ここで上げ止まって連休後下げか、それとも…(週末の相場 H30.4.28)

■金曜の株式 H30.4.27 「上昇期」→「上昇期」(上昇速度低下)に転換
 株資産の持ち株割合:全力 / 持ち株…買値から+3.3%→3.2%


 金曜の株式市場は約150円の上昇。
 この日はついに南北首脳会談が開催。個人的には盛大な茶番にしか見えないのですが、ともあれ地政学的リスクが一時後退した事も事実です。
 ただ、実際の相場は今ひとつ好感していない感じです。結局のところセレモニーとしての域を出ておらず、予想を超えてくる水準での良いニュースは出なかった事が影響していると考えられます。
 ここ最近は地政学リスク軽減による水準切り上げ、円安移行が続いていましたが、このあたりで当面は出尽くしという事なのかもしれません。
 ここ数年は「連休明けは円高」傾向が出ているので危ない可能性もありますが、その反面ここから「南北首脳会談を通過した」事実が次第に咀嚼されて好感されるかもしれません。なかなか判断が難しい場面が続きそうです。

 為替だけでなく米国株も上げ止まりっぽくなっていますが、かと言って明確に跳ね返されて下落したわけでもないので、結局上下どちらと見るべきかよく判りません。
 とりあえずは来週からの米国各種イベント(FOMC、雇用統計など)や国内政局次第、そして南北首脳会談後の「何らかの動き」に影響されるものと考えられます。
 それが上下どちらなのかは現段階では判断できないので、とりあえず当面は現在のポジションで様子見でしょうか。連休明けあたりの情勢を見て、改めて次の一手を考えたいところです。




 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ



トレード日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret