軟調ムードだが、買いサインは継続(週末の相場 H29.7.23)

■金曜の株式 H29.7.21「上昇期」(上昇速度低下)
 株資産の持ち株割合 約43%→約70%(買い戻し実施2回目/全3回予定)
 持ち株…買値から+5.0%→+3.3% / 「売却中の株」…売値から+2.5%→+3.9%


 ここ最近続いている円高情勢などもあり、金曜日の株価は50円弱の下落となりました。下げ幅は小さかったですが一日を通してマイナス圏内でしたし、やはり円高の重しがネックになっている感じです。
 ただ、このムードが相場全体を覆っているわけではなく、小型株系は比較的堅調。私の持ち株も引き続き逆行高となっています。

 こうした値動きの金曜でしたが、私の方は予定通り買い戻し2回目に踏み切りました。一週間の様子見を経て、改めて買いに走ったわけですが、今のところ株価は上昇。当日買い戻し分についてもプラス引けとなっています。
 相場全体はやや軟調ながら、持ち株関係は上昇。このパターンは(余程の下げ相場にならない限りは)しばらく続く事が多いですし、今のところ週明け月曜日も買い戻しを継続予定です。端数調整などで少し買い残しはあるものの、ほぼ全力までポジションを戻すつもりです。

 ただ気がかりなのが、金曜夜の相場で更に円高が進行して111円を切りそうなところまで来ていること。そして日経先物も100円程度のマイナスになっています。
 持ち株系の最近の強さからして、今のところ「この程度の下げは跳ね返して逆行高~悪くても横横を確保してくれるだろう」と考えていますか、月曜日だけならともかく、これ以上継続して下がる様であれば話が変わってきます。そのため、週明けからの情勢が鍵になってきそうです。



 週明けからは、突発的な事件などを除けば、まずは火~水あたりが焦点となるでしょうか。米国でのFOMC、そして閉会中審査などがこのあたりになっています。
 個人的には、このあたりで円高進行が止まると同時に、国内政治もここが野党の攻勢限界点になり、政治不安懸念を材料とした下落要素も解消。徐々に上昇力が強くなってくれるものと期待しています。
 ただ、勿論結果次第では株価崩落の引き金となる可能性も十分にあるので、来週中盤以降の展開次第では撤退も視野に入れたいと考えています。

 いずれにしても、月曜日にポジションを全力に近いところまで上げてからの値動きとなるので、できれば堅調展開になって貰いたいところです。



■今日のFX
 3000NZドルを82.832円で購入。



 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ながつき

Author:ながつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来場者
各バナー等
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
リンク(リンクフリーです)
検索フォーム
QRコード
QR