れる可能性がある→日銀追加緩和、日銀マイナス金利砲自体が早急に否定され、下落基調の復活になる可能性がある……という事で、非常に危ない兆候であると考えられます。

 そんなわけで、買い戻し始めた直後ではありますが、「緊急退避」を発動。持ち株のほぼ全部(長期保有銘柄、2月権利以外)を今日の寄りで直ちに売却します。
 持ち株割合で65%程を売却、約1割まで減らします。
 さすがに無傷で脱出は難しそうですが…今であれば多分「そこそこ痛い」程度で逃げ切れるのではないかと思います。

 実際には今回の下げは一時的なもので、上昇基調は継続するのかもしれませんが、一旦退避して、相場展開が落ちつくのを待ちたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

押し目か、それとも落ち目なのか…怪しげになってきた(今日の相場 H28.2.2)

■今日の相場 H28.2.2 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約45%→約75%(買い戻し2回目実施/全3回予定)
 持ち株…買値から+1.9%→+0.9% / 「売却中の株」…売値から+3.9%→+3.3%


 今日の株式市場は、さすがにここ最近の上昇が早かったので利確売りが出たのか、約100円の下落になりました。原油や為替が落ちて来た事も一因でしょうか。
 私の持ち株も全体的には微下げでした。


 朝方の段階で「落ちたとしても限定的」と判断したことから、今日は予定通り持ち株買い戻しの2回目を実施しました。約3割買い戻して、持ち株率は75%まで回復しています。
 「朝方から前場は下落するも、午後から底堅さが再確認されて戻す」と期待して「前場引け」での買い注文を出していたのですが、よりによって「昼前(前場引け)頃だけ株価が前日終値付近まで持ち直す」形になってしまい、結果的には今日一番高いところで買ってしまいました。完全に裏目に出た……。


 そして、国内相場が引けてからも、上海市場が堅調だったのはいいのですが、原油は軟調に推移しています。ダウ先も大きく値を下げていますし、どうもあまり明日の相場環境は良く無さそうです。
 明日もそうなのですが、日銀マイナス金利砲による堅調展開が続くのか…自体についてもちょっと怪しいかなと思い始めてきました。

 まだ今夜で相場がどう動くか予断を許しませんが、原油では30ドル、為替は120円割れが意識されるところまで下がっています。
 特に為替については先週末の日銀マイナス金利砲で大きく跳ねたものですし、そのおかげで上海市場や原油が若干下がっても日本の株価が強い展開になっていると思います。もしこれが120円を割るようだと、株価も一気に崩れる展開が予想されるだけに、現在の様な「ちょっと目を離した隙に120円を切ってもおかしくない」環境で更に買いに向かうのは怖い感じがします。

 今のところは「押し目」っぽくはあるのですが、展開次第では早くも失速展開になってもおかしくないかな…と思います。このまま上昇展開と見て大丈夫なのか、もう少し様子を見る必要がありそうです。
 そんなわけで、明日については更なる買い戻しは行わず、様子見で行くつもりです。最後の25%を買い戻して全力買いになるのかは、相場環境を確認してからでしょうか。
 また、もしドル円が120円を切った場合は「日銀マイナス金利砲の効果が疑問視されている」→「戻ってきていた資金が逃げる」→「株価下落」になると見ていますので、もし実際に節目を割り込んだ場合は、直ちに売り逃げに入る予定です。



■今日のFX
 3000NZドルを78.423円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

買い遅れ涙目か、それとも買い自体が間違いなのか(今日の相場 H28.2.1)

■今日の相場 H28.2.1 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約13%→約45%(買い戻し1回目実施/全3回予定)
 持ち株…買値から+3.4%→+1.9% / 「売却中の株」…売値から+1.3%→+3.9%


 今日の株式市場は、先週末の追加緩和(マイナス金利)砲の効果により、引き続き大きく上昇しました。

 私も予定通り今日から買い戻しを開始。今日は約3割の株を買い戻しています。
 残念ながら、やっぱり買い戻しのタイミングが遅かった事もあって、「売った時よりも高く買い戻し」になってしまいました。朝方から株価が上昇していた事もあって、今日買い戻した分は買った時点で既に高くなってしまっており、含み益はほとんどなし。そして、まだ買い残している分も容赦なく上がってしまっています。あと2回に分けて買い戻し予定ですが、恐らくは株資産の3-4%程度高いところで買い戻す事になってしまうのではないかと思います。
「高くなった分(同じ株式を買い戻すのに足りない額)」は配当利回りが悪い順に(買い戻さずに)切っていく事になりますが、この分だと数銘柄を「切る」事になりそうです。

 まったく、年明けから、買い戻し→売却→(今回の)買い戻しと、それぞれ適切なタイミングから数日ずれたために酷い目に遭っています。私の売買スタイルが「相場が落ちついた状態で、定期的な上下の波に合わせる」ものなので、今年の様な「戦後初」とか、「数十年に一度」とかのイレギュラーな状況にまで適応できないのは仕方がないところはあるのですが、それでもこうして裏目裏目に出てしまうと残念なものです。

 唯一の慰め?は、本来は今日買い戻す筈だった銀行株について、「マイナス金利導入」で多分株価が下がるだろう…と思って後回しに(延期)したのですが、やっぱり下がった事でしょうか。
 ただ、現在の銀行株下落は「マイナス金利」について過度に嫌気されている部分があると見ているので、延期はしたものの、最終的には買い戻すつもりでいます。


 今日は「買い遅れで涙目」だったわけですが、問題は今後も相場の上昇が続くのかです。今後の展開次第では、実は「買い戻した事自体が間違い」である可能性もあります。
 上海株は引き続き下落していますし、原油も今日は下落気味です。今のところマイナス金利ショックで株価は反応していませんが、底を打たない限り、再び株価に影響する可能性も捨てきれません。
 今のところ円安基調が続いているので、円安が続く限りは一定の上昇効果の下支えがあると見ていますが、情勢の変化には十分に注意したいと思います。


 今後ですが、今日の上昇もあって引き続き買い戻す予定です。
 明日は買い戻しの2回目を実施予定ではありますが…現時点でダウ先、そして日経先物も下落しそうな雰囲気です。
 予定としてはマイルールに沿って、以下の内容で対応予定です。
「予定通り買い戻し実施。ただし、翌日に株価がある程度下がるのを見越して、買い注文は『引け成り』で注文」
「翌朝確認時点で、株価が大きく下げそう(日経先物が-1%以上)な場合は購入を中止する」

 今の所、ポジションは概ね半分なので、上下どちらに振れても対応は可能ではあります。とはいえ、買いに転じた以上は、ゆっくりと、そして息の長い上昇相場になって貰いたいところです。


■今日のFX
 3000NZドルを78.449円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
プロフィール

ながつき

Author:ながつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者
各バナー等
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
リンク(リンクフリーです)
検索フォーム
QRコード
QR