怪しげな情勢のまま、連休突入(週末の相場 H29.4.30)

■金曜の株式 H29.4.28「仕込み期」→「上昇期」に転換
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+4.3%→+4.4% / 「売却中の株」…売値から-0.3%→-0.5%


 金曜日の株式市場は50円程の下落でしたが、私の持ち株は微下げ程度に留まっています。
 ただ、ここ最近の上昇はやはりストップが掛かってきた感じで、週明けの時点で買いサインが消滅する見込みです。ここから更に上げるのか、それとも下げに転じるのかは情勢次第といったところでしょうか。

 その「情勢」ですが、金曜夜にGDP減速もあって米国株は下落。ただ、円安傾向は続いており、日経先物はプラス引けしています。

 しかし懸念材料として、米国予算は何とか延長できたものの一週間だけで、延長先は連休中の5月5日です。
 半島情勢もとりあえずは「有事」とまでは行かない反面、米国艦隊は日本海入りしているだけでなく土曜にはミサイル発射などもあり、やはりこちらも目が離せない状況が続きます。
 これらのリスクを抱えたままで月火を挟んで連休入りするので、やはりここで手を出すのは危険かな…といった感じがします。

 その反面、連休明け直後に結果がでる仏大統領選も合わせて、連休の間にこうしたリスク要素に一定の答えが出る事になります。問題無く通過した場合、連休明けには明確に上昇する可能性も考えられます。私はリスクを冒したくないので見送りますが、「連休は無事通過する」と読み切っている方であれば、今のうちに仕込んでおくのも考え方としてはあると思います。

 半島情勢は、北の出方もそうなのですが、米国がこのタイミングで仕掛けるのかどうかも読みづらいところです。
 南の大統領選(5月9日予定)も関係するのでしょうか。ここで親北候補が当選する可能性があるのか、それを米国が見逃すことはあるのか、そして阻止するとして米国の行動は何なのか…あたりを考慮しつつ、今後の投資行動を考えて行きたいと思います。


 とりあえず私は連休中には賭けない事に決めたので、現在の資産退避ポジションで次の一週間の成り行きを見ていきたいと思います。





 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

いよいよ連休ワープトンネルに突入へ。トンネルの向こうは…?(今日の相場 H29.4.27)

■今日の株式 H29.4.27「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+3.7%→+4.3% / 「売却中の株」…売値から-0.5%→-0.3%


 昨夜に米国の税制改革案が発表されましたが、予想からあまり変わらなかったこともあって相場の反応は今ひとつでした。ただ、上げ材料にはならなかった反面、失望感で下げ側に潮目が変わる程でもなかった感じです。
 こうした流れを受けて今日の株式市場は下げたものの、相場全体では上がった株の方が優勢で、ジャスダック等の小型株系を中心に上昇しました。

 ここ最近は様々なリスクが軽減してきて、株価が回復基調にありましたが、どうやらその流れもこのあたりで一服といったところでしょうか。
 ここから上下どちらに流れるのかは、当面のイベントや出来事次第といったところでしょうか。

 ただ、ここからは金曜日→週明けは連休で平日は月火だけでそのまま連休明けまでワープ…と、何かが起きても逃げにくい、長いトンネルに突入します。やはりここでリスクは取りにくいかな、と言ったところです。とりあえず私は現在の資産退避ポジションで連休トンネルに突入する予定です。


■今日のFX
 維持率低下のため、1発分売却(損切り)。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

更に上がって来たが、ここから上はどうか(今日の相場 H29.4.26)

■今日の株式 H29.4.26「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+5.2%→+3.7% / 「売却中の株」…売値から-1.1%→-0.5%


 今日も地政学的には何事も起こらず、株価は200円以上上昇しました。
 私の持ち株関係も上昇。持ち株の方は4月権利落ちがあったために下落しましたが、「売却中の株」は今日も上昇し、売却以降下落していた分をほぼ回復するところまで来ました。

 こうなると結果論的には、先週後半あたりに買いサインが出た時に買っておけば良かった…というところてすが、「買っていた場合の利益額」はリスクの大きさに対して割に合うほどでもありませんし、まあ仕方ないかな、といったところです。

 そして、ここまで上がってしまうと、ここから上げ余地がそれ程あるのかは疑問ですし、今更買うのもどうかな、といったところです。

 ここ最近の上げは、「地政学リスクが後退した(っぽい)」ことと、「米の税制改革案が期待される(っぽい)」ことが要因ですが、どちらもまだ信用できないと感じています。
 地政学リスクはここ最近何度も書いている通りですし、米の税制改革案も、今夜についてはそれほど具体的な内容は発表されないのでは?と見ています。その場合、株価がどう反応するのか、結果次第でここが天井にならないかは注目したいところです。





 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

チャーハンはいつになったら出てくるのか(今日の相場 H29.4.25)

