やはり当面は上なのかも(今日の相場 H28.9.29)

■今日の株式 H28.9.29 「上昇期」
 株資産の持ち株割合 約79%(買い戻し途中1回目/全3回予定)
 持ち株…買値から+4.8%→+5.2% / 「売却中の株」…売値から+6.3%→+6.2%


 今日の株式市場は、昨夜に原油減産合意→原油高→米国株高と展開した事が好感され、200円を超える大幅上昇となりました。朝方の時点では日経先物はそれほど高くなかったのですが…実際の相場ではかなり好感された感じです。

 この展開を受けて私の持ち株も上昇…ではあるのですが、今日のところは案外上げ幅が小さかったです。また、(手放した後で上げ続けていた)「売却中の株」が今日は逆行安になるなど、何だかこれまでと傾向が違っている感じです。
 今日は日銀ETFが投下されなかった事が影響しているのかもしれません。どうやら私の持ち株は日銀ETFと相性がいい様です。とはいえ、日銀ETF自体は下げ展開でないと投下されない感じですし、なかなか折り合いが難しい感じです。

 ともあれ、心配された相場展開ですが、これで「大統領戦でトランプ候補が勝つリスク」と「原油暴落リスク」が思わぬ形で(一旦は)解消された形になりました。
 共に「クリントン候補が勝つ事がそもそも良い事なのか」「原油高が良い事なのか」という問題はあるものの、少なくとも短期的にはプラスに働く事は間違いありません。21時30分の米指標も無事に通過した様ですし、やはり「とりあえずの短期的な上げ」が期待できる雰囲気になってきました。

 今日の相場が好調だったという事で、明日は「売却中の株」の買い戻しを再開予定です。買い残しの約半分を購入して、持ち株割合を約8割→約9割まで上げる予定です。
 その先、全力買いから更に追加購入まで進めるかは、週末の情勢を見ながらじっくりと考えるつもりです。できれば少なくとも来週末あたりまでは上げ相場が続いてくれればいいのですが…。



■今日のFX
 3000NZドルを73.904円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

権利落ちで下落!ではあるが…(今日の相場 H28.9.28)

■今日の株式 H28.9.28 「上昇期」
 株資産の持ち株割合 約63%→約79%(買い戻し1回目実施/全3回予定)
 持ち株…買値から+7.4%→+4.8% / 「売却中の株」…売値から+3.8%→+6.3%


 9月権利の権利落ち日であった今日の株式市場は、200円以上の下落となりました。昨夜の米国株が上昇するなどの要素はあったものの、相変わらず100円そこそこに張り付いている為替など、やはり不安感の方が強かった感じです。

 私の持ち株も下落。権利落ちがあった事や、昨日に引き続いての持ち株の「ヤーマン」祭り終了下げなどが響いた形です。
 ただ、全体水準としては概ね「2日前に戻った」あたりです。相場全体と比べれば相変わらず強い展開が続いています。日銀ETF買いが今日も実施されていますが、うちの持ち株関係を買ってくれているのかもしれません。

 そして、どうするか悩んだのですが、朝方時点で日経先物の下落幅がやや小さかった事から、予定通り買い戻しを実施しました。この下落で安く買える事に期待したのですが、残念ながら昨日とあまり変わらない水準での購入となり、その後もほとんど上がらずに終了してしまいました。更に、買い戻さずに残っている銘柄たちに限って元気よく上がっているという、何だか悔しい結果になっています。


 ここから先ですが、引き続き「買い/売りのどちらのサインが出てもおかしくない」状況になっています。今日は下げたものの、風向きを変えて売り転換に転じるまでの状況では無し。とはいえ、明確に上かと言えば、そうとも言い切れない…難しい状況です。
 とりあえず明日についてはこれ以上買わずに様子見するつもりですが、今のところ日経先物がプラスになっているので、明朝確認時点で更に上げそうであれば買い戻しを再開するかもしれません。
 現状では約8割と買いポジション側に傾斜しているので、できれば当面は上昇して貰いたいところですが…果たしてどうなるでしょうか。




■今日のFX
 3000NZドルを73.032円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

まさかの上昇で買いサイン点灯!どうしよう…(今日の相場 H28.9.27)

■今日の株式 H28.9.27 「減速期」(下降速度低下)→「上昇期」に転換
 株資産の持ち株割合 約63%
 持ち株…買値から+7.0%→+7.4% / 「売却中の株」…売値から+3.0%→+3.8%


 昨夜の為替&米国株安から厳しいと予想された今日の株式市場。
 朝方から日経先物は大幅安で、実際に前場は200円以上落ちていたのですが…10時過ぎから行われた米大統領候補の討論会でクリントン候補側が優勢だと判断された結果、じわじわと回復を続けてついにプラス転換。100円以上も上昇して相場を終えています。

 まさかプラス引けまで行くとは…想定外でした。
 米の討論会ですが、正直、良くて引き分けあたりで「トランプ候補が一方的に喋る(見た目上、勝ったと世間に判断される)」とか「クリントン候補が体調不安と取られる挙動を見せる」あたりの下げ要素が出ずに無事に通過するか、が焦点だと思っていました。まさかクリントン候補が優勢で好感される展開になるとは…。

 この展開を受けて、私の持ち株は勿論上昇。
 持ち株のうち、ここ最近爆上げを続けていた「ヤーマン」がさすがに祭りが終わったと見えて(値下がり率上位に顔を出すレベルの)大幅安だったのですが、持ち株全体では埋め合わせて余りあるレベルで上昇しています。

 今日が9月権利確定日で、何としても9月銘柄(というより3月銘柄の中間配当)権利を確保したかった私にとっては、株価が落ちなくて助かったというところなのですが……今日の上昇によって、うちのチャート診断では買いサインが点灯してしまいました。
 これまで「どこで(落ちる前に)売り逃げるか」に悩み続けていたわけですが、ここに及んでむしろ買え、とのサインが出た事になります。
 基本的に自己ルールを守って売買を行うわけではありますが…ここで買うのが本当に正解なのでしょうか。悩ましいところです。


