追加緩和見送りで暴落!…もうダメだ、旅に出ます(今日の相場 H28.4.28)

■今日の相場 H28.4.28 「上昇期」(上昇速度低下)→「減速期」に転換
 株資産の持ち株割合 約76%→約43%(売却実施1回目/全2回予定)
 持ち株…買値から+1.1%→+0.8% / 「売却中の株」…売値から+6.5%→+1.2%
※持ち株売却(損切り)実施…年初からの売買利益 -6.0%→-6.1%


 FOMCを無事っぽく追加→日銀追加緩和期待で堅調に始まった今日の株式市場でしたが…昼前にまさかの現状維持(追加緩和見送り)が発表されて、為替、株価ともに一気にナイアガラ状態になりました。
 高値からは約800円近くの下げでしょうか。久々に大きな下げになりました。

 私の方は、何となくこうなる予感がした…というか、明らかに期待が高すぎて(余程好内容の追加緩和でないと)危ない気がしましたので、リスク回避のために寄りで一部を売却。ポジションを下げていました。
 この行動事態は結果的に正解で、今日の売却分については暴落前に逃げ切れています。
 ただ、ここ数日失速気味だった事もあって、午前の高いうちに売れた今日の売却分ですら微妙に赤字での売却(損切り)になってしまっています。
 そして更に、持ち株全売却レベルでの退避までは実施せず、ポジションが4割程残っていたため、一定のダメージは受けてしまっています。
 ただ、以外に持ち株は相場ほどは下げていなかった感があります。ここで逃げればまだ軽めのダメージで逃げ切れるかもしれません。

 今後ですが、今日の時点で売りサインが点灯しましたので、連休明けの5月2日に、更に持ち株を売却、資産退避状態に移行予定です。
 選挙が近づく事もありますし、次回(6月)の日米イベントでは反転するような手を打ってくるかもしれませんが、来月にはパナマ文書公表などもありますし、当分は自律反発以外には上げる要素は無い感じがします。ここは一旦資産を株式から退避して、底打ちのタイミングを図りたいと思います。


 あと、連休に入るので、明日から2日ほど小旅行に出かけるつもりです。(リタイア候補値探しも兼ねていますが)のんびり考えれば今後の相場の先行きも見えてくるかもしれませんし、ゆっくり観光と温泉に浸かって来ようと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを75.375円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
スポンサーサイト

これは怪しい…一旦逃げます(今日の相場 H28.4.27)

■今日の相場 H28.4.27 「上昇期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約76%(買戻し途中2回/全3回予定)
 持ち株…買値から+1.4%→+1.1% / 「売却中の株」…売値から+6.7%→+6.5%

 昨夜の時点では、微妙に反騰するかな?と思われていた今日の株式市場でしたが…今日も売りが優勢な展開となり、早い段階でマイナス転換。最終的には約60円の下落となっています。
 私の持ち株関係もじりじりと下落を続けています。

 一応ドル円は111円台を確保するなど、微妙な強気要素はありますが…正直、かなり怪しげな情勢になってきました。
 世間はFOMC&日銀会合で、ほぼ「満額回答」が出る事を前提にしています。特に日銀会合については、追加緩和の「有無」ではなく「中身」に焦点が移っている感がありますが、個人的には本当に追加緩和をするのかも怪しいと思っています。
 また、FOMCについては利上げ(または将来的な実施余地)の有無が焦点となるわけですが、株価の面から言えば、利上げ有無により為替がどちらに動くか次第になると思いますし、どう転ぶのかは読み切れないところがあります。
 更に、過去の日銀会合後の動きを見ると、仮に追加緩和が行われても、直後のみ火柱上げ→あっという間に失速…という展開も考えられます。
 正直ここから上がるとすると、「期待を越えるレベルの追加緩和」あたりが出ないと厳しいのでは…と思います。


 そんなわけで、正直ここからの株価は怪しいと思いますし、連休中に何が起きるかわからない事も考慮して、ここはポジションを下げておくべきだと判断しました。
 明日の時点で売りサインが出る事もあるので、ここはリスク回避で売却行動に入ります。

 明日については、売却対象株の約半分を寄りで売却するつもりです。約3割ほどを売却し、40%程度までポジションを下げて日銀イベントに挑みたいと思います。
 勿論日銀会合後に爆上げとなる可能性も十分あるわけですが…実現可能性を考えれば40%というのは、程よいリスク(またはメリット)軽減ラインだと考えています。
 その後、休み明けの2日に更に退避するか、買い戻すかは…日銀会合の結果次第で考えたいと思います。


 ただし、その前に今夜のFOMCの結果次第で、爆上げムードが発生している可能性も考えられます。その場合は売りを中止して、現在のポジションのまま日銀イベントに突入するつもりです。
 果たして日米イベントの結果はどうなるでしょうか。何とか生き残り、最善の手を打ったという結果になって貰いたいところですが……。



■今日のFX
 3000NZドルを76.287円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

逃げた方がいいかもしれない(今日の相場 H28.4.26)

■今日の相場 H28.4.26 「上昇期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約76%(買戻し途中2回/全3回予定)
 持ち株…買値から+2.7%→+1.4% / 「売却中の株」…売値から+7.8%→+6.7%