■今日の株式 H29.4.25「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+4.6%→+5.2% / 「売却中の株」…売値から-1.9%→-1.1%


 今日の株式市場は、危険日であると見られていた半島情勢で、特に何も起こらなかったことから買い戻しが入ったのか、最終的には200円を超える上昇となりました。
 夜になってからも、ドル円が110円台中盤まで上がって来ていますし、順当に行けば明日も上がりそうな感じです。


 ただ、今日何も起きなかったからと言って、明日も何も無いという保証はありません。米国艦隊は引き続き北上して来ていますし、どうやら最終的に折れるまでは居座りそうな感じです。核実験やミサイル発射も好きなときに可能な状況ですし、何らかの「明らかにわかる」結果が出るまでは手出しは禁物であると考えます。

 また、これとは別に、米国では税制改革案発表→暫定予算期限と続きます。ここで良い結果になるかどうかが、当面の回復相場がストップするかどうかを決める事になりそうです。

 いずれにしても、やっぱり連休明けまでは様子見かな…と思っています。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

この危険な状況で上がりすぎでは…?(今日の相場 H29.4.24)

■今日の株式 H29.4.24「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+4.0%→+4.6% / 「売却中の株」…売値から-2.6%→-1.9%


 週明けとなる今日の株式市場は、仏の大統領選(第1回投票)で波乱が起きなかった安心感から大幅に上昇しました。
 株価は250円以上、そしてドル円も110円あたりまで上昇しています。

 ただ、小型株系の上げ幅はいま一つでしたし、全体的にも2:1程度で落ちた銘柄が混じっていた感じです。


 それにしても、予想以上の大幅な上げでした。
 仏大統領選を無事に通過したっぽい(まだ決選投票は残っていますが…)のは確かなのですが、ほぼ大勢の予想通りでしたし、ここまで上がる程かな…と言った感じがします。
 そして海外はともかく国内においては、明日が半島情勢の危険日であるにも関わらず平気で上がっており、正直訳がわかりません。今日は警戒感から一旦下げると思っていました。
 この値動きは明日「何も起こらない」事をかなり織り込んでいるとしか思えません。実際にそうであればいいのですが、果たして株を買っている層が、本当に情勢を「読み切って」買っているのかは疑問です。平和ボケが過ぎるのではないでしょうか…。


 ただ、資産退避で備えている私から見ても、明日に「何も無い」可能性が比較的高く、そして「何も無かった」後は株価が更に上がると思われるのが悩ましいところです。
 正直明日に何も無かったところで、何らかの明確な発表が行われるか、米国艦隊が引き上げるかしない限りは安心できません。毎日が危険日となるだけに、いったいどこで買うべきかが非常に難しいです。

 ともあれ、「当たり」が出る可能性がそこそこあり、そして「当たり」を引けば死ぬ可能性がある以上、まだ買いに転じるわけにはいきません。引き続き、連休明けあたりまでは様子見を続けたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを77.490円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

いよいよ運命の一週間へ(週末の相場 H29.4.23)

■金曜の株式 H29.4.21「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+3.3%→+4.0% / 「売却中の株」…売値から-3.1%→-2.6%


 金曜日の株式市場は、引き続き堅調で200円近い上昇でした。週末リスク回避で下げるかと思っていたのですが、本当に強いですね。
 更に、金曜夜の米国市場も下げはしたものの底堅かったですし、ドル円は109円台を確保して終えています。
 また、先物を見ると、週明けについても、少なくとも下がらずに始まりそうです。

 これから下げるリスクの大きいイベントが盛りだくさんだというのに、何故上がるのか、全く理解できません。
 改めて挙げると、リスク要素はこんな感じでしょうか。

・半島リスク
 25日(火)が危険日(核実験の可能性)、新月で空爆に適しているのが27日(木)
 有事があれば勿論下がる。また、ここまで来て「当面は核実験しない」あたりで手打ちして米艦隊が引き返した場合、何も解決せず「米国の負け→米国の力&トランプ政権の指導力に疑問」で下がりそう。
 株価が上がるとすれば、北が無血屈服コースしか無いと考えられるが、そんな事はあるのだろうか

・仏大統領選リスク
 4本の中に外れクジが2本。1本でもややマイナス、2本とも引けば暴落確定。週末の事件でリスクが高まっている筈だが…

・米暫定予算
 もし回避すれば、そろそろ「再延長で合意の見込み」あたりのニュースが流れて来ないとまずい筈なのですが…来週は刻々とこのニュースの存在感が高まってくると予想されます