 今日の討論会でクリントン候補が優勢だった、というのは非常に大きな事で、「討論会で直接負かす」というパターンが取れない場合、トランプ候補の勝ちは難しいと考えられます。勿論、討論会は今回だけではないので、挽回の場はまだあるわけですが…。
 となれば、当面は「買い」でいいのかもしれませんが、クリントン候補には体調不安もありますし、今後絶妙のタイミングで過去のスキャンダル情報が投下される可能性も十分に考えられます。
 また、そもそもクリントン候補が勝つ事が日本経済や為替にプラスなのか、という根本的な問題もあります。個人的には「どちらも外れ」で、外れの度合いは伴うものの、少なくとも円高要因になると考えています。当面は「トランプ候補ではなさそう」という事で株上げ要因になるのかもしれませんが、冷静に判断されるにつれて、じわじわと円高株安方面に効いてくるのではないかと思います。
 また、その他の国内や世界各地の様々な課題が、依然として残されている事にも留意する必要があります。ドル円は全然回復せずにいつ100円を切ってもおかしくないですし…。


 そんなわけで、この場面で買いサインが出たところで、実際に買うのは微妙だなぁと考えています。
 ただ、今日の結果を受けて、短期的(今週末~来週頃くらい?)は反発展開になるのでは、という考え方もあります。とはいえ、この日記を書いている時点では、円高が進行し、日経先物は大幅に安くなっているわけですが…。


 この状況での明日の一手ですが、日経先物が明朝までに回復しない様であれば、買い(売却株の買い戻し)は行わず、一日様子見を行うつもりです。もし今夜の米国株が討論会結果を好感して上昇し、日経先物も回復する様であれば、短期的な上げに期待して一旦は買いモードに入ってもいいのかもしれません。
 その先は、明日の相場がどうなるか次第でしょうか。もし、9月権利落ちを埋めて押し返すレベルの強さを見せる様であれば、本当に「当面の、短期的な上げ」があると判断していいのかもしれません。やっぱりズルズルと落ちる様であれば、当初の想定通りに売り逃げに移りたいと考えています。
 上下どちらに賭けるべきか微妙な情勢ですが…何とか無事に正解を選びたいところです。



■今日のFX
 3000NZドルを73.145円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

頼む!もう1~2日だけ耐えてくれ!(今日の相場 H28.9.26)

■今日の株式 H28.9.26 「減速期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約63% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+7.0%→+7.0% / 「売却中の株」…売値から+2.8%→+3.0%


 先週末の為替や先物から厳しいと予想された、週明けの株式市場。
 実際の相場もズルズルと下げ続ける展開となりました。引けに掛けては更に大きく落ちて、最終的には200円を超える下落となっています。

 ただ、先週末に引き続き小型株系は強く、ジャスダックは何故かプラス引けしています。確かにETFは今日も投入されていますが、日経平均に絡む大型株や(リバランスが予定されている)TOPIXではなく、小型株系が上がっているよく解らない状況です。

 とはいえ、そのおかげか?私の持ち株は引き続き強く、持ち株、「売却中の株」ともにほぼ下落の影響を受けていない状態となっています。ここ最近、異常な程の粘り強さです。

 明日はようやく、9月の権利確定日となります。明日を通過すれば、保有銘柄の大部分(約5割)を占める3/9月銘柄の売却が可能となります。現在の下落基調が続く場合は一刻も早く逃げるのが望ましいですし、(可能性は低そうですが)仮に反転上昇するとしても、「逃げる」選択肢は確保しておきたいところです。
 そんなわけで、妙に底堅い我が持ち株たちには、せめて明日一日だけ、贅沢を言うなら(権利落ち直後に売却するとして)水曜の前場あたりまでは落ちずに耐えて貰いたいところです。

 この日記を書いている時点で円高が進行、日経先物も大きく下げていますが、今日も同じようなパターンで耐えてくれただけに、できればもう1~2日だけでも下げ粘って貰いたいです。
 あとは、何だか嫌な予感がする米国大統領戦のTV討論会が、波乱無く無事に通過して貰いたいです。今回は挨拶程度にしておこうよ。どうか激しい論戦は私が持ち株を売り切ってからにして下さい(笑)


■今日のFX
 3000NZドルを72.942円で購入。
 保有分7発分に逆指値発動、売却(利確6損切1)。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

上か下か、難しい情勢の来週(週末の相場 H28.9.25)

■金曜の株式 H28.9.24 「減速期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約63% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+6.3%→+7.0% / 「売却中の株」…売値から+1.6%→+2.8%

 日銀会合&FOMCの衝撃が世界を一回りして、どの様な形で落ちつくのか注目された金曜の株式市場でしたが、微妙に弱い展開が続き、約50円の下落となりました。ただし、なぜかジャスダックなどは上昇しています。ETFのリバランス期待もあるのかもしれません(ただ、TOPIXに関係しない東証1部以外の銘柄も強かったのが謎ですが…)。

 ともあれ、この動きを受けて私の持ち株も妙に強く、保有銘柄、「売却中の銘柄」共に逆行高となっています。
 特に「売却中の銘柄」の上げが大きく、こんな事なら売らなければ良かった…というところではありますが、相場全体は微妙な弱さだけに、実際のところどちらが正解なのかは判断が難しいところです。
 この日の株価上昇により、うちの株価チャートは更に難しい形になってしまい、週明けの値動き次第で、買い/売りサインどちらも出る可能性がある…という情勢になってしまいました。果たしてどう動くのが正解なのでしょうか。

 とりあえず考えなければならないのは、今回の大イベント「日銀会合&FOMC」の結果分析です。


■日銀会合&FOMCとは何だったのか

 私個人の考えとしては、こんな感じかな…と分析しています。

(日銀側)
・テーパリングの将来予告、布石打ち(これ以上増えず、いずれ減る事が予告されているが、発動条件も設定されている)
・上記のため、長期的には銀行銘柄にマイナスであるが、当面はマイナス金利深掘りの回避によりプラス
・また、ETFのリバランスにより、日経平均の指数銘柄では無く、その他の銘柄に資金が回って来る
・今回の内容から、今後日銀会合で「緩和できるネタ」が無くなった様な気がするけど…