 今日の株式市場は、日米イベントに関する警戒感が根強いと見えて、昨日に引き続き弱い展開になりました。
 昼前の小ナイアガラからじりじりと値を戻したものの100円弱の下げ。ドル円も111円を切って徐々に円高に振れていますし、怪しげな情勢です。

 私の持ち株も下落。特に今日については4月権利銘柄の権利落ち日だった事もあり、保有株の下落幅が結構大きいです。


 正直予想以上の弱さですし、この後に続くFOMC→日銀会合後の値動きが怖いかな…という感じになってきました。どうもこれは(日米の結果がかなり良くない限り)失速コースに入る可能性も考慮に入れる必要がありそうです。
 うちのチャート診断でも、このまま行けば木曜日(28日)の時点で売りサインが点灯する見込みです。これは逃げた方がいいのかもしれません。
 明日もう一日様子を見て、もし明日の相場も下げる様であれば、木曜朝の時点で持ち株を半分ほど売却。日銀会合の結果が出る前にリスク分散対応を取る予定です。



■今日のFX
 3000NZドルを76.341円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

怪しげな揉み合い展開(今日の相場 H28.4.25)

■今日の相場 H28.4.25 「仕込み期」→「上昇期」(上昇速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約76%(買戻し途中2回/全3回予定)
 持ち株…買値から+2.7%→+2.7% / 「売却中の株」…売値から+8.7%→+7.8%


 先週に引き続き強い展開が期待された今日の株式市場でしたが、早々に失速して下落に転じ、約130円の下落となりました。
 ドル円がやや崩れたとは言っても111円台を確保していましたし、今日辺りまでは強いと思っていたのですが…早くも利確+イベント警戒モードに入った感じです。

 うちの持ち株関係は比較先下げ粘っていましたが、やはり今後は明日以降のイベント次第というところでしょうか。結果が出るまでは現在のポジションで様子見を続けたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを76.284円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

本当にこのまま上に行くのか?(週末の相場 H28.4.24)

■金曜の相場 H28.4.22 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約50%→約76%(買い戻し実施2回/全3回予定)
 持ち株…買値から+2.8%→+2.7% / 「売却中の株」…売値から+5.8%→+8.7%

 下落すると予想されていた金曜日の株式市場でしたが、寄り後じりじりと値を戻して午前引け前にはプラス転換。更に午後になり「日銀→銀行のマイナス金利適用」情報が流れた事から一気に上げ幅を拡大。ドル円が110円台に乗った事もあり、約200円の上昇となって取引を終えています。

 私の方は、寄りで2回目の買い戻しを実施しました。相場展開のおかげで、寄りで安く買ってその後上昇…と美味しい展開にはなったのですが、ここ最近のパターンと同じく、自分の持ち株関係はいま一つ伸び幅が小さい感じです。

 気がつけば17500円台まで上昇。金曜夜に円安は更に一気に進んで111円台後半。米国株はいま一つでしたが、日経先物も大幅に上昇しています。
 普通であれば「上げ」側に確定で勝負あったというところですし、私自身についてはこの月曜に狼狽売りで一旦ポジションを下げた事が本当に「余計な一手」だったな…というところです。

 しかし、問題は週明け以降の日米イベント次第ですし、ここで展開が全く変わる事も十分にありえます。
 そもそも「日銀→銀行のマイナス金利適用」もまだ出所の怪しい噂レベルですし、ここ最近の相場の動きがFOMC→日銀が「満額回答」をする事を前提しているのが気になるところです。補欠選や経済財政諮問会議、各種決算や指標も多数控えており、もし思惑と違う展開になった場合はどうなるか……。


 このあたりの反転下落リスクを考えると、自分の約3/4というポジションも実は妥当なのかもしれません。
 残る1/4(買い戻し3回目)をいつ実施するか、そして更に買い増して行くのかですが…実はうちのチャート診断では月曜の時点で買いサインが消えるので、しばらくは買わずに様子見を続けるつもりです。
 勿論「買い遅れ」リスクはありますが、おそらく来週に本当に追加緩和等が実施されて株価が加速した場合は、改めて買いサインが点灯する事になるので、その時まで様子を見てもいいかと思います。勿論失速すれば逃げる方向で……。

 とはいいつつも、今年はここまで下落展開で損失が先行していますし、挽回するためにもそのあたりで本格的に上昇して貰いたいところです。果たしてどのような結果になるでしょうか。



■今日のFX
 3000NZドルを76.397円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

強いままイベント、週末に突入へ(今日の相場 H28.4.21)

■今日の相場 H28.4.21 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約50%(買い戻し途中1回/全3回予定)
 持ち株…買値から+1.9%→+2.8% / 「売却中の株」…売値から+5.1%→+5.8%

 今日の株式市場は引き続き上昇、450円以上の上昇となりました。
 明らかに17000円を上抜けており、雲を上に突き破った格好です。ドル円は110円が目前、原油先物も上昇しており、一時の懸念が(何故か)払拭された形になっています。

 私の持ち株も上昇。今日は買い戻しは一旦休んで様子見していたわけですが…どうやら出遅れてしまった感じです。
 ただ、なぜだか「売却中の株」更には昨日買い戻した株たちの上昇幅は鈍く、体感的には100円程度しか上がっていないイメージです。果たしてこれが「今から買えばまだ間に合う」のか、それとも下落寸前の弱さが出ているのか…難しいところです。