・27日(木)には日銀会合や欧州中銀金融政策発表もあります
・その他、英の総選挙前倒し等のリスクなど


 ここから上げるとすると、上記のリスクがほぼ全て不発である事が前提になると思うのですが…本当に大丈夫で何事も起こらないのでしょうか。
 また、実際に上がって来ているという事は、世間はリスクが回避できると読み切っているのでしょうか。
 読み切っているのかはともかく、少なくともリスクが回避されるという意見が大勢であるからこそ、株価が上がっているのだと思いますが、昨年の英EU離脱や米大統領選など、この手の「世間の見込み」がアテにならないパターンは近年度々起きています。



 ともあれ、「買ってからリスクが発動した場合、大ダメージ~破滅もあり得ること」、そして「実際に発動する可能性」を考えれば、私としてはまだまだここで手を出す事はできません。
 結果的には何事も起こらず、上昇のチャンスを逃す事になるかもしれませんが、最低でも週明けのもう一週間…そして恐らくは連休明け辺りまでは、引き続き資産退避で様子見を続けたいと考えています。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

怪しい情勢の中、じり上げが続く(今日の相場 H29.4.20)

■今日の株式 H29.4.20「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+2.9%→+3.3% / 「売却中の株」…売値から-3.5%→-3.1%


 今日の株式市場も、前日と同じく「下がると思ったら上がった」妙に底堅い一日でした。引けに掛けて失速はしたものの、相場全体では上がった銘柄の方が優勢ですし、私の関係株も上がっています。

 ただ、各種リスクは全く変わっておらず、危険日は着実に近づいています。更に明日は週末を挟むリスクもあり、ここで手出しができないという点は変わりません。
 もし買うとしても、最低でも来週前半あたりまでは様子を見たいです。まずは明日、どんな値動きになるのか注目したいです。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

引き続き怪しげな回復相場(今日の相場 H29.4.19)

■今日の株式 H29.4.19「仕込み期」
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+2.4%→+2.9% / 「売却中の株」…売値から-3.9%→-3.5%


 昨夜の米国株&為替が軟調な事もあり、「昨日上がった分を帳消し」あたりになると思われた今日の株式市場でしたが…蓋を開けてみると、じりじりと回復を続けてプラス転換して終わっています。
 小型株系も結構上がっており、妙に強いなと感じさせる一日でした。


 これが何事も無い普通の時期であれば、このあたりから買い出動するのですが、何と言ってもいろいろと不透明で怪しげな情勢なので、もう暫くは様子見です。


 (自分用に備忘録も兼ねて)改めて書くと、今週末に仏大統領選の第一回投票。週明け火曜(25日)が半島情勢の危険日。そして、翌週は連休で平日は2日間のみ。「逃げられない」5日間の連休の最後には、仏大統領選の第二回投票が控えています。

 あと、来週末が米の暫定予算期限日で、結果次第では(オバマケア導入時に大混乱を招いた)政府閉鎖が発生する可能性があります。今回がトランプ政権で初めての延長チャレンジですが、これまでの議会運営などを見ると「もしかして」もあり得ます。


 とりあえず来週前半あたりまで様子を見て、「半島情勢は大丈夫っぽい」「仏大統領選投票(第一回)で決選投票に進んだメンバーを見て、大丈夫っぽい」「米の暫定予算も大丈夫そう」あたりの条件が揃えば、安心して買いモードに切り替えてもいいかと思うのですが、安心できない場合は連休明けまで待って、判断は結果を見てからかな…と考えています。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

ここで買いサイン点灯だが…怪しすぎる(今日の相場 H29.4.18)

■今日の株式 H29.4.18「下降期」(下降速度低下)→「仕込み期」に転換
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+1.2%→+2.4% / 「売却中の株」…売値から-4.7%→-3.9%


 今日の株式市場は、昨夜の米国市場が堅調で、ドル円も109円台に戻したこともあって上昇しました。
 この上昇もあり、うちのチャート診断では今日の時点で買いサインが点灯しました。

 確かにここ数日は下げも一服していますし、このあたりが当面の「底」となり、短期的には回復局面になる可能性もあるのかもしれませんが…やっぱり「怪しい」という気持ちの方が強いです。
 半島情勢については、今日は「米空母が実はまだまだ遠くにいる」ニュースなども流れましたが、当面の山場である25日頃に圏内に来ていればいい訳ですし、緊張感はともかく、そもそも有事の引き金自体には空母が近くにいるか…はあまり関係がありません。
 また、フランス大統領選の第一回投票がこの週末にありますし、少なくとももう一週間程度は手を出さずに様子見をしたいと思います。

 このあたりのイベントを無事通過すれば買いに回ってもいいのかもしれませんが、問題は更に翌週に連休があることです。平日が2日しかないため、5月3日から週末まで、「何かあっても逃げられない」時期になります。

 そのあたりも考えて、連休明けまでは手出しをしないべきか、それとも早めに仕込み直しておくべきか…当面の値動きを見ながら、じっくりと考えていきたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

不安な一週間開始(今日の相場 H29.4.17)