(米FOMC側)
・利上げペースがより緩やかになると示唆されたため、長期的には円高寄り
・ただし、今年の利上げも捨てていないという微妙な匙加減になっている


 総じて見れば、「短期的にはプラスの要素もあるけど、長期的にはマイナスである(というより、長期的には何も進展していない)」と考えられます。
 ただ、実際の世間、そして相場がどう捉えるかは別であり、実際の売買としてはこちらの方を考慮する必要があります。
 週末までの展開は微妙な円高、そして株安。この動きは自分が想定していたものと異なるので、どう判断していいのか本当に難しいです。また、そもそも、もう数日経ってはいるものの「そもそも相場は完全に織り込んだのか」という問題もあります。世間の相場全体も反応に迷っているのではないでしょうか。


■週明けの戦略

 …結局のところ、週明けに上下どちらに動くか次第で考える、としか判断できません。
 27日火曜日が3/9月権利銘柄の確定日となり、ここを通過すれば持ち株の大半を売却する事が可能となります。とりあえずそのあたりまでは粘って欲しいです。
 中長期的には厳しいと思いつつも、短期的にうちの銘柄が妙に強いので、上がっているうちはできるだけ引っ張りたい気持ちもあります。少なくとも27日までは崩れずに頑張って貰いたいところですが……。

 あと、個人的に怖いのは27日午前(日本時間)にある米大統領選のTV討論会です。過去に様々なドラマを生み出して来たこの討論会。ここで(いかにも口喧嘩が強そうな)トランプ候補が優勢になる、クリントン候補が言い負けるなり健康不安っぽいシーンが流れるなどすれば、かなり影響が出そうです。本来であれば来月途中あたりまで顕在化しない筈だった「トランプリスク」が前倒しで出てくる可能性もあります。9月権利確定の直前にあるというのも嫌らしい…。
 また、週末の海外下げ要因となった原油価格下落に関係し、産油国会合が開催されるのも波乱要因となる可能性があります。


 見れば見るほど、特に火曜日以降は危なそうなイベントで溢れているので、恐らくは火曜日に権利を確定した上で、水曜あたりに早々に持ち株を売却して逃げるのが最善手の様に見えますが……果たして実際にどんな値動きになるのか、慎重に見極めたいと思います。


■今日のFX
 3000NZドルを73.183円で購入。
 保有分6発分に逆指値発動、売却(利確)



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

何が起きて、何が起ころうとしているのか(祝日の相場 H28.9.22)

■昨日の株式 H28.9.21 「減速期」→「減速期」(下降速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約63% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+4.4%→+6.3% / 「売却中の株」…売値から+0.3%→+1.6%


 北海道旅行から帰宅しました。やはり1泊2日にいろいろ詰め込んだのは無理があったと見えて、体力の消耗が激しいです。リタイアすればもっとゆったりと余裕のある日程が組めるのですが……。


 帰宅してみると、21-22日に実施された日銀会合&FOMCの結果を受けて、相場は激しく変動しています。
 それぞれで示された判断をどう見るのか、についてはいろいろ分析はできるのですが、最終的に投資する側に関係するのは「世間(相場)がどう見るか、株価や為替ではどう反映されるか」です。そしてその結果はまだ定まっていない状況だと思います。
 特に国内株については現在のところ「21日の日銀会合直後」までしか株価に反映されていません。各発表の直後やその後時間が経過するにつれての為替や先物株価の動きもよく解りませんし、明日以降にどうなるのか読み切れないところがあります。


 とりあえずもう一日程度は様子を見て、世間の反応が一旦定まるのを待ちたいと思います。ちょうど週末に突入しますし、土日にじっくりと分析したいところです。



■今日のFX
 3000NZドルを73.802円で購入。
 維持率低下により1発分を売却(損切り)。
 保有分6発分に逆指値発動、売却(利確)



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

いよいよ日米決戦!北の大地から見届けます(今日の相場 H28.9.20)

■今日の株式 H28.9.20 「減速期」
 株資産の持ち株割合 約72%→約63%(追加売却実施) ※資産退避状態
 持ち株…買値から+4.3%→+4.4% / 「売却中の株」…売値から+0.7%→+0.3%
 保有株の売却(利確)実施…年初からの売買利益 -4.8%→-4.4%


 連休明けとなる今日の株式市場。週末~月曜夜までの海外市場や為替などから一定の下落になると思われましたが、実際には微下げで終わりました。
 寄り底から一時プラスに転換、TOPIXは上昇して終えるなど、妙に強い展開でした。先週末の金曜+今日は日銀ETF砲が撃たれていないのにプラスでした。やはり日銀会合&FOMCを前に、売りにも勇気を要する状況なのでしょうか。

 私の方は、朝方の日経先物が安かった事もあり、予定通り持ち株の追加売却を実施しました。「9月末に中間配当が無いであろう3月権利銘柄」を中心に売却して、更にポジションを下げています。
 寄り底だったために今日の安値で売却する展開になってしまったのが残念でしたが、朝方の予想通りであれば日経平均-200円であった事を考えると、想定よりは高く売却できて上出来と考えたいと思います。また、今日の売却分についても黒字で逃げ切っている形になっています。

 これで、マイルール上売れる株は全て売却。資産退避状態で日銀会合&FOMCを迎える事となりました。
 本来であれば「落ちるかもしれないイベントを前に、当面の高値で売り切った」となり、リスク回避面では勝ちパターン(イベントで上がる場合は仕方ない)の筈なのですが……9月の権利獲りのために(3月権利銘柄を中心に)温存した結果、約6割もポジションを残してイベントに突入することになります。


 ここから、日銀会合&FOMCで上下どちらに動くのかがさっぱり読めません。そして、上下どちらに動いて貰いたいのか、自分自身でも良くわからない心境です。
 当たり前ですが、落ちた場合は、売却して逃げた分は助かりますが、残した株は下がります。
 そして、上がった場合は、手持ち株は上がりますが、売却株は上昇相場に置いて行かれることになります。
 「手持ちの株は上がって、売却した株は下がる」のが理想なのですが、勿論そんな動きをするわけがない(笑)ですし……。
 リスク回避ではありますし、ほぼ半々に近いという事で、どちらに転んでも動けるとも言えますが…


 ともあれ、ポジションは取り終わったので、これで日米の大イベント、日銀会合&FOMCに突入します。
 祝日である木曜の22日朝には結果が出ているので、その際に次なる行動をじっくりと考えたいと思います。


■(予告)次回の更新は22日夜です

 日銀会合&FOMCに突入する21日~22日なのですが、私は北海道まで旅行に行くため、不在となります。
 そのため、明日21日の日記は休みで、次回更新は帰宅後の22日夜の予定です。