 今のところ強い展開が続いており、持ち株関係も(やや弱いながら)上昇したので、マイルールに沿って明日は買い戻し2回目を実施。持ち株率を75%ほどまで上げる予定です。
 ただ、(今のところあまり反応していませんが)欧州中銀金融政策発表→ドラギ総裁記者会見もありますし、夜間の海外市場展開次第ではさすがに一息ついて下落もあるのかもしれません。そして、来週には日米で金融政策→連休突入となるため、ここでの方向性がどちらに出るのか、そしてどれだけポジションを持ってイベントを迎えるのかは非常に重要な要素になります。
 とりあえず買い注文を出すものの、実際に発動させるか、そしてどこまで持続するかは慎重に見極めたいと思います。


■今日のFX
 3000NZドルを76.535円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

17000円を突破して上がるか?(今日の相場 H28.4.20)

■今日の相場 H28.4.20 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約18%→約50%(買い戻し実施1回目/全3回予定)
 持ち株…買値から+6.7%→+1.9% / 「売却中の株」…売値から+4.1%→+5.1%

 今日の株式市場は、昨日の勢いで更に上がるかと思われましたがさすがに失速気味で、微上げレベルまで上げ幅を縮めています。
 17000円を突破しましたが、越えると抵抗力が強くなる感じでしょうか。今後明確に終値でも越えられるかが鍵になると思われます。
 今のところ改めて109円台に乗せていますし、日経先物も堅調ですが…明日以降の各種イベント次第でしょうか。

 私の方は改めて買い戻しを実施、約5割までポジションを戻しました。ほぼ半々という事で、上下どちらでも動いた側に対応する構えではありますが…どちらに動くのかはまだ解りません。
 とりあえず明日については追加購入は見送り、相場の推移を見極めて今後の動き方を決めたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを76.552円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

暴落で狼狽売り→直後に全戻し。馬鹿丸出しだ…(今日の相場 H28.4.19)

■今日の相場 H28.4.19 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約18% ※資産待避状態
 持ち株…買値から+5.5%→+6.7% / 「売却中の株」…売値から+2.0%→+4.1%

 今日の株式市場は約600円もの爆上げとなりました。米国株高、円安などから相場心理が改善したためだと考えられますが、まさかここまであっさり回復するとは…。

 私の方は、昨日緊急退避を発動、持ち株のほとんどを売却したわけですが、当然のことながら、昨日売った株達も爆上げしています。
 暴落で狼狽売りしたあげく、売った株達は直後に全戻し。まさか馬鹿丸出しといったところで、本当に残念な結果でした。
 普段のマイルール通りであれば売らずに持ち続けていたものを、緊急事態としてルールを逸脱した結果がこの始末です。そして売却理由が(主に)災害の影響が大きいと見た後ろ向きなものだっただけに、裏目に出た事の虚しさは非常に大きいです。
 熊本地震は今日も震度5クラスの余震が発生していますし、もう一つの原油減産が合意できなかったことなども別に解決していないだけに、正直、この強さは理解しがたいところがあります。しかし、現実に上がっている事実を認めた上で、粛々と次の一手を打つ必要があります。

 「次の一手」と言っても普段のマイルールに戻す事であり、それは買いサインが出ている以上、改めて買い直す事を意味します。
 そんなわけで明日から買い戻しに入るわけですが…一番嫌なのが、買い戻したところで再び下落して、「往復ビンタをもう一セット追加」になることです。いつも通り、買い戻しを3回に分ける事で少しでもリスクは分散させるわけですが…果たしてここからどんな値動きになるのでしょうか。



■今日のFX
 3000NZドルを76.911円で購入。
 保有分のうち3発分が利確ラインに到達、逆指値設定。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

緊急退避完了。しばらく様子見(今日の相場 H28.4.18)

■今日の相場 H28.4.18 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約75%→約18% ※緊急退避発動で全売却
 持ち株…買値から+1.3%→+5.5% / 「売却中の株」…売値から+7.3%→+2.0%
※持ち株売却(損切り)実施…年初からの売買利益 -4.7%→-6.0%
■■緊急退避発動(通算4回目)■■

 週明けとなる今日の株式市場は、熊本地震の影響に加え、原油国減産合意決裂などで円高、原油安が進み、500円以上の下落となりました。
 私も緊急退避を発動させたのですが…やはり狼狽売りが殺到したと見えて、寄りから大きく値を下げてから微妙にリバウンドする形になりました。おかげで今日の終値よりも安く売却する形になってしまっています。

 今日の売りで、約1.3%の損切り。残念ながら今年の底値レベルであり、この2~3月にコツコツ挽回しつつあった分を吐き出してしまいました。とはいえ、この不安定な状況から逃げ切るためには仕方の無い代償であると考えています。

 今のところ明日はある程度リバウンドしそうな雰囲気ですが、今日も震度5レベルの余震が続いていますし、原油安を始めとする悪材料の噴出は止まりません。落ちつくまでは様子見を続けたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを75.282円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

やはり危険と見て、緊急退避発動させます(週末の相場2 H28.4.17)

■週末の相場 H28.4.17 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約75%(買戻し中 2回/全3回予定)
 持ち株…買値から+1.3% / 「売却中の株」…売値から+7.3%


(熊本地震の被害に遭われました皆様に、心からお見舞い申し上げます。
 前回に引き続き、以降の内容が、地震に関して「市場への影響」のみに特化した書き方になっている事をお許し下さい)

 土曜夜~日曜に掛けて事態の推移を見守っていたのですが、やはり週明けの相場は「危険だ」と判断して、週明けの寄りで緊急退避(長期保有銘柄以外を全て売却)を発動させる事にしました。
 持ち株のうち55%強が対象となり、売却後の持ち株率は2割弱まで下がる事になります。

 元々先週の上げ相場に合わせて、木→金と買い戻しを実施。3回予定のうち2回まで完了していました。週末はやや失速気味で、週明けは(地震抜きでも)下げそうな感じだったので、ここからどうしよう…という局面でした。
 ここで売却した場合、寄りの価格次第ですが、おそらくは微~小ダメージとなる感じで損失確定になる見込みです。問題はその後株価がどう動くかで、より低い水準で買い戻せればいいのですが、速やかに再上昇に転じた場合、「売った後で上がってしまう」形になってしまいます。下で買い戻せれば挽回可能ですが、上昇において行かれてしまうと損失だけが残る事になります。
 元々の上昇(回復)トレンドと調整局面の風向き、そして月末の日米金融政策などを睨んで、今後の値動きをどう読むのか…がこの局面のテーマでした。

 いつもの自分であれば現在のポジションのまま、もう数日様子を見るところですが、ここで熊本地震という新たな事態が発生、影響をどう見るかが問題です。

 少なくとも地震そのものが株価にプラスに働く事はありえません。そのため、週明け早々については株価が下がる事は間違い無いと見ます。問題はその「落ち方」、そして売り逃げるのはいいとして、その後のリバウンドがあるのか…です。

 今回の地震については、私自身は「中長期では株価にプラスに働く」と見ています。
 前回も書きましたが、この地震が日本政府や日銀にとっては世界的な「免罪符」になる…地震復興対策の名目で「何をしても許される」環境になると考えられるからです。
 消費増税の延期、追加緩和の実施、そして震災復興も含めた巨額の財政出動、そしてG20で釘を刺されたばかりの通貨安誘導についても復興経済対策に結びつければ可能であると考えられます。
 おそらく、今月後半あたりからはこうした(あまり適切ではない言い回しですが)「地震復興のプラス面」が出てくると考えられます。

 ただ、これはあくまでも「復興局面」に入ってからの話です。
 こうした災害時には、「(災害そのものの)対応局面」→「復旧局面」→「復興局面」と推移しますが、今回の熊本地震はまだ事態が継続しています。
 事態が落ちつかなければ「復旧局面」には入れませんし、その先の「復興」を語る事もできません。

 この土日で事態の推移を見てきましたが、まだまだ「落ちつく」には程遠いものがあります。
 日曜に入ってから「緊急地震速報」は誤報っぽい1回のみとなりましたが、余震の回数は減少しておらず、震度4レベルの余震が多数発生しています。
 震度4レベルの地震が丸一日くらい、「緊急地震速報」が丸二日程度は発生しない状況にならないと事態が「落ちついた」とはならないと考えられます。
 あと一週間程度は日に一回くらいは「緊急地震速報」レベルの余震は十分に考えられますし、出る度に株価が乱高下しそうです。
 そしてそもそも、現在が本当に「本震」後の「余震」を消化している段階なのかはわかりません。東南海地震などは数日のタイムラグで連発した事例がありますし、周辺地域に波及する可能性もあります。

 こうした状態から、当面は下落リスクの方が大きいと考え、一旦損切りしてでも逃げて様子を見る事にしました。
 「緊急退避」の発動はこれで通算4度目で、2月の暴落以来となります。果たしてどの様な結果になるでしょうか。






 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

地震に揺れる市場、株価シナリオ(週末の相場 H28.4.16)

■金曜の相場 H28.4.15 「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約49%→約75%(買い戻し2回目実施/全3回予定)
 持ち株…買値から+2.9%→+1.3% / 「売却中の株」…売値から+3.8%→+7.3%

 金曜の株式市場は約60円の下落。週前半で1000円以上上げた事もあり、さすがに息切れした感がありますが、(場中には)為替が109円台で堅調推移していた事もあって案外下げ粘った感じです。
 私の方は予定通り買い戻し2回目を実施。ポジションを3/4まで戻しています。先物が下げていたので買いタイミングを「引け成り」にした事もあって、概ね今日下げたラインで買い戻しが出来ています。
 ただ、その後金曜夜にドル円が108円台に突入、原油も下げ気味で、日経先物は200円程度落ちそうな感じです。
 先週後半の爆上げムードは一服して、月曜も下げそうで、持ち株については一定の下落ダメージは覚悟しないといけない感じです。とはいえ、問題は月曜に下げた後の風向きとなります。


 週明けについては、これで当面の上げ(日本独歩安からの巻き戻し展開)が完全に止まってしまうのか、それとも単なる一休みで、火曜頃から上昇継続となるのか。近づきつつある月末の経済イベントも睨みつつ、風向きを見極める展開になる予定でした。
 私についても、買い戻し途中で金曜の下げを迎えた事から、月曜日はとりあえず様子見。その後、改めて買い進めるか、危険そうなので逃げるのかを見極める予定でした。


 しかし…そんな状況下で発生したのが、今回の地震です。


■来週からの株価展開と熊本地震

(熊本地震の被害に遭われました皆様に、心からお見舞い申し上げます。
 以降の内容が、地震に関する「来週以降の市場」のみに特化した書き方になっている事をお許し下さい)