■今日の株式 H29.4.17「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+0.5%→+1.2% / 「売却中の株」…売値から-4.6%→-4.7%


 とりあえずは有事が発生せずに週末を突破した事で、ある程度上がるのかな…と思われた今日の株式市場でしたが、引けに掛けてプラスに浮上したものの、ほぼマイナス圏内で推移する弱めの展開でした。
 ただ、相場全体では上がった銘柄が多く、小型株系の上げが多かったりと、リバウンドっぽい動きも見せています。


 問題はここからの展開ですが、やはり様々な不安点が払拭されていない状況では動きづらいですね。「次の危険日」まで一週間程度あるので一時的には上がるかも知れませんが、引き続き警戒を続けたいと思います。




■今日のFX
 3000NZドルを76.304円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

週明けも、払拭されない不安継続展開へ(週末の相場 H29.4.16)

■金曜の株式 H29.4.14「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+1.0%→+0.5% / 「売却中の株」…売値から-3.9%→-4.6%

 
 この記事は日曜日(4月16日)の午前に書いているので、皆さんが読まれる頃にはいろいろと事態が激変しているかもしれませんが……


 金曜日の株式市場は、朝方は高く始まったものの、地政学リスクを抱えたまま週末に突入する事を嫌ったと思われる圧力で下落しました。約100円の下落です。
 その後、金曜夜もドル円は円高に振れて、先物なども風向きは引き続き下と思われる状況で週末に突入しています。

 ただ、週明けにどうなるか…については、最終的には「この週末に半島情勢がどうなるか」次第であり、それだけにこの土日の情勢が注目されるところでした。
 そして、今のところですが…北の記念日であり「危険日」の一つであった土曜日を無事に通過したのかな……と思われたのですが、日曜朝にミサイル発射報道が流れました。ただ、それ以上事態がエスカレートするわけでもなく、不気味な沈黙の中で現在に至っています。

 この状況から、週明けをどう見るのかが問題なのですが、非常に判断が難しい情勢になってきました。

 もし土日に「全く何も起きなかった」とすれば、次の「節目」が近づくまでの一週間程度は「一時的なリバウンド」期間になったと考えられます。
 また、明確に有事が発生していた場合は、株価は大きく下落していたとは思いますが、良くも悪くも解りやすい展開にはなったと考えられます。


 問題は現状が「世界の警告を無視してミサイルは発射したものの、その後の動きがない」事であり、それに世界の相場がどう反応するかです。

 今日は米副大統領が(アジア歴訪の一環で)南を訪問する日に当たっており、北のミサイルもそれを意識したものであると考えられます。
 やはり、(突発的な暴発の可能性はあるものの)もう暫くは関係諸国間の「調整期間」であり、それまでは牽制や警告的な動きはあるものの、決定的な事態は発生しないのでは…とも予想されます。
 調整期間がもうしばらく続くとして、やはり本命と考えられる「節目」の日は、新月が近く、挑発行為を行う可能性が高い日でもある25日付近になるのでしょうか。

 少なくともそのあたりまでは、払拭されないまま、不安が継続する展開になるものと考えられます。もし不安が払拭されるとすれば、それまでの間に、良くも悪くも事態がはっきりする「何か」があった時になると思います。
 まあ、その「何か」が発生しない限りは、もう一週間程度は手出しが危険な…少なくとも、上がると考えて株を仕込むには向かない情勢が続くと考えられます。

 私も、もう暫くは資産退避状態で様子見を続けたいと考えています。





 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

何となく下げ渋りっぽいが、リスクの高い週末へ(今日の相場 H29.4.13)

■今日の株式 H29.4.13「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+2.1%→+1.0% / 「売却中の株」…売値から-3.7%→-3.9%


 今日の株式市場は、前夜から更に円高が進行した事などもあり下落したものの、引けに掛けてはやや戻ってきた形になりました。下げ幅は120円程度に留まっていますし、ジャスダックなどは何故かプラス引けしています。
 私の持ち株も下落はしましたが、下げ幅は小さめでした。


 地政学リスクが高まる中ですが、どうやらこのあたりが「有事の恐れがある」(実際に起きるのかは未確定)情勢では下げの限界に近いあたりだと思われます。
 明日については週末に突入する事から、リスク回避もあって、やや下げの方が優勢になるのかな…と思われます。
 ただし、その先…来週については、実際に「有事が発生したか」次第でしょうか。いずれにしても、方向性が明確になると思います。私はリスク回避派ですが、仕込むならこのタイミング、という考え方もありかもしれません。果たしてどうなるでしょうか……。



■今日のFX
 3000NZドルを76.480円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

高まる地政学リスク(今日の相場 H29.4.12)

■今日の株式 H29.4.12「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+3.0%→+2.1% / 「売却中の株」…売値から-2.3%→-3.7%