 本当は日銀会合の結果やFOMC、乱高下するであろう株価や為替を眺めつつ、「キターーー!!」とか「もうダメだあぁぁぁ」とか書いた方が楽しそうですし、ここの記事も盛り上がると思うのですが(笑)、今回は北の大地から結果を見届けて叫ぶ事にします。

 旅行から帰ってきた22日には、上下どちらであれ相場環境は大きく変わっていると考えられます。果たして、どんな結果が待っているのでしょうか……。


■今日のFX
 3000NZドルを74.860円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

不安高まる中、激動のFOMC&日銀会合突入(週末の相場 H28.9.19)

■金曜の株式 H28.9.16 「減速期」
 株資産の持ち株割合 約83%→約72%(売却2回目実施/全2回) ※ほぼ資産退避状態
 持ち株…買値から+2.8%→+4.3% / 「売却中の株」…売値から+0.5%→+0.7%
 保有株の売却(利確)実施…年初からの売買利益 -4.9%→-4.8%


 金曜日の株式市場は、木曜夜の米国株が大幅に回復した事もあり、100円強の上昇となりました。
 私の持ち株も上昇しています。

 この日は、予定通り持ち株の売却2回目を実施しました。持ち株の1割程度を売却し、ポジションを7割程度まで下げています。寄り底展開だったために(金曜の)安値での売却となってしまったのが残念でしたが、それでも前日より高い水準で利確できたので良しとします。

 金曜上げの要因となった米国株上昇ですが、またも「利上げ延期かも」情報です。ここ最近の米国株は利上げ実施に関して「やる」「やらない」の正反対の観測が日替わりで出ては乱高下しており、もうわけがわかりません。また、今回はたまたま上げ側で出てくれたので助かったわけですが…。

 そして金曜夜にはまたも米国株が下落。円高進行などもあって日経先物は今のところ大きく下げています。ここは更に持ち株のポジションを下げておいた方が良いのでは…と考えています。
 手持ちである「7割のポジション」の多くが3月権利銘柄で、翌週に迫った9月中間配当を確保するために売らずに残しています。この中から「9月に中間配当を実施しないと予想される銘柄」を選んで、週明け火曜日に売却するつもりです。
 この週末に調査した結果、持ち株の1割弱が該当しましたので(ここから相場環境が回復して火曜日上がりそうなら延期しますが)これらを売却してポジションを6割まで下げる予定です。
 この「9月に中間配当を実施しないと予想される銘柄」を探すのが結構面倒で、手持ちの3月銘柄について、過去の配当受け取り実績や決算短信(配当実施予定が載っている)を一つ一つ調べて行く必要があります。手間を掛けた割に該当したのは7割中で1割だけでしたし、こんな危険な局面が何もこの時期に来なくても…と思います。できれば日銀会合やFOMCは権利日よりも後に開催して貰えないものでしょうか(笑)


 いろいろ振り回されましたが、何はともあれ、週明けにFOMC&日銀会合が開催され、一定の決着がつく事になります。
 ここからはFOMC&日銀会合の予想や影響について考えを書きたいと思います。


■いよいよFOMC&日銀会合!これからどうなる

 いよいよ週明けにFOMC&日銀会合という大イベントを迎えます。
 それぞれ結果がどうなるかですが…正直言って解りません。

 ただ、個人的には下げるリスク側の方が大きいと考えています。

 理由として、まず日銀側については、
・規制緩和を行ったとしても、相場に評価されない可能性が一定以上ある
・よほどサプライズな内容でなければ、織り込み済みとして早い段階で下げる
・勿論、追加緩和が無かった場合は下げる
・「マイナス金利深掘り」は性質上、してもしなくても相場の下げ要因になる感じがする(実施した場合は銀行株→相場全体に影響、しなかった場合は「追加緩和なし」と取られる)


 続いて米国側要素として、
・日銀会合発表(21日)より後(22日早朝)であるため、米国側の結果がマイナスであれば、もし日銀側の結果が良くても「打ち消して叩き落とす」可能性がある
・それだけに日銀の動きも縛られる?
・こちらも利上げ実施有無がどちらでも、為替や日本株には短期的に悪影響になると考えられる
 利上げあり→米国株安→日本株も連れ安(+世界的な相場環境冷え込み)
 利上げ無し→一定程度織り込まれていてあまり上がらない?+円高は発生する
・また、利上げを実施した場合は(一定期間=少なくとも大統領戦時期まで)米国相場が混乱する→批判派のトランプ側有利となり、もし当選した場合はイエレン総裁がクビになるシナリオもある事も考慮する必要がある


 更にその他の要素として
・米国でのテロ?発生
・ドイツ銀行が米司法省にMBS不正販売で巨額和解金支払い可能性(140億ドル)
・世界全体の下げ基調
・そろそろ米国大統領戦がどちらに出るか意識する必要がありますが、今の時点でもどちらが勝つか読めない


 …と、列挙すればリスク面の方が多いかな、と考えています。勿論実際にはこれらを打ち消す程の対応が日米ともに行われて、爆上げする可能性はありますが……少なくとも全額賭けするのは怖すぎると思います。
 この辺りの結果と、その後の相場反応を読み切って行動できるのであればともかく、私にはそんな能力はないので、自分で「上に出る」と考えている可能性(割合)に沿ったポジションに下げた上で、このイベントに臨みたいところです。
(3/9月権利確保の関係で、本来考えている「望ましい」ポジションより高くなってしまいましたが……)



 ただ、個人の買い動向や買残、売残などを見ると、需給が極めて良い(ほとんど買われてない)状態なので、何かのきっかけがあればどこかで大きく上に跳ねる局面があると思います。
 週明けの日米イベントはその「何かのきっかけ」の候補の一つだと思います。
 イベントでもし上に行けば流れに乗る形で、下に行った場合は暴落が落ちついた所を起点として、世間で予想されている以上の上昇になるのでは…と期待しています。

 とはいえ、いずれにしても次のイベントで上下どちらに出るのかは解らないので、自分自身は「上下どちらに出るのか」の博打に参加する気はありません。(拘束されている銘柄が多い関係で限定的になってしまいましたが)なるべくポジションを下げて、リスク回避体勢でイベントの結果を待ちたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

引き続き下落基調の中、撤退開始(今日の相場 H28.9.15)

■今日の株式 H28.9.15 「減速期」
 株資産の持ち株割合 全力→約83%(売却1回目実施/全2回予定)
 持ち株…買値から+3.3%→+2.8% / 「売却中の株」…売値から+0.5%
 保有株の売却(利確)実施…年初からの売買利益 -5.4%→-4.9%


 今日の株式市場は、前夜で原油高を背景とした米国株安+円高が進行した事もあり、約200円の下落となりました。
 ほぼ一貫して下げ続ける流れとなりましたが、午後はETFの支えが効いているのか下げ止まり、ほぼ横横でした。

 私の持ち株は今日も案外底堅く、微下げレベルに留まっています。
 今日は予定通り、来週のイベント前にポジションを下げるべく、一部持ち株の売却を実施しました。
 予想に反して昨夜の米国株が弱く、朝方から弱い展開だったわけですが、幸いにも昨日の終値とあまり変わらない水準で売却。利確で逃げ切れています。明日の売却予定分も(朝から余程大きな下げが来ない限りは)利確になる予定です。
 怪しい情勢ながらも何とかコツコツと利確して赤字幅を削減できているわけですが、年間黒字回復まで持っていくためには、もう一回くらい「上げ相場の波」に乗る必要がありそうです。ただ、そもそも、その「上げ相場の波」はもう今年は無い様な気もします……。


 イベント前の手じまいが出ているのか、それとも世界全体で弱気ムードになりつつあるのか…相場の空気は下向きになっている感じです。今週は毎日ETF砲が撃たれているにも関わらず、この下げですし…。
 勿論、来週の日米イベントで上に跳ねる可能性は一定程度ありますが、(勝算もないのに)全力で突っ込む賭けは危険だと考えられます。「イベント後に上がる可能性」をどう見るかは人それぞれですが、ある程度はポジションを下げておきたいところです。

 そんなわけで、明日も引き続き持ち株の売却を実施します。
 今日で約8割までポジションを下げましたが、明日の時点で更に1割ほどを売却、7割あたりまでポジションを下げるつもりです。
 この時点で自分的に「当面売れる銘柄」は全て手放す事になります。
 それでも7割も残っているのは、権利日が近い3/9月銘柄を手元に残しているからなのですが…やはり7割というのは怖いので、状況次第では「9月末に中間配当が出ないと予想される3月銘柄」も売却する事も考えています。
 週末~連休中の情勢を分析して、逃げた方が良いと判断した場合には、これらの銘柄も売却して、更にポジションを下げるかもしれません。



■今日のFX
 維持率低下により1発分を売却(損切り)。





 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

潮時か?リスク回避の売り発動します(今日の相場 H28.9.14)

■今日の株式 H28.9.14 「上昇期」(上昇速度低下)→「減速期」に転換
 株資産の持ち株割合 全力 / 持ち株…買値から+3.5%→+3.3%


 米国株が大下げながらも微妙に円安進行となって展開が注目された本日の株式市場。危惧されていたよりは下げ粘ったものの、やっぱり引けに掛けては売られて約115円の下落となりました。
 米国株が爆下げした事を思えば強かった感じでしたが、それでも跳ね返してプラスにするには至らず。私の持ち株も微妙ながら下げています。


 今日の下げで、うちのチャート診断では「減速期」に転換。売りサイン点灯となりました。
 一時103円に乗せるなど円安も進行していますし、米国株がまたも反動高になる可能性もあるなど上げ要素はありますが、どちらに転ぶかわからない来週のイベント前に全力買いで突入するのも怖いですし、ここは下げ粘ってくれている今のうちに、リスク回避の売りを発動させてポジションを下げたいと思います。
 権利日が近づいている(9月に中間配当となる)3月銘柄が多く、売却できる銘柄は限られているのですが、3割程度は売却するつもりです。とりあえず明日は2割弱について売却注文を出す予定です。

 来週のイベントで上下どちらに跳ねるか解らない情勢ですが、その先にある9月の配当/優待権利は確保したい…と悩ましい状況が続きます。もう数日ありますが、じっくりと検討して、自分の考えに近いポジションでその日を迎えたいと思います。





 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

やっぱり反発したが、期待より弱い(今日の相場 H28.9.13)

■今日の株式 H28.9.13 「上昇期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 全力 / 持ち株…買値から+3.4%→+3.5%


 今日の株式市場は反発。約50円の上昇となりました。
 昨夜の米国株が急反発した影響ではありますが…101円台まで円高が進行した事もあり、戻りが限定されてしまった感じです。一時はマイナス転換していますし、TOPIXはマイナスで引けるなど、やや期待外れの結果でした。
 私の持ち株も反発はしましたが、微上げレベルです。

 とはいえ、昨日この日記を書いていた時点(米国相場が始まる前)では、そもそも反発する気配すらなかっただけに、上がっただけ儲けものと言ったところでしょうか。

 問題は今後の展開ですが、ドル円が102円台に戻していますし、何となく期待してもいいのでは…という気がします。ただ、米国相場次第ですし、日経先物はマイナス圏内で推移しているので過度の期待は禁物というところでしょうか。
 このまま上がってくれればともかく、下げる様であれば、予定通り来週のイベント前にポジションを下げていくつもりです。


■今日のFX
 維持率低下により1発分を売却(損切り)。





 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

久々の大幅安!持ち株は今日は下げ粘ったが…(今日の相場 H28.9.12)

■今日の株式 H28.9.12 「上昇期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 全力 / 持ち株…買値から+4.1%→+3.4%

 週明けとなる今日の株式市場ですが、先週末の米国株安の影響を受けて300円近くの下落となりました。
 ただ、持ち株そのものは相場全体の下げに対して粘ってくれています。

 昨日の日記に書いたとおり、私自身は「下げても限定的」「早い段階で反転」と見ていたのですが、読みが外れてしまった形となりました。
 持ち株自体は下げ粘ってくれてはいるのですが、相場全体がズルズルと下げ続ければ、粘ると言っても限界があります。

 特に今回の下げについては、気がかりな点が何点かあります。
 その一つが、為替がじわじわと円高に向かっているところです。米利上げ懸念で株価が下落しているのに、円高方面に向いているのがタチが悪いです。更に夜になって102円を切るなど、なかなか風向きが変わらない状況です。
 更に追加で出てきた悪条件が、未明の「ヒラリー候補体調不安説」です。大統領選挙戦に影響すると考えられるだけに……。今のところは「たまたま一時的に体調を崩しただけ」で沈静化できるかもしれませんが、予断を許しません。

 これらの「米の利上げが今月あるかもしれない」「大統領選でヒラリー候補が負ける(=トランプ候補が勝つ)かもしれない」といった、暴落を予期させる要素が前倒しで突きつけられた形で、市場の不安が高まっている感じです。
 これまでの解決すべき問題は「先送り」が世の常でしたし、日米の経済対策や英国離脱問題など経済絡みについても先送りパターンが多かっただけに、こうして急に前倒しで問題が突きつけられると、相場の不安も大きい感じがします。


 相場は不安が増している感じですが、とはいえ最近の下げが大きすぎる事や、最近の不安材料自体が冷静に考えれば過大評価されている(きっかけが「米関係者の微妙な発言」に過ぎず、ヒラリー候補の体調不良も普通に考えれば一時的なものである)事から、そろそろ当面の底を打って反転する可能性もあると見ています。
 とりあえずもう一日、現在の全力持ちで様子を見たいと思います。
 一定確率で反転するだろう、との見方ですが、ただ、もし明日も下げる様であればポジションを落としていきたいと考えています。



■今日のFX
 維持率低下により1発分を売却(損切り)。





 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

米国株大幅下落!週明けはどうなるのか(週末の相場 H28.9.11)

■金曜の株式 H28.9.9 「上昇期」→「上昇期」(上昇速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 全力 / 持ち株…買値から+4.2%→+4.1%

 金曜日の株式市場は、朝方はマイナス転換して弱く推移したものの午後になってから回復。ただし引けに掛けて下落してほぼかわらず…という結果になっています。相場全体でも、概ね上げ下げ互角といったところでした。
 私の持ち株については微下げでした。ただ、任天堂関係銘柄の(木曜上昇分の)反動下げの影響を受けた割には軽ダメージで粘ったかな…というところです。
 金曜のやや弱い相場によって、うちのチャート診断では買いサインが消滅。ここからはこのまま失速するのか、加速するのか、展開次第かなぁ…というところで週末を迎える筈でした。


 が、金曜夜に米国株が大きく下落。実に400ドル近くも下げる久々の暴落で、週末に突入しました。
 今後の相場にどう向き合うかについても…当然、この下落をどう判断するのかが重要になってきます。

 正直、危険そうなイベントは過ぎたので、とりあえず(FOMC&日銀会合までの)もう一週間くらいはじわじわと上げ基調が続くと見ていました。FOMC&日銀会合の結果は判りませんが、それまでに一定の上げしろは確保できている筈なので、もし発表後の下落に巻き込まれても、(上げしろ分が吹き飛ぶ程度で)悪くても「引き分け」には持ち込めるだろうと見ていました(勿論、結果が上に出てくれれば良しですが)。
 そうした読みの中、金曜日にいきなり暴落が発生して、環境が一変してしまいました。

 今回の下げですが、
・ボストン連銀総裁による「段階的な利上げが適切となる可能性が高い」発言
・ダラス連銀総裁の、「利上げの根拠が強まった」発言
 上記が直接の引き金で、米国の早期切り上げ観測が高まった事が原因であるわけですが……正直、「そこまで下がる程のネタではないだろ?」と思います。
 両者ともに元々言われていた案件ではありますし、「9月利上げが確定的」とされる発言でもないですし、更にFRB自体やイエレン総裁やあたりが直接発言/発表したわけでもありません(FOMCの投票権保有者ではありますが)。

 この事を考えると、ちょっと株価が過敏に反応しすぎているのでは…と思います。
 もちろん、こうした発言を機に「空気が変わる」「風向きが変わる」のかもしれませんが、米利上げということで円安に働く面もあり、102円台後半まで戻ってきています。この事は日本株にプラス要因となる筈ですし、日本株にどんな影響が出るのかは未知数です。

 そんなわけで、週明け一時的には下げるかもしれませんが、早い段階で回復するのでは…と見ています。
 ただ、きっかけが早まったものの、「9月に利上げがあるのか」「上げたら日本株はどうなるのか」を改めて考えなければならないのは事実です。今回のショック下げが回復するにせよしないにせよ、一週間先にはFOMCがやってきます。やっぱりここで逃げた方がいいのかもしれません。


 個人的には、FOMC&日銀会合通過後に上がる可能性が一定程度(半分程度)あるという事と、それまでの上昇分を考えれば「引き分けか勝ち」だと考えています。それ故に、月末あたりまでは持ち越すつもりです。とはいえ、相場が早々に失速する様であれば話が変わってきます。

 いずれにしても、週明けの値動きを確認して、金曜夜に発生した流れが一時的なものなのか、それとも本格的に「9月利上げを踏まえた動き」になるのかを見極めてからになるかと思います。まずは週前半は様子を見たいですね。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


トレード日記 ブログランキングへ

引き続き逆行高&指標通過も、問題はここからだ(今日の相場 H28.9.8)

■今日の株式 H28.9.8 「上昇期」
 株資産の持ち株割合 全力(追加購入実施)
 持ち株…買値から+3.8%→+4.2%
☆株保有資産時価 最高値更新[前回:H28.9.7] ※2日連続

 今日の株式市場は約50円の下落となりました。
 ほぼ横横で推移した前場から、午後に一時大きく下げるも、引けに掛けて回復…という値動きでした。
 引き続き日銀会合に関する怪しげな動き…というか副総裁の発言が伝わり、米国情勢も合わせて円高圧力が強まっている感じでしょうか。ただ、ここから下も堅い感じがします。

 私の持ち株は今日も逆行高しました。アップル発表会で「スーパーマリオラン」配信が発表されて任天堂祭りが再開し、保有している関連銘柄が上げたのが影響している感じです。
 ただ、個人的には、アプリ自体はみんながインストールして遊ぶとは思いますが、スーパーマリオだけにどこで課金するのかな…という気もします。ましてや、関連銘柄までお金が回って来ない気もしますが……。ともあれ、期待で持ち株が上がってくれるのであれば、まあいいかな……。

 そして今日は予定通り以下の2銘柄を購入しました。
・ヨロズ…カタログギフト(1000円)
・グラファイトデザイン…高配当(5.29%)

 持ち株が上がった+新規購入した事もあり、保有株の時価総額は昨日に引き続き最高値を更新しています。
 ただ、余力自体はもう少しありますが、引き続き相場全体は停滞気味ですし、当面の買いはここまでにして様子見モードに移行する予定です。


 全力買い状態で更に持ち株が上がって欲しいところですが、問題は今後の相場展開となります。たまたま相場に反して自分の持ち株が強い状況が続いていますが、相場そのものが暴落してしまえば、さすがにどうしようもなくなります。

 FOMC&日銀会合が山場ではあるのですが、とりあえずその前の「山」だったEU金融政策と米国失業保険申請の指標が先ほど発表されました。
 とりあえず無事に通過した…っぽくはありますが、とは言ってもドル円で101円台で動いている状況で、なかなか期待していた「明確に上」には行ってくれない情勢です。
 引き続き警戒モードで、月末まで持ち越すかを考えながら相場の注視を続けたいと思います。



■今日のFX
 維持率低下により1発分を売却(損切り)。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

急速な円高進行も、持ち株逆行高!(今日の相場 H28.9.7)

■今日の株式 H28.9.7 「上昇期」
 株資産の持ち株割合 約98%→全力(買い戻し完了+追加購入実施)
 持ち株…買値から+3.8%→+3.8%
☆株保有資産時価 最高値更新[前回:H27.12.3] 

 昨夜11時の指標でいきなり円高進行。更に朝方にも円高展開となり、前場開始時には101円台前半となっていたドル円。
 昨夜と比較して2円もの円高で、爆下げの危険性が高かったわけですが…実際には寄り底から回復を続ける展開となりました。さすがにプラス転換までには至りませんでしたが、17000円ラインは回復して相場を終えています。

 ETF買いの期待があったのかもしれませんが、(ETF資金は来ないと思われる)ジャスダックやマザーズが逆行高になっていたりと、不可解ながら妙に底堅い展開が続いています。


 私の方は、朝方の円高進行がありつつも、早朝時点での日経先物の下げ幅が比較的小さかった事もあり、「どうせ寄り底だろうな…」と見て予定通り(延期せずに)買い戻しを実行しました。
 結果的に、持ち株は逆行高となったので正解だったわけですが、朝方から妙に強かったおかげで、期待していた「朝一であれば安く買い戻せる」も空振りに近い結果となっています。

 何はともあれ、今日で買い戻しが完了、全力に戻りました。
 「売却した時の値段」よりも高くなってしまい、同額では買い戻せないため、不足分は配当利回りが悪いものを買い戻し対象から外す事になります。過去日記でも書いたとおり、一番利回りが低かった「タカラトミー」(利回り1.02%)を切る事にしました。さようなら、毎年の記念トミカ…。

 その代わりに、新たに追加購入を実施しました。
・ココカラファイン…過去に手放した銘柄の復活枠(3月優待券)
・田淵電機…手持ち銘柄の買い足し(高ROE銘柄)
・秀英予備校…新規銘柄(3/9月末 図書カード)
・国際計測器…手持ち銘柄の買い足し(高配当4.73%)
・ハークスレイ…手持ち銘柄の買い足し(クオカード:今回の追加で500→1000円に)
 上記の銘柄を購入しました。

 今日も持ち株が上がったという事で、明日は以下の2銘柄を購入予定です。
・ヨロズ…カタログギフト(1000円)
・グラファイトデザイン…高配当(5.31%)


 今日の時点で約9ヶ月振りに「株保有資産時価総額」が最高値を更新しました。しかしこれは種銭が増えた影響であり、実際の収支や含み益が最高値を更新するためには、更に株価が上がってくれる必要があります。
 最近は持ち株が好調ではあるのですが、相場全体の雰囲気が少し怪しいのが問題です。
 本来であれば円安と株高がじりじりと続いてくれる展開を期待していたのですが、逆に円高になっている状況です。米指標の数字、そして日銀会合関係で流れてくる情報も怪しいので、ここから更に上値余地があるのかは慎重に考えなければなりません。先ほどの最高値については、18000円くらいまで上がってくれれば達成できそうですが…多分難しいかな、と見ています。
 基本的にはできれば9月権利を確保したいところですが、逃げ時も考えながら今後の相場を注視していきたいと思います。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

引き続き微妙な上げだが、更に上昇できるか(今日の相場 H28.9.6)

■今日の株式 H28.9.6 「上昇期」
 株資産の持ち株割合 約93%→約98%(買い戻し2回目実施/全2回予定)
 持ち株…買値から+2.9%→+3.8% / 「売却中の株」…売値から+0.9%→+6.7%


 今日の株式市場も続伸しましたが、上げ幅は小幅でした。
 私の持ち株は比較的好調で、引き続き上昇しています。

 今日は買い戻しの2回目を実施。手数料調整で一部残した以外は、ほぼ全力状態に戻りました。
 …ただ、その手数料調整のために買い戻した「イオンファンタジー」が爆上げしてしまっています。持っている時には下がり、手放すと上がるという…本当に相性が悪い銘柄です。とはいえ、今のところは捨ててしまう条件には当てはまっていないので、一日遅れで買い戻す事になります。
 明日はその「イオンファンタジー」を筆頭に買い戻し銘柄を全て再購入して全力買いに戻します。そして更に、新規銘柄の追加購入を予定しています。


 ただ、23時の指標の影響でドル円がいきなり102円台中盤まで下げています。明朝確認した時点で、水曜の株価が大きく下げる情勢であれば購入は延期するかもしれません。



■今日のFX
 3000NZドルを75.870円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

期待の月曜日も上げ幅微妙!スピード調整か、それとも失速の前兆か…(今日の相場 H28.9.5)

■今日の株式 H28.9.5 「減速期」(下降速度低下)→「上昇期」に転換
 株資産の持ち株割合 約81%→約93%(買い戻し1回目実施/全2回予定)
 持ち株…買値から+2.8%→+2.9% / 「売却中の株」…売値から+0.1%→+0.9%

 先週末の米雇用統計への反応などから、堅調な展開が期待された週明けの株式市場。
 確かに上がったのですが、ドル円がじりじりと円高側に押し戻された事などもあって、株価もじり下げ展開となりました。
 それでも最後まで100円以上の上昇幅は確保しましたが…朝方の先物などから本来期待されていた200円高からは半減する結果となっています。

 私の方は、この日に買いサインが再点灯した事もあり、予定通り買い戻しに入りました。概ね8割→9割にポジションを上げています。(手数料調整の関係で少し買い残しが生じますが)明日の時点でほぼ全力に戻す予定です。

 こうなると問題は、この上げ基調がどこまで続いてくれるのかとなります。
 今日の状況で上げ幅100円、ドル円が103円前半まで押し戻されたのが何を意味するのかが問題です。単なる「早すぎる上げ」を押さえるためのスピード調整ならいいのですが、失速の前兆である可能性も考慮しなければなりません。
 もう少し様子を見れば答えがわかるのかもしれません。が、とりあえず明日については米国相場が一日休みですし、ひとまずは横横で推移しそうな感じもします。

 明日でほぼ全力状態に戻りますし、できればこのまま好調展開が継続して貰いたいところですか…果たしてどうなるでしょうか。



■今日のFX
 3000NZドルを75.603円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

米雇用統計通過!これはいいとこ取り展開か!?(週末の相場 H28.9.4)

■金曜の株式 H28.9.2 「減速期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約81%
 持ち株…買値から+2.7%→+2.8% / 「売却中の株」…売値から+0.0%→+0.1%


 金曜日の株式市場は、やや弱めの横横といった感じでした。私の持ち株は比較的健闘しており微妙ながら上げましたが、ほぼ変わらずと言っていい程度です。

 ただ、金曜の株式市場はあくまでも前座であり、この週末のメインイベントは金曜夜の米雇用統計でした。

 この日記を書いているのが日曜夜なので、勿論結果は出ており、米国市場や為替の反応も出ています。
 雇用統計の結果は「予想よりも悪かった」という形ではありましたが、それでも15万人増ですし、前回分も上方修正されています。この数字から、米利上げの可能性をどう見るかが鍵となってきます。
 世間の反応や各所の分析では「9月利上げの可能性は減った(あるいは、無くなった)が、年内に行われる可能性は濃厚になった」あたりでしょうか。私個人としては、やや世間の分析から外れますが「9月に利上げされる可能性はまだ半々程度残っている」と見ています。
 正直、上下どちらに見るべきか微妙な結果だったわけですが、発表直後はともかく、その後土曜早朝までの米国株や為替、日経先物などの反応を見ると、

・円安(ドル高) 104円に乗せそうな感じ
・資源国通貨も上昇して、結果として円全面安(利上げの影響で下がる筈が、影響出ず)
・米国株も好感上げ
・日経先物も200円程度上昇


 ……と、何故か良い事ずくめとなっています。
 予想された相場反応各種について、まさにいいとこ取りという状況になっています。
 ドル高と資源国通貨高、米国株と為替など、本来であれば両立するとは思えない要素が同時に進行しており、何故こうなったのか、正直これからどうなるのか予想がつきません。

 ただ、少なくとも月曜日は大幅高が期待されるのは間違いありませんし、当面、この流れを大きく変える様なイベントも無さそうな事から、暫くは上昇ムードになりそうです。
 私の投資スタイルは「予想して動く」わけではなくて「決まった流れに乗る」パターンなので、ここは素直にこの上昇ムードに乗りたいと思います。
 持ち株率は現在8割ほどですが、月曜から改めて買い戻しに入って(2日間掛けて)全力買いに戻し、その後は風向き次第で買い増しも検討したいと思います。

 ただ、やはり問題は「この展開がいつまで続くか」となります。
 元々、9月権利(特に持ち株の多くを占める3月銘柄の中間配当)を確保したい→権利日である27日までは保有するので、それまで堅調展開になって欲しい…というのが私の願望でした。
 今回の雇用統計がどうやらプラス側の結果だったということで、まずは第一関門突破ではあるのですが、最大の関門となるFOMCや日銀会合がその前の週(よりによって連休の谷間である20-21日)にあります。
(そして、週明けからのECB理事会→MSQも要警戒ではあります)
 ここで上下どちらにせよ、大きく流れが変わるのは必至です。
 このイベントが9月末に権利を取る前にあるので「逃げ切る」事ができないのが問題です。できれば、当面の上げで、この大イベントで下げても大丈夫なレベルまで「貯金」を溜めて置きたいところです。



■今日のFX
 3000NZドルを75.786円で購入。
 保有分のうち9発分が利確ラインに到達、逆指値設定。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ


着実に株価上昇&円安進行!あとは雇用統計さえ突破できれば…(今日の相場 H28.9.1)

■今日の株式 H28.9.1 「減速期」→「減速期」(下降速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合 約81%(売却途中1回/全2回予定)
 持ち株…買値から+2.2%→+2.7% / 「売却中の株」…売値から-0.3%→+0.0%


 今日の株式市場は、朝方は下げたもののその後は微上げながら終始プラス圏内での値動きでした。最終的には40円高となっています。
 相変わらず全面高ではなく2:1程度で下落銘柄もありますし、ジャスダックは微下げ。そして米国株も下がっているなど不安点もありますが、103円に乗せた円安基調を背景にじわじわと上げ基調が定着している感じがあります。

 私の持ち株も少しずつながら着実に上昇。そして今日の上げで売りサインが消滅。更に金曜の上げ次第では改めて買いサインが点灯する見込みとなりました。
 こうなるとポジションを減らしたのは失敗だったかな…というところですが、まだ持ち株率は8割残していますし、一時売却した株もあまり強くない(現時点でほぼ売値と同水準)ので完全に上確定と言い切るのは早いかな…とも思います。

 何と言っても金曜には米雇用統計があります。これで9月前半の風向きがほぼ決まるかと思います。
 現時点で104円手前まで円安が進行していますし、雇用統計も無事に突破できれば多分上だろうな…とは予想しつつも、もう一日は現在のポジションのままで様子見して、決着した側の風向きに合わせて、週末に買い増しなり離脱なりの行動を決めたいと思います。




■今日のFX
 3000NZドルを75.229円で購入。
 保有分のうち8発分が利確ラインに到達、逆指値設定。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
プロフィール

ながつき

Author:ながつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者
各バナー等
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
リンク(リンクフリーです)
検索フォーム
QRコード
QR