 木曜夜の時点では(市場的には)単なる一発ネタに過ぎず、ここから多少余震で被害が増えたとしても、市場全体への影響はほぼ無く、せいぜい人によっては「建設株が上がるか」などの個々のテーマが課題になる程度でした。

 しかし、金曜夜以降、木曜を上回る規模で地震が発生、被害も拡大し続けています。土曜の午後に入っても地震が収まる気配はないですし、これから更に降雨が予想されています。
 更に被害の拡大が懸念されますし、少なくとも来週一杯くらいでは(トップニュースから外れる程度まで)事態が収拾しないであろうことは明らかです。
 こうなると、月末あたりまでは地震対応関係で社会が回る事になりますし、もし地震が落ちつかずに継続する様であれば、更にその度合いが高まります。

 それはつまり…「地震以外の事は、何かあってもあまり注目されない」事を意味します。
 月末に向けて、FOMCや日銀会合、更には(衆参同時選の有無、消費増税延期などに影響する)補欠選挙などが予定されており、その結果が株価の行く末を左右する…筈でした。
 しかし、無効化…とまではいかなくても、これらの注目度、そして影響はプラスであれマイナスであれ、かなり下がる事になると思われます。

 実際には海外勢の動向もありますし、逆に地震対応で「何をやっても許される」状況になるパターンもありえます。例えば「リーマン級の危機が無くても消費税延期」とか「地震復興のために経済の安定が必要→介入の正当化(海外も黙認)」などもありえると思います。
 結局のところ、もう暫く事態の推移を見ないとわかりませんが、今後の為替や株価、そして経済面のシナリオ予想について、見直しが必要になってきそうです。



 そして、地震そのものについては、事態が落ちつかずに被害が大きくなるほど、株価や為替にマイナス方面に働く事が明白です。
 長い目で見れば、改めて地震国である事が周知された→インバウンド(訪日旅行)需要の低下→経済にマイナスあたりが想定されます。
 が、とりあえずの短期的については、そもそもこの地震がいつまで続くのか、被害の拡大がこれで止まるのかが大きな鍵となります。

 今のところ保有株については持続予定ではありますが、状況次第では一旦全て売り逃げた方が良いのでは…と思っています。月曜寄りに売れば、おそらく小ダメージで逃げ切れる筈ですが、ここで売るべきか、持続すべきかが問題です。
 とりあえず明日もう一日の推移を見て、週明けの行動を決めたいと考えています。




■今日のFX
 3000NZドルを75.210円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

更に爆上げ!しかし問題はここから(今日の相場 H28.4.14)

■今日の相場 H28.4.14 「下落期」(下降速度低下)→「仕込み期」に転換
 株資産の持ち株割合 約16%→約49%(買い戻し1回目実施/全3回予定)
 持ち株…買値から+7.8%→+2.9% / 「売却中の株」…売値から+0.3%→+3.8%


 今日の株式市場は円安進行などから引き続き大幅に上昇しました。最終的には500円以上の上昇となっています。
 いや~、上がるだろうとは思いましたが、ここまで急激な上昇は想定外でした。本当に極端な値動きになりますね。

 私の方は予定通り買い戻しを開始しました。今日は1回目の買い戻しで、ポジションを5割程度まで上げています。
 朝方から高かった事もあってやや出遅れた感じですが、それでも今日の分は売却時よりも安く買い戻せましたし、とりあえず購入後も上昇してくれています。
 ただ、やはりここ数日の値動きからは買い出動が「出遅れた」感が強いです。


 とりあえず買い戻しを開始したわけですが、問題はここからの値動きです。さすがにここ数日の値上がりが急すぎましたし、そもそもリバウンドするにしても週末あたりまでが当面の節目だと思われます。金曜日以降も上昇するのか、一息つくのか、そして風向きが変わらないか…が鍵になりますし、私が取るべき行動も変わってきます。

 為替も日経先物も今のところ一息つきそうな感じですし、明日も買い戻しを続けるのかについては、ここからの海外市場の値動きを見届けて、明朝に決めたいと思います。




■今日のFX
 3000NZドルを75.131円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

いかにも怪しいですが、買い転換します(今日の相場 H28.4.13)

■今日の相場 H28.4.13 「下落期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約16% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+6.3%→+7.8% / 「売却中の株」…売値から-0.9%→+0.3%

 今日の株式市場は、更に円安(といっても108円後半とか109円に乗せるかレベルですが…)が進行した事もあって大幅上昇。何と450円も上昇しました。

 正直ここまで上げるほどか…?と思うのですが、現に株価は上がっていますし、ドル円はじわじわと円安方向に戻りつつあります。
 非常に怪しげではあるのですが、うちのチャート診断では明日の時点で買いサインが点灯する事もあるので、ここから打診買いに入ります。例によって3日間に分けて買い戻しを実施予定です。

 個人的には、このあたりが戻り天井で、明日からのG20(財務相・中央銀行総裁会議)で特に成果なしで失望→来週から利確売りで下げるシナリオだと見ています。新材料がなければこれ以上の上昇は厳しい気がします。
 買いサインが出たマイルールを守って買いには転じるのですが…果たして正解はどちらなのでしょうか。



■今日のFX
 3000NZドルを75.615円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

まさか本当に底打ちするのか?(今日の相場 H28.4.12)

■今日の相場 H28.4.12 「下落期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約16% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+6.1%→+6.3% / 「売却中の株」…売値から-1.7%→-0.9%


 今日の株式市場は円高進行が一服した事から堅調な展開となりました。150円以上値上がりし、16000円回復を意識したものになっています。
 私の持ち株関係も値上がりしています。

 私の方は引き続き懐疑的な見方をしているので、様子見中です。
 しかしそれにしても、108円台前半あたりをうろうろしているだけなのに好感されるとは…全く理解不能です。
 とはいえ、実際に相場は値上がりしており、本当に底打ちするのかもしれません。
 うちのチャート診断では週末あたりまで現在の堅調展開が続けば買い戻しサインが点灯する見込みです。正直怪しいと思いますし、そろそろ息切れすると見ているのですが…本当に現在の底がたさが続くのであれば、底打ちと判断してもいいのかもしれません。
 いずれにしても、もう暫くは様子見で行きたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを74.806円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

引き続き、謎の底堅さ継続だが…(今日の相場 H28.4.11)

■今日の相場 H28.4.11 「下落期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約16% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+5.8%→+6.1% / 「売却中の株」…売値から-1.4%→-1.7%


 週明けとなる今日の株式市場は、朝方から下落したものの午後から持ち直し、最終的には約70円の下落に留まっています。
 私の持ち株も微下げといったところでした。

 下落はしたものの、午前からついに107円台に突入した割には底堅い展開でした。
 堅調な理由とされている一つが「円高進行一服」なのですが、このレベルで「一服」と言われても…と違和感が強いです。上海株や原油価格回復などもありますが、急速な円高は本来であれば帳消しにするほどのレベルである筈なのですが…。

 いつ株式市場総崩れが発生してもおかしくない状況ですし、手出しは怖くて出来ません。引き続き様子見モードで行きたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを74.082円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

不自然な底堅さ継続だが…(週末の相場 H28.4.10)

■金曜の相場 H28.4.8 「下落期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約16% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+4.1%→+5.8% / 「売却中の株」…売値から-2.1%→-1.4%

 金曜日の株式市場は、朝方はマイナスでしたがじりじりと値を上げ続ける展開となりました。午後からはプラス転換。最後にやや失速したものの約70円のプラスとなっています。

 引き続き「不自然な底堅さ」が継続しているイメージです。
 金曜の相場については、場中にやや円安に振れたという材料はありましたが、それも108円台前半→後半への値動きでした。そもそも朝方から108円台が定着しているという事自体が、本来であれば数百円レベルの暴落が発生してもいい状況です。それが、逆に株価が上がっているという異常な状況です。
 最近の急激な暴落のスピード調整や自律反発かれしれませんし、そもそもいきなり円高になる事自体が謎であったところもあります。
 しかし、こうした要素を入れてもこの底堅さは不自然です。明らかに何かが無理矢理支えていると予想されます。

 勿論、どれだけ変な下支えであっても、最終的に「支えきってくれれば」、言い換えれば上昇相場まで跳ね返す事ができれば、それはそれで問題ありません。
 しかし最近の為替を見ると厳しい感じがしますし、この状況で「支えきれなくなった」時に発生するであろう崩落を考えると、なかなか買いには転じづらいところがあります。
 うちのチャート診断では週末の時点で売りサインが消滅。もしこのまま更に一週間程度底堅い展開が続けば、買いサインが点灯する見込みです。が…恐らくその前に支えきれずに崩落展開になると見ています。そんなわけで、最低でももう一週間は手出しせずに、資産退避のまま様子見を続けたいと思います。



 あと、話題の「パナマ文書」の影響について引き続き分析しているのですが、相変わらず読み切れないところがあります。
 報道される具合や世間の興味度などから、ダメージは海外>国内となり、その結果円高→株安になるのではないかと見ています。
 また、もし国内の政治や企業に影響が出た場合も、当然ながら株安要因になります。そのため、どう転んでも株価にはマイナスに働く…というのが私の考えです。

 国内の政治面についてですが…(特に与党系で)何か関係していた場合は、国内のマスコミは嬉々として報道する筈です。
 日本人はあまり英語は得意ではないですし、更にマスコミの「質の低さ」を加味するとしても…それでもさすがにローマ字で「Abe(アベ)」と書いてあるかくらいは、彼らにも読めると思います。その辺りを考慮すると、国内の(与党)政治家系は含まれていない公算が高いと考えています。
 残りは企業関係ですが…国内マスコミの構造上、あまり報道されないと予想されますが、文章そのものがネットで公開されている事もあって、どこまで波及するのかが読み切れないところがあります。どちらにしてもリストになっている企業にはプラスには働かない事は間違いありません。
 最終的には、「マイナスに働く幅」がどの程度なのか次第なのですが、もう暫く状況の推移を見てみたいところです。




■今日のFX
 3000NZドルを74.026円で購入。
 保有分のうち1発分に逆指値発動(損切り)、売却。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

この円高なのに何故か株価は落ちず(今日の相場 H28.4.7)

■今日の相場 H28.4.7 「下落期」→「下落期」(下降速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約16% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+3.8%→+4.1% / 「売却中の株」…売値から-2.0%→-2.1%

 ドル円が110円切りどころか、108円台に突入と急速に円高が進行する中で迎えた今日の株式市場でしたが……何故か株価は底堅く推移し、久々のプラスで取引を終えています。
 私の持ち株関係はほぼ変わらずの水準でした。

 ここ最近下げが続いていただけに、自律反発というかスピード調整があったのかもしれませんが…本来は株価暴落となってもおかしくなかった状況での不自然な底堅さでした。
 この展開を好感した方もいるのかもしれませんが、個人的な印象としては非常に怪しいと思いました。こんな無理な水準確保が続くとは思えません。
 謎の下支え(笑)が外れて、今日「本来なら下がるべきだった分の下落」がいつ発生するか解りませんし、本来あるべき水準に戻らないと、怖くて買いに入る事ができません。
 うちのチャート診断では今日の相場の結果、形の上では売りサインが消えたのですが、当然ながらこんな怪しげな状況では買いモードに戻すのは危険すぎます。円高も止まる様子が見られませんし、当面の資産退避状態を当面は継続するつもりです。




■今日のFX
 3000NZドルを73.688円で購入。
 保有分のうち10発分に逆指値発動(利確2、損切り8)、売却。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

微妙に底堅いが、下げ止まる気配なし(今日の相場 H28.4.6)

■今日の相場 H28.4.6 「下落期」
 株資産の持ち株割合 約16% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+4.7%→+3.8% / 「売却中の株」…売値から-2.2%→-2.0%


 今日の株式市場も下落展開が継続。これで7日連続でしょうか。
 日経平均でこれだけ下げが連続するのは約3年半振りらしいですが、今年は1月に強烈な下げ続け局面があったので、それほど「久しぶり」感はなく、むしろ「またか…」といった感じです。
 気がつけば下げ幅も1500円近くなっており、かなり深刻な事態になって来ました。

 今日のところは外部環境の割には妙に底堅い展開で実質は横横に近く、私の持ち株もあまり変わりませんでした。
 ただ、昨夜の時点で110円切りが早々に発生。とりあえずリバウンドしましたが、再度110円割れが発生して定着し、東京相場の時間にも起きる様であれば、更に下落は加速すると思われます。
 当面は引き続き手出し無用で、資産退避を続けるつもりです。


 また、ここ数日で情報が広がりつつある「パナマ文書」。日本国内では情報の広がりを意図的に防いでいる感じですが、海外ではお構いなしに深刻化しつづけています。
 個人的には、国内については「スポンサーの皆様」が絡んでいる関係で、マスコミの動きは鈍いだろうと予想しています。
 しかし、少なくとも海外相場への悪影響は避けられませんし、もし上記の「大人の事情」の結果、国内の影響が少ない場合でも、それは円高要因となってしまいます。
 そのため、結局は円高株安の材料になると思いますし、本格的に拡散するのが5月となれば、4月末に何か経済対策が出ても帳消しにされる恐れもあります。
 もう少し情報が集まらないと何とも言えませんが、少なくとも経済にプラスに働く要素は全くないので、状況の推移を見極めて、影響度の大きさを慎重に吟味しなければならないと考えています。


■今日のFX
 3000NZドルを74.851円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

ついに崩落展開突入か(今日の相場 H28.4.5)

■今日の相場 H28.4.5 「減速期」→「下落期」に転換
 株資産の持ち株割合 約16% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+5.9%→+4.7% / 「売却中の株」…売値から+0.2%→-2.2%


 今日の株式市場はついにドル円が110円台に突入したこともあって約400円の下落となりました。
 気がつけばこれで6日連続の下落。横横の日も多いので何とも言えませんが、新年度入り早々、昨年末~年明けと同じような感じになってきました。
 私の持ち株関係も当然ながら大幅に下落。ただ、手元に残している株たちのうち、キユーピーが実質増益の決算などから爆上げしており、下落幅を緩和してくれています。


 問題はここからの値動きですが…下げ止まった感じが全く無いので、もう暫くは手出し無用だと感じます。「下げすぎからのリバウンド」はあるかもしれませんが、根本的な底打ち要因にはならないですし、消費増税延期や追加緩和をより現実的な形で匂わせる情報でも出ない限りは、退避を続けるのが賢明であると考えています。

 現在の水準を考えると「110円を切り、更に円高加速」「15000円を切って、更に株安加速」は(特に前者は)ほぼ必ず発生すると思われます。発生時の株価崩落は強烈なものになると思われ、もしその後リバウンドが発生するとしても、できれば「その瞬間」には持っていたくありません。
 昨年末にも「ドル円120円」「18500円あたり」で同じような予想をしており、この日記でも書いていたのですが、発生時期を見誤った(まさか年末年始早々にそうなるとは思っていなかった)ために逃げられずに巻き込まれてしまいました。
 幸いにも今回については既に退避が完了していますので、今度こそは暴落を避けた上で、改めて安く仕込めるタイミングを図っていきたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを74.957円で購入。
 保有分のうち13発分に逆指値発動(利確9、損切り4)、売却。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

週明けもリバウンドなし。ここからどうなる(今日の相場 H28.4.4)

■今日の相場 H28.4.4 「減速期」
 株資産の持ち株割合 約16% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+5.5%→+5.9% / 「売却中の株」…売値から-0.3%→+0.2%


 先週末の海外市場や米雇用統計がどう出るか注目された週明けの株式市場でしたが、やはり円高進行が嫌気されたと見えてリバウンドの動きは鈍く、5日続落となりました。
 私の持ち株については微リバウンドになっていますが、正直「半値戻し」あたりまではあり得ると思っていたので、やはり相場の勢いの無さを再認識した形です。

 週明けは冴えないスタートでしたが、海外は当面ネタが無いですし、引き続きやや下目線での不安定な相場が続きそうな感じがします。月末にFOMCや日銀会合があるので、そのあたりまでに風向きがかわるかどうか…というところでしょうか。
 特に戻る材料も無いですし、もしここで相場の下支えになっていると考えられる米国市場が調整入りでもしたら、更に悲惨な状況になりそうな感じがします。しばらくは手出しせずに、底打ちがどこになるのかを見守りたいと思います。




■今日のFX
 3000NZドルを76.511円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

暴落から身をかわした! が、問題はここから(週末の相場 H28.4.3)

■金曜の相場 H28.4.1 「減速期」
 株資産の持ち株割合 約39%→約16%(売却2回目実施/全2回)※資産退避状態
 持ち株…買値から+3.0%→+5.5% / 「売却中の株」…売値から+3.4%→-0.3%
※持ち株売却(損切り)実施…年初からの売買利益 -4.6%→-4.7%


 新年度初日となった金曜日の株式市場は、朝方からズルズルと値を下げ続ける展開となり、終わってみれば600円近い大幅下落となりました。
 久々の大きな下げでした。ここ最近、17000円近辺で膠着状態が続いていましたが、今週の下げで気がつけば16000円目前まで下落。完全に下に動き出した感じです。

 ある程度の下げは警戒していましたが、正直、金曜にここまで一気に下がるとは思いませんでした。新年度入りで利確が入ったのかもしれませんし、年度が変わって「支える」必要がなくなったのかもしれません。また、金曜には日銀短観悪化ニュースもありました。
 更に、GPIF年度運用実績の公表日が半月後ろに(=選挙後に)変更された事も影響しているのかもしれません。
 それにしても、3月に(一ヶ月かけて)じりじり上がった分を僅か一日で帳消しにするとは…波乱の年度スタートとなりました。

 そして更に、金曜夜には米雇用統計がありました。21時半と23時の2回に分けていろいろ発表され、為替や米国株が揺れ動きましたが、土曜の朝時点では米国株は一定の上昇。しかし、ドル円は111円台中盤まで下げています。



 私については、予定通り金曜日に持ち株売却2回目を実施。3月権利銘柄を中心に、長期保有系以外を全て売却。資産退避モードに入りました。
 朝方の時点ではほぼ前日並だった事もあり、今日の下落ダメージをほぼ回避して逃げ切る事ができました。残念ながら買値よりは微マイナスになりましたが全体で数千円程度で、ほぼ前日終値並の水準で脱出成功。その後の暴落から「身をかわす」事に成功しています。また、「売却中の株」もこの下げで一気にマイナス圏内まで落ちています。

 ここ最近裏目を引く事が多かった中、久々に上手く立ち回れた…というところですが、問題は資産退避に入ったここからの値動きです。
 個人的には(特に金曜は下げすぎの感があるので)一旦リバウンドの可能性はあるものの、「全戻し」は無いだろう。当面、相場が落ちつくまで様子を見ていればいいかな…といった印象を持っています。

 当面のところ、国内では選挙に向けた消費税延期観測、または海外で何かプラスになる出来事がある…くらいしか反転上昇になる要素は無い気がします。逆に、「下げるネタ」には事欠かず、特に国内で蔓延しつつある「経済政策の限界感」「業績懸念、景気失速懸念」がじわじわと効いてきている感じです。

 正直、消費増税延期がどうなるのかはっきりしないと動き様がないのですが、どうもここ最近の総理近辺の動きが気になるところです。
 株価や景気を底支えするには、延期が確実視されたり、「暗黙の了解」として認知される必要がありますが、どうも、ツンデレキャラで言うところの「デレ度が足りない」感じです。
 それどころか、逆に「延期は既定路線」が強調されすぎている感じです。後日延期するための「前振り」であればいいのですが、「リーマンショック級の下げがなければ延期しない」あたりの発言が必ず付けられており、最近の相場は「それだったら、『リーマンショック級の下げ』になればいいんだろう」という催促相場の展開になりつつあります。
 世間は「ひょっとしてそもそも、最終的に『デレない』(予定通り増税実施)のではないか」という疑いすら持ち始めています。
 政権内部のいろいろな事情があるのかもしれませんが、このあたりでじわじわと「明言はしないけど消費増税延期は確実で、選挙直前に正式発表して公約化」という路線を「誰にでも理解できる様に」小出ししていく必要があると、個人的には思うのですが…。

 ともあれ、こうした流れの中、4月(少なくとも24日の補選まで)は下げ路線。その後は消費増税延期情報の流れ方次第で、再上昇のタイミングが変わる…と見ています。
 うちのチャート診断でも、多分1-2週間程度は売りサインが継続しそうですし、4月後半にあらためて買い直しの時期について検討する形になるのではないでしょうか。





■今日のFX
 3000NZドルを76.935円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
プロフィール

ながつき

Author:ながつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者
各バナー等
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
リンク(リンクフリーです)
検索フォーム
QRコード
QR