 今日の株式市場は、引き続き高まる地政学リスクから200円近くの大きな下落となりました。
 「11日の北最高人民会議では何も無かった」事で「今日に限っては」上がるパターンもあるかと思いましたが、やはり米国艦隊集結の時が近づき、何よりドル円もついに110円を切ったタイミングでは総悲観もやむなしといったところです。


 当然ながら私の持ち株も下落。資産退避状態で「売却中の株」も下がってくれてはいるのですが、手持ちで残している4月権利銘柄が結構下がっているのが残念なところです。出来ればこれらも売却して更にポジションを下げたいところですが、権利日の25日があまりにも遠い…。


 ドル円も回復していないですし、何よりも事態が何も解決していないので、もう暫くは軟調な展開が続きそうですね。
 勿論資産退避で様子見を続けるわけですが、このまま来週頭頃まで事態が動かなかった場合などはかなり判断が難しくなるので、どんな結果になるにせよ、この週末頃までに方向性がはっきりする展開になって貰いたいです。




■今日のFX
 逆指値発動、4発分売却(利確3、損切1)
 3000NZドルを75.894円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

早く来てくれ!急げ!米国艦隊!(今日の相場 H29.4.11)

■今日の株式 H29.4.11「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+3.2%→+3.0% / 「売却中の株」…売値から-1.7%→-2.3%


 今日の株式市場は、円高がじりじりと進んだせいか弱い展開ではありましたが、下げ幅は50円程度で、案外落ちなかった感じです。どうも閑散ムードが強い感じです。

 引き続きじりじりと地政学リスクが高まってはいるのですが、あまり相場は反応していない感じです。
 既に「有事が無い場合を前提にすれば」底値ラインに来ている感じなので、ここから更に底抜けするにも反転するにも、事態の推移がある程度判明しないと動けない、参加し様がない感じでしょうか。


 私としても、持ち株ポジションを下げている今のうちに、早く悪材料を消化して貰いたいと考えています。
 そして、この先々、自分や次の世代あたりまで安心できる社会情勢にするためにも、そろそろこのあたりで「精算」すべきだと考えているので、私自身は「ここでやっておくべき」派です。

 また、このまま事態が間延びした場合、有事が発生する前に見た目の落ち着きから「一時的な騙し上げ」局面が発生する(釣られて買った直後に有事が発生する)可能性があり、自分の場合、いかにも引っかかってしまいそうな懸念があります。暴落を回避するためにも、その後のリバウンドのタイミングを考えるためにも、どちらにしても「はっきりする」のを早くして貰いたいです。


 そんなわけで、米国艦隊には早く来て貰いたいのですが、今日は肝心の到着日程について様々な情報が流れて、(相場の方も)振り回された感じです。
 一時はもっと先(25日等)などの情報も流れていましたが、どうやら今週末、15日頃には到着する様ですね。とりあえずその辺りまでは現在の資産退避状態で様子見を続けたいと思います。



■今日のFX
 維持率低下のため、1発分売却(損切り)




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

微妙にリバウンドしたが、問題はここから(今日の相場 H29.4.10)

■今日の株式 H29.4.10「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約13% ※資産退避状態
 持ち株…買値から+3.2%→+3.2% / 「売却中の株」…売値から-2.4%→-1.7%


 今日の株式市場は、一応は続伸となりました。地政学リスクが広がってはいるものの、今のところあまり相場が反応していない感じです。上値も重いとはいえ、微妙に底堅い感じです。
 恐らくはこのまま「何事も起きなければ」じわじわと回復基調に向かうのかもしれません。ただ、米経済やトランプ政策の期待度にも気を配る必要がありますが…。


 そして、問題はその「何事も起きない」のか、です。

 昨日の記事でいろいろ書いた「シリア情勢」についてですが、今朝に米ティラーソン国務長官のインタビューが報道され、早々に答え合わせ(らしきもの)が行われる事になりました。
 良くも悪くも予想通りで、ミサイル攻撃の正当性を主張しつつも「アサド政権打倒までは直ちには目指していない」「IS打倒が優先」などの内容でした。世間の反応とは裏腹に非常に悠長なものであり、要するに、もう片方の懸案である東アジア情勢への警告的な意味合いが強いものでした。

 こうなると、シリア情勢で株価が下落する要素はもはや無いと(少なくとも)判断されるわけですが、かといって、もう株価が落ちる事はない…わけではありません。結局のところ、東アジア情勢…北にもミサイルを撃つのか、が情勢判断の鍵となります。

 どうなるのかは解りませんが、米国艦隊がこちらに向かっていますし、近日中に北側でミサイルを撃ちそうな日が続くし…で、この段階から買いに動くのは危険すぎると考えられます。最終的に何も起きないと読み切っている方であれば、今から買うのもアリかもしれませんが、少なくとも私には怖くてできません。
 そんなわけで、もう暫くは様子見を続けたいと思います。



