株主優待:稲葉製作所から「宝の麩」が届きました!

 稲葉製作所から、地域特産品「宝の麩」が届きました~!
(実際の到着時期は秋頃ですが……)

■稲葉製作所(銘柄コード3421 権利確定7月末)
 100株以上:1000円相当の図書カード
 300株以上:3000円相当の地域特産品か図書カード
(1000株以上で、1月末にも図書カード追加)
 http://www.inaba-ss.co.jp/ir/yuutai/index.html

稲葉製作所

 300株以上の場合、図書カードか地域特産品が選べます。
 稲葉製作所は「イナバ物置」で知られているメーカーなので、図書カードもCM等でおなじみの「物置の屋根に百人乗っている」絵になっています。
 これはこれでいかにも株主優待の醍醐味っぽくて良いのですが、今回は地域特産品の中にあった「宝の麩」が美味しそうだったので、こちらを選びました。
 過去の履歴等を見ると、「地域特産品」は毎回変わる様ですね。


(「宝の麩」の販売元「不室屋」様のHP)
 http://www.fumuroya.co.jp/product/takaranofu/

 この「宝の麩」が、実際に届いてみると大当たりでした!
 「宝の麩」は、「懐中汁粉」の「中におすましが入っている版」みたいな食べ物です。実際の食べ方はリンク先を見ていただけると早いのですが、お湯を注ぐと、まるで魔法のように中から色とりどりの具が出てくる様子が本当に楽しく、そして美しいです。また、お湯を注ぐと立ち上るふやきの香ばしさがとてもいいですね。
 この寒い時期に食べると暖まりますし、元々懐中汁粉好きだった事もあって、すっかりファンになってしまい、個人的に購入する様になりました。


 さて、こうして「お気に入りの食べ物」を増やしてくれた稲葉製作所の株主優待。
 「地域特産品」は毎回変わるという事なので、毎年恒例の楽しみにしたい……ところなのですが、実はこの稲葉製作所、私の優待銘柄としては「優待銘柄のレギュラーメンバー」ではなく1回限りの単発で購入した優待だったりします。
 去年7月前半に株購入用現金が多めに残ったので、単発で購入→権利確定後に大きく下落してしまい、結果的には「高い優待」となってしまっています。
 今後改めて購入するかは優待利回りやチャートなどからの巡り合わせで「縁があれば」ということになりますが、優待品そのものは魅力的ですし、できればまた機会があればいいですね。


 読んでいただいて、ありがとうございます。
 もし宜しければ、下↓のランキング用バナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

スポンサーサイト



comment

Secret