■今日のFX
 3000NZドルを77.315円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

リスク満載の情勢のため、退避モードに。ここからは?(週末の相場 H29.4.9)

■金曜の株式 H29.4.7「下降期」→「下降期」(下降速度低下)
 株資産の持ち株割合 約39%→13%(売却2回目実施/全2回) ※資産退避状態
 持ち株…買値から-2.1%→+3.2% / 「売却中の株」…売値から-4.1%→-2.4%
 保有株の売却(損切り)実施…年初からの売買利益 -0.5%→-1.6%


 金曜の株式市場は、朝方は高く始まったものの、米のシリアへのミサイル発射報道が流れて一気にマイナス圏内まで下落しました。
 ただ、その後は妙に底堅く、最終的にはプラスで相場を終えています。

 この情勢下で、私の方はようやく売却2回目を実施しています。年間収支ベースでは-1%程度の損切りとなりました。「逃げ遅れた授業料」を払うことになってしまったのは残念でしたが、比較的軽傷であり、今後どうとでも挽回できるレベルに留まったのは不幸中の幸いといったところです。ともあれ、これでポジションが1割程度まで下がり、資産退避が完了です。

 そして、この日の売却については、結果的に朝方の高かったところで売り逃げ、退避完了後にミサイル発射…という展開になりました。ここまで売却が遅れたのは残念でしたが、この日の値動きだけで言えば、局地的な戦いには勝てた形になるので、少し満足です。
 いきなりミサイルを撃つとまでは思っていませんでしたが、東西共に状況がきな臭くなっていましたし、「どうせ何か不安材料が出て、引けまでには落ちるんだろうな…」とは思っていました。とりあえずは思った通りになったというところでしょうか。


 ただ、(寄りよりは落ちたとはいえ)ミサイルを撃ったのに後場はプラス圏で推移して相場を終えています。
 また、金曜夜の米雇用統計はどう見ても悪かったと思うのですが、米国市場や為替の反応はいま一つで、米国株は横横、為替は111円まで回復。先物もプラスになっています。
 ここまでズルズルと落ち続けた感があるので、さすがにリバウンド力も強くなっているのでしょうか。不思議なものです。


 ここから週明けの相場がどう推移するのかは悩ましいところです。地政学リスクや各種統計などを見るに、どう見ても「悪くなり続けている」のですが、株価や為替、先物は妙に底堅いです。

 シリア情勢については、このまま何事もなく、米「これからは化学兵器を使わないでね!」露シリア「わかったよ!(そもそも使ってないけど、これからも使わないよ)」あたりでうやむやになるのかも知れません。元々他方面への示威行為的な面もありましたし、政府軍を攻撃する→IS等の味方をする(少なくとも「利する」面がある)と捉えられる面も考慮しなければなりません。
 ただ、米がミサイルを撃った、というのは明らかに一線を越えて踏み込んだものですし、露も反政府軍攻撃を継続しています。結局どうなるのかは読み切れないところがあります。

 また、米がミサイルを撃った事ですし、ポジションを下げている今のうちにマイナス面のリスクはさっさと顕在化させて消化して貰いたいので、もう片側…半島の方も早々に焼き清めて貰いたいところですが、こちらも情勢がよく解らなくなってきました。
 先週末に「米の副大統領が韓国、日本、インドネシア、オーストラリアを訪問する」との発表がありました。そしてその日程が15~25日です。
 今にも(この土日にでも)ミサイルを撃ちかねない雰囲気でしたが、訪問日程を見ると、攻撃するにせよしないにせよ、もう暫くは「各国との調整期間」の様な感じがしてきました。
 となると、ここから連休あたりまでは「一時的な回復(上昇)相場」になる可能性もあります。

 勿論、米中首脳会談の途中でシリアにミサイルを撃ったように、そんな事は関係なく動くのかもしれませんし、この訪問発表自体が一種のミスリードなのかもしれません。
 そして、そもそもアメリカが半島南部にこのまま親北政権が誕生することを容認、そして座視するのか…ということの兼ね合いもあります。
 様々な想像材料が絡み合っていて…最終的には「良くわからない」感じです。まあ、いずれにしてもそんな「良くわからない」情勢下でポジションを取る気にはならないので、しばらくは様子見を続けたいと思っています。

 まずは週明け、謎の回復モードが続くのか、それとも各種リスクに反応して下げるのかを注目したいと思います。


■今日のFX
 3000NZドルを77.108円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

FOMC議事録で底割れ! だめだこりゃ、逃げよう(今日の相場 H29.4.6)

■今日の株式 H29.4.6「下降期」
 株資産の持ち株割合 約39%(売却途中1回目/全2回予定)
 持ち株…買値から-0.4%→-2.1% / 「売却中の株」…売値から-1.9%→-4.1%


 昨夜の今頃は日経先物が200円ほどプラスで、「このあたりで底打ち(少なくともリバウンド相場入り)かなぁ」と思っていたのですが……。
 FOMC議事録の発表から事態は一転。米国株も為替も一気に上げ幅を吐き出してマイナスに。その流れは国内相場に持ち込まれて、まさかの260円安になりました。
 更にはこのタイミングで米中首脳会談、半島情勢に加えてシリア化学兵器の問題まで発生しており、どんどん事態が悪化している感じです。

 個人的にはシリア情勢については、わざわざ(政府側が圧倒的に優勢なのに)このタイミングでそんな事ってあるのかな…と疑問に思っていますが、恐らく真相が明らかになるのは当分(または、もしかしたら永久に)ないのかもしれません。
 そして半島情勢の方も、日米中の最近の動きを見ていると、かなり怪しげであり、相場の動きにもある程度影響していると考えられます。


 いずれにせよ、今日の底打ちムードが一気に吹き飛んだのは確かです。
 ここから上向きに転じるパターンとしては、米中首脳会談でいろいろ解決するとか、トランプ大統領が経済対策をぶち上げるくらいしか無いですが、前者は期待薄(良くて現状維持、悪ければ下方向に激変)ですし、経済対策については既にそれっぽい発言をしているのに(何を出しても議会を通過できない懸念で)相場は反応していません。

 ここから好材料が出ない限りは、「下落中の一時的なリバウンド」か「落ちすぎ感が出て、何となく雰囲気が良くなってくる」あたりしか上げる材料がありません。
 後者の「落ちすぎ感が出て、何となく雰囲気が良くなってくる」は昨夜等に何度かあったものの芽が出る前に潰される展開が続いていますし、当面は厳しいかなと思います。



 ここから来週までポジションを持っておくのは怖いですし、遅ればせながら、売却2回目を明日の寄りで実施予定です。
 売るのをダラダラ伸ばしてしまったためにマイナス幅が広がってしまいましたが、まだ何とか軽めのダメージで脱出は可能です。また、「売却中の株」の下落幅(=後日安く買い戻せる期待値)が広がっており、既に(明日の損切り予定額の)倍以上になっています。後日適切なタイミングで買い戻しができれば、今回の損失はリバウンド相場で十分に挽回できると考えています。

 後は、米中首脳会談や海外情勢を見ながら、底打ちがどこなのかを観察する事になります。果たしてここからどうなるのでしょうか……。



■今日のFX
 3000NZドルを77.418円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

ここで底打ちするか、それとも…(今日の相場 H29.4.5)

■今日の株式 H29.4.5「下降期」
 株資産の持ち株割合 約39%(売却途中1回目/全2回予定)
 持ち株…買値から-0.1%→-0.4% / 「売却中の株」…売値から-1.5%→-1.9%

 朝方の情勢から、さすがにリバウンドするのではと期待された今日の株式市場でしたが、じりじりと値を下げて午後にはマイナス転換と、弱い展開でした。引けに掛けて再度プラス転換したものの、上げ幅は約50円に留まっています。

 相変わらずの弱さを見せた一日でした。ただ、やはり底値圏っぽい堅さも見せているので、ここで底を突き破られずに反転できるかが鍵となりそうです。

 とはいえ、最終的には米中首脳会談や3月雇用統計で方向性が決まりそうです。上にも下にも跳ねる可能性があるので、もう暫くは様子見を続けたいところです。




■今日のFX
 3000NZドルを77.406円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

更に怪しげな雰囲気になってきたが(今日の相場 H29.4.4)

■今日の株式 H29.4.4「下降期」
 株資産の持ち株割合 約39%(売却途中1回目/全2回予定)
 持ち株…買値から+1.2%→-0.1% / 「売却中の株」…売値から-0.3%→-1.5%

 今日の株式市場は朝方から安く、午後からは更に下げ幅を広げる展開となりました。約170円の下落で18800あたりまで落ちています。
 朝の時点では一応は日経先物はプラスだったのに、驚くべき弱さです。まあ、為替が円高進行だったり、ロシア地下鉄テロ事件などで外部環境も悪かったですが…。

 勿論期待していたリバウンド展開などにはならず、私の持ち株も下落。
 今日はついに持ち株がマイナス圏内に突入しました。実に昨年8月以来の出来事になります。先日の売却見送りがなければ、月曜の時点で売却を完了していた筈なのですが…まったく判断ミスというか巡り合わせが悪い結果になってしまいました。

 円高がズルズルと進行して、いつ110円を切ってもおかしくない状況です。また、前述のロシア地下鉄テロや、トランプ米大統領による北朝鮮への強硬発言(駐韓大使帰任はどう見ても「その次に起きること」に備えてだと思われる)など、相場にマイナスになりそうな出来事ばかりが続いています。
 そう考えると、今更ながら残りの手持ちも売却するべきなのですが、最近の下落が急すぎた事もあり、うちのチャート診断では明日の時点で一旦売りサインが消滅します。これは、当面の値動きレンジの下限にさしかかっている事も影響しています。このあともし再点灯するとしたら、それは「底が抜けた」場合だと思われます。

 ここで売っても売らなくても、もう手遅れな事には変わらないので(笑)、慌てて売ることはせずに、もう数日静観して「底が抜ける」のかを確かめてから動きたいと思います。さすがにそろそろリバウンドの可能性も出てくるのではと思うのですが……。



■今日のFX
 逆指値発動、6発分売却(利確3、損切り3)
 3000NZドルを77.031円で購入。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

まずは半分避難。ここからどうするか…(今日の相場 H29.4.3)

■今日の株式 H29.4.3「下降期」
 株資産の持ち株割合 約70%→約39%(売却1回目実施/全2回予定)
 持ち株…買値から+0.5%→+1.2% / 「売却中の株」…売値から-0.9%→-0.3%
 保有株の売却(損切り)実施…年初からの売買利益 -0.4%→-0.5%


 今日の株式市場は、先週末のリバウンドが出たっぽいことと、日銀短観がそれ程悪くなかったことなどから上昇しました。ただ、やはり自律反発レベルに留まっており、明確に底打ちとは言えない感じです。

 私の方は遅ればせながら、持ち株の売却1回目を実施。微妙に損切りとなってしまいましたが、赤字幅は4桁に留まっていて、概ね引き分けと言っていいレベルです。まあ、延期せずにもう少し早く売っていれば黒字だったわけですが…。
 また、残りの売却予定株は明確に赤字になっており、残念ながら3月権利銘柄全体では赤字で売却する事になりそうです。


 今日の時点でポジションを70%→40%に下げました。残る売却予定株は25%程で、次の売却でポジションを15%あたりまで下げて「資産退避状態」となる予定です。
 ただ、一応今日は微妙にリバウンドしたことと、明日の時点でまたも売りサインが一旦消滅する見込みです。残る売却予定株ですが、明日の時点では売らずにしばし様子見をしたいと思っています。

 一応日経先物はプラスになっていますし、ここから下は底堅い感じなので、ここから回復基調となる可能性が考えられます。
 ただ、為替がかなり怪しい線をウロウロしている(何かあれば一気に110円を切るパターンもありそう)のも気になりますし、最近目に届くのは国内外共にあまり良くないニュースばかりです。正直言ってあまり明るい展望が見えないですし、じりじりと下げが続くパターンになる可能性の方が高いかな、と思っています。
 一旦様子見モードには入るものの、更に売却すべきかの見極めは早め早めに決めていきたいと思います。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ

売却延期したら下落、やってもうた…(今日の相場 H29.4.2)

■金曜の株式 H29.3.31「下降期」
 株資産の持ち株割合 約70%
 持ち株…買値から+1.7%→+0.5% / 「売却中の株」…売値から-0.5%→-0.9%


 金曜の朝方に確認したところ、円安進行していたこともあり、日経先物は+200円程度でした。
 マイルールの「日経先物が+1%」を越えていたので、予定していた売却を中止(延期)したのですが、完全に裏目に出てしまいました。
 そもそも朝から上げ幅が微妙だったので嫌な予感がしていましたが、午後からいきなりのナイアガラ発生。引け間際には更に加速して19000円を割り込む結果となりました。
 売り延期は完全に失敗でした。やってもうた…。マイルールを守っての結果だからしかたないとはいえ、なかなか痛い結果でした。


 金曜に上げた場合には売りサインが消灯する見込みだったので、「ここが底で回復モードに入る」可能性もあって売りを見送ったわけですが、この弱さは想定外です。
 (金曜の場中では)特に円高に振れたわけでもなく、112円台を保っていたのにナイアガラが発生したのも雰囲気が悪いです。

 更に、金曜夜には米国安&円高が進行しており、更に状況が悪くなっています。
 日経先物は何故かプラスですが、これは金曜大幅安の一時的なリバウンドに過ぎないでしょう。勿論今回は売りを延期する条件の「日経先物+1%」には遠く及びませんし、改めて持ち株の売却に入りたいと思います。
 一応日経先物がプラスなので、金曜よりプラスで売却できれば上出来というところでしょうか(実際には安く始まると見ていますが)。

 金曜の下げで、残念ながらプラスでの売却が厳しい情勢になってしまいましたが、まだ微火傷程度で逃げ切れるあたりです。もしかしてここから反転するのかもしれませんが、明確に底打ちするまではポジションを下げていきたいと思います。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ
プロフィール

ながつき

Author:ながつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者
各バナー等
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
リンク(リンクフリーです)
検索フォーム
QRコード